サイトの表示スピードを上げるぞ!CSS・js圧縮、画像最適化でどの位早くなるかな?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

サイトの表示スピードを早くしたい!
ブラウザからサイトを閲覧する際には、CSS(カスケーディング・スタイル・シート)やjs(ジャバスクリプト)ファイルを読み込む場合が多いです。
レイアウトを担当するcssと、動きなどを担当するjs。
それぞれのファイルを軽量化することで、どこまでサイトの表示スピードは改善されるか、テストをしてみます。

軽量化ってどういうこと?

ここではcssを例にあげて確認します。
まずは説明よりも実例を見てもらいましょう。

このブログのCSS圧縮前
このブログのCSS圧縮後

なんとなく違いが分かりましたか?
改行などがなくなり、ぎゅぎゅぎゅっとなったのが「圧縮後」です。

js(JavaScript)で多くのサイトが採用しているライブラリーとしてjqueryがあります。
こちらも、圧縮版と非圧縮版が公式で用意されています。
jquery公式サイト
圧縮前後ではファイルサイズが、277KB(前)・93.6KB(後)と大きく差があります。(ver1.11.2の場合)

画像の最適化ってどういうこと?

ここでいう画像の最適化とは、ブラウザでの表示完了速度を早める目的で画像のファイルサイズを小さくすることを指します。

画像のファイルサイズを軽くするということは画像が荒くなると考えるのが通常ですが、人の目では違いが分からない範囲で出来る限り軽くします。
このため、人の目で見てもほとんど近いが分からない画像の質を保ったまま、数十%のサイズ圧縮を行います。

CSSの圧縮用ツール

CSSやjsファイルを圧縮するには、http://refresh-sf.com/などが便利です。

このWEBツールは、説明が要らないほど簡単です。
ボックス内に現在の(圧縮前の)cssファイル内全文を貼り付けます。
ボックス右上にある、「CSS」ボタンをクリックしましょう。
これで、圧縮後データが表示されました。

あとは、最適な名前で保存しましょう。

画像の圧縮用ツール

こちらも便利なツールが有ります。
https://tinypng.com/が簡単で圧縮効果も優れています。
「Drop your .png or .jpg files here!」と書かれた枠内に画像をドラッグ&ドロップしましょう。
数秒で完成です。圧縮された画像をダウンロードしましょう。

ここまでの圧縮をこのブログに行ってみました。

どの程度効果が出たでしょうか。
今回はPingdomのスピードテストで測ってみました。
http://tools.pingdom.com/fpt/

最適化前

ブログTOP
Pingdom ブログTOP最適化前
記事ページ
Pingdom 記事ページ最適化前

最適化後

ブログTOP
Pingdom ブログTOP最適化後
記事ページ
Pingdom 記事ページ最適化後

分かりづらいので、対比表

最適化前
読込時間/ファイルサイズ
最適化後
読込時間/ファイルサイズ
ブログTOP 6.91/675.2KB 6.82/671.9KB
記事ページ 4.96/885.2KB 3.76/876.5KB

地味すぎる改善結果となりました。

まとめ

ページのサイズを軽量化すると表示スピードは改善されるという当たり前すぎる超王道的な改善作業です。
ここでは、cssやjsの圧縮と画像の圧縮をご紹介しました。
画像が多いサイトでは是非トライして頂きたい内容でした。

 

関連記事

サーバー変えるだけで順位が上がる?

SEOとサーバーの関係性。SEOに強いサーバーはあるのか?

SEO知識を高めることに多くの時間や費用を掛けているサイト管理者であるにも関わらず、そのサイ

記事を読む

SEOの要因に直帰率は含まれるの?

SEOとの関係性。直帰率が高い、離脱率が高いと順位は落ちる?

この記事では、一般的なWEBサイトやLPへオーガニック経由でアクセスがあった場合の直帰率や離

記事を読む

ドメイン移転時のリダイレクト設定とは

ドメイン移転の際は、.htaccessファイルでリダイレクト設定を忘れずに【必須手順】

ウェブサイトの運営過程で、サイトドメインを変更するケースもあるでしょう。 中には、あるどメイン

記事を読む

SEOテキスト広告とは?

SEOテキスト広告って?テキストリンク広告の選び方

SEOテキスト広告をご存知ですか? 無理やり広告と付けていますが、これは有料リンクサービスです

記事を読む

2019年のSEO

2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと思います。情報を丁寧に書こうと

記事を読む

ブラックハットSEOってどんな意味?

ブラックハットSEOの手法を正しく理解して欲しい(切実に)

当ブログでは、内部ソースの最適化やコンテンツの最適化をテーマにした記事や、サイトの表示速度に関す

記事を読む

SEO対策の設計で重要な点

SEO施策の設計でもっとも大切な事とは?

新規にサイトを作ろうというタイミング、今までほったらかしだったウェブサイトをSEOを意識し、強く

記事を読む

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

SEOの戦略を事前にねるべき?

戦略的SEOを取り入れないリスク

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでし

記事を読む

フラッシュサイトは検索結果から外される?

フラッシュ利用サイトは順位が落ちる?スマホ検索で【Flashを使用。お使いの端末で動作しない場合があります。】

今回のテーマは『フラッシュ(Flash)』です。 リッチなコンテンツを用意する上で重要

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑