h1タグのSEO効果。実験してみたらこうだったな話

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, 内部SEO

   
 
   

h1タグにキーワード入れるとSEO効果あるの?

タイトルタグの重要性は調査するまでもなく超重要ですが、見出しタグの効果はどうも実感できないところかと思います。
人によりHタグについては言っていることもバラバラ。結局のところどうなんだ?ってところをスッキリしましょう。
※自社で行った実験結果を基にしています。正解はGoogleのみぞ知るですが、実験結果と数百のクライアントサイトを見てきた限り大方正解だと言えるでしょう。

h1タグにキーワード入れるとSEO効果あるよね?

ないとは言いませんが、限りなく小さい要素です。
h1タグへキーワードを追加したことで順位が変動することはほぼありません。
実サイトでは少ないかと思いますが、タイトルには入っているが本文では該当のキーワードを一度も用いていないケースにおいては、h1タグへキーワードを入れることで順位が少し上がりました。
本文の書き出しと同じ程度の扱いと思って良いでしょう。

h1は1回しか使えないよね?

xhtmlサイトにおいてh1タグはページの概要を示す1つのみのタグとして扱われてきました。
恐らく、このことが原因でウェブ制作業者間ではh1タグは1個だけとの意見が重視されているようです。
実際のところ、2回使っても5回使っても問題ありません。順位にマイナスに働くこともありません。
大きな見出しが5つ入るページであれば、h1タグを5回使っても構いません。

h1とタイトルは一緒でいいの?

デザイン上、大きく目立つ見出しとしてh1を使っているなら、タイトルと一緒またはほぼ同一とすべきです。
というのも、h1の重要度はさほど高くないためキーワードを入れようと入れまいと順位への影響はほぼありません。
であれば、最も大切なことは閲覧者にとって閲覧しているページの主題が分かりやすいことであり、検索エンジンではありません。
類義語や同義語、異なる角度での表現とすることがユーザーにとってプラスであれば、タイトルと異なるh1タグにすることが望まれます。
※もはや現在のアルゴリズムを見るに、キーワード乱用スパムの判定リスクを考えると、h1にはターゲットキーワードを入れないことが望ましいと言う方が出てきても良いとすら思います。

h1のフォントサイズは小さすぎるとアウト?

まずアウトにはなりません。1pxや2pxにするといった読めないサイズはアウトですが10pxあればスパム扱いを受けることはないでしょう。
似通った質問で色の問題があります。
限りなく読み辛い薄い色にするのはアウトです。ひとつの線引として明度差と色差があります。
SEOスパム?守るべき背景色と文字色の明度差という過去記事に詳しいことが書いてありますから参考にして下さい。
背景黒で文字も黒といったcssを書けばアウトです。薄いブルーに少し薄いブルーを重ねるようなことも避けるのが賢明です。

一番大切なこと(まとめっぽい)

他ページと重複しないことです。
h1だけでなくタイトルやdescriptionタグにおいても言えることですが重複を起こさないことが重要です。
(ちなみに、このブログではdescriptionを書くことを放棄しています。SEO目的のmeta description(メタ ディスクリプション)はやめにしないか?という過去記事で熱く語っております。)
そうはいっても、市販のテンプレートやブログテンプレートだとh1が全ページ共通になるものが多いですよね。WordPressであればタイトルがh1になるよう編集すると使い勝手が良いと思います。

 

関連記事

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

ブログの更新頻度が高いとSEO上いい?

ブログの更新頻度を上げるとSEO対策効果も上がる?トップページの場合には?

あなたがブログを定期更新している場合にはきっと更新頻度で一度は悩んだことでしょう。 また、

記事を読む

フッターからの内部リンクはSEO対策になるの?

フッターからのテキストリンクはSEO効果がある?

多くのサイト管理者さんも4月末からスマホ対応やサイト表示速度への関心が強く、他の要素への興味

記事を読む

ドアページでの集客はだめ?

ドアページとはスパム行為なの?

ドアページを大量に生成し検索エンジン経由でのアクセスを得ようとするサイト管理者は今でこそほと

記事を読む

alt属性の最適化でSEO効果は?

alt属性にSEO効果を期待するなかれ

alt属性について誤った理解をされているケースが散見されますが、alt属性は写真や画像が表示

記事を読む

発リンクは多いとダメ?

【SEO要素】発リンクは多すぎるとペナルティーを受けるのか

2009年頃までは発リンクはページあたり100本までと言われていました。というのも、Goog

記事を読む

格安料金のSEOを使う前に知っておくべきこと

激安料金のSEOサービスにはリスクが伴う

激安価格のSEOサービスはなぜ超低価格で販売が出来るのか。 このカラクリをご紹介します。

記事を読む

相互リンクはペナルティーを受ける?

相互リンクをSEO効果目的でするとペナルティーを受けるのか?2015年現在

サイトを立ち上げて間もない頃、少しでも効果があればと相互リンク獲得に躍起になるサイトオーナー

記事を読む

URLにwwwはつけるべき?

URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。 この頃はウェブサイトはwww.exam

記事を読む

SEO対策について実りある相談をするには

SEO対策の何を相談したら良いかが分からないあなたへ。

10年ほどSEOエンジニアをしていますので、それはもう数百件(1000件を超えている?)のS

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑