トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理者がいたのも随分前になりますね。
2008年~2010年頃はよく聞いた用語ですが、最近ではTDPの話自体を聞かなくなりました。

というのも、トップページへの過剰なSEO(特に外部)についてはより強いペナルティーが発動する場合がほとんどで、トップページにのみ制裁となるケースは減ったように思います。
ですから、2015年になってトップページが希望通り表示されない場合にはペナルティーではなく、ページのスコアそのものがサブページが上回っていると考えるのが良いと思います。

今日はこの辺りを整理します。
一番大切なこと!慌てずに、作業を行った後は一定期間(最低でも1週間以上)様子を見るようにしましょう。

トップダウンペナルティーとは?

トップダウンペナルティーとは、何かしらの判定により制裁を受け、ウェブサイトのトップページだけが表示されなくなる状態を言います。またはこのペナルティーの名称です。

念の為付け加えると、トップダウンペナルティー(略してTDP)は俗称です。
ペナルティーに関する名称の多くは俗称で、TDPも同様です。
(※もしも公式にこの名称を使用しているページ等をご存知の方がいればコメント欄等でお知らせ頂けると嬉しいです。)

会社名や店名で検索した際に、トップページではなく下層ページが出てくる場合

今日に起きうる問題としては、見出しのような問題があるかと思います。
会社名で検索したユーザーにはサイトのトップページから入ってきてもらいたい
でもなぜか会社概要ページが上位表示しちゃってるんだよね、なんてご相談はちょこちょこ頂きます。

この問題の原因は次の3つのいずれか、または複合です。

TOPページのコンテンツ量が少ない

今までに見てきた中で圧倒的に多いのがこのパターンです。
TOPページには写真が1枚と画像のメニューボタンが並ぶ程度のサイトですと起きやすいと言えます。
テキストコンテンツを追加することで改善する場合が多いです。
フラッシュサイトでも同様のケースが起きていた場合がありました。
※そうはいってもデザインがーというお話はGoogleへどうぞ。

タイトルの設定

会社名や店名をTOPページのタイトルに入れていなかったケースです。
見落としがちなミスですね。修正することでほぼクリアされると思います。

noindexや内部リンク

TOPページがインデックスされていなかった場合や(そりゃ検索結果に出ない訳だ)トップページに戻る内部リンクがないような珍しいサイト構成の場合、TOPページがTOPページとして評価されない場合があります。

無いとは思いますが、TOPページのファイルがindex.htmlやindex.php、index.htm、index.shtmlなどでない場合(default.htmlについてはサーバーによります)正常にTOPと判断されないことが多いかと思います。一般的な構成に修正しましょう。

それでも改善されない場合

上記までを見直し、経過を観察するも改善されない場合にはサイトマップを確認し、TOPページの重要度と上位表示しているページの重要度に差を付けましょう。
(トップのpriorityが1.0であれば、サブページのpriorityを0.5などとしましょう。)

その上で、ウェブマスターツールにてサイトマップを送信します。
加えて、サイト全体で問題となっている下層ページヘの内部リンク数を減らします。
(私はここまでやるべきだとは思っていません。)
ここまでで改善しない場合には恐らく、サイト自体に問題があるのではなく、該当の下層ページが優れすぎていることにあると思います。
被リンクの状態などを確認し、より良いページに改善し活かしていくことが最善だと思います。

いかがでしたか?

問題を抱えていた方の9割はこのページの方法で問題解消となったかと思います。
一遍に修正するのではなく、順に進めていくことが良いでしょう。上手く行かなければまたこのページに戻ってきて、問題の種を1つずつ摘んでいきましょう。

 

関連記事

リンクネットワークって何?

リンクネットワークとは?SEOスパムに無意識に参加するリスク

知らずにリンクネットワークとつながり、手動スパム判定を受けることのないよう注意が必要です。

記事を読む

コンテンツSEOの本かきました

SEO本かきました!インハウスSEO担当者におすすめの書籍です

自らサイト原稿を書いている経営者さんや、社内のWEB担当者さん、サイト制作者さん向けのコンテ

記事を読む

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

相互リンク募集とかまだやってるの?

相互リンクを募集しているサイトと相互リンク?絶対ダメ!

もしあなたが、相互リンクを張り合ってくれるサイトを探しているなら、この記事を読んでから本当に

記事を読む

コンテンツSEOの意味は?

コンテンツSEOとは何か?言葉の意味(定義)や概要

パンダアップデート、ペンギンアップデート、ハミングバードによってブラックハットなSEOを行っ

記事を読む

優秀なSEOコンサルはこうあるべきだ

SEOコンサルなら強く発信し、意見は断定的であれ!

普段書かないようなポストを。 SEOとは、正解が見えないものです。ブラックボックスのアルゴ

記事を読む

2019年のSEO

2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと思います。情報を丁寧に書こうと

記事を読む

9月26日のパンダアップデートで順位が下落した?

2014/09/26のパンダアップデートについて(Googleアップデート)

もう10月ではありますが、僅かながらアップデートの影響を感じる点や、今後のアップデートの方向

記事を読む

スマホ検索の順位変動はまだ?

モバイルフレンドリー要素が組み込まれる日時について

今日という日。4/21はGoogleが宣言したXデーです。(Xデーという言葉が合っているかは別と

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑