URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

URLにwwwはつけるべき?
一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。
この頃はウェブサイトはwww.example.comといった『www.の付いた』URLが多くありました。

皆つけているから自社でもwwwを付けよう!といった大企業にならえで多くのサイトがwwwありでの運用をしてきました。
今回はこの『www』のお話。

wwwが付くのと付かないの、どちらが有利?

簡潔に答えるならば、wwwなしが有利です。
本質として差はありません。

wwwなしが有利となる根拠

wwwが付くことによるプラス要因が存在しません。
つまり、wwwを付けることを誰も推奨していませんし、付くことによりサイトに権威が与えられるわけでもありません。ですから、wwwが付こうと付かまいとウェブサイトの評価そのものには何の影響もありません。

ではなぜwww無しを有利としたかの本題です。
これは、2つの理由から考えられます。

URLが省略されにくく、言及を得やすい

twitterなどでURLをつけてつぶやくと、長いURLの場合には短縮URLに差し替わったり、後半が『…』と省略される場合があります。
省略されることで、被リンクのアンカーテキストは本来のURLではなくなります。
ですから、重要なキーワードを含んだURLであっても、省略によりその効果が半減しますし、URLがウェブサイト上(ネット上)で話題になっているという『言及』要素において、得られるはずの価値を一部失う可能性があります。

絶対パスでのソースが重くなる

WordPressサイトでもそうですが、内部リンクや画像へのパスは絶対パスで記述されます。

■画像へのパスの例
<img src="https://j-sem.net/wp-content/themes/don2sem/images/new_logo.png" alt="ロゴ" />

■内部リンクの例
<a href="https://j-sem.net/">Topページ</a>

上記がこのブログでの例ですが、wwwが付くことで内部リンクや画像へのパスは半角で4文字多くなります。
巨大なサイトになり、内部リンク本数も増えてくればその差は大きなものになります。
ファイルが不要に重くなることは、速度低下やリソースの消費に繋がります。
このことから、wwwはないことが有利となります。

ほぼ差はない。だからこそ無しを選ぶ

いかがだったでしょうか。
そもそも、ありなしに違いはありません。
短いことが有利であり、長くなることが不利である僅かな差を気にするのであればwwwなしでサイトを立ち上げましょう。

ドメインの決定、URLの決め方あたりはこのブログ内でも人気コンテンツです。
SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?
これが推奨ドメインだ!日本語ドメイン非推奨のわけ

wwwありなしに関わらず、正規化の設定も忘れずに行いましょう。wwwありから、なしに移行する場合には必須です。
URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

 

関連記事

ping送信でSEO効果はあるの?

【SEO効果】日に数回更新するブログにping送信は必要か?

あなたの運営されているブログは日に0回~5回/日程度の更新頻度ですか? であれば、ping

記事を読む

SEO社内研修を選ぶなら

SEO研修で学ぶべき技術

今回は、SEO研修を導入する際に知っておくと良い点を分かりやすく説明したいと思います。 そ

記事を読む

alt属性の最適化でSEO効果は?

alt属性にSEO効果を期待するなかれ

alt属性について誤った理解をされているケースが散見されますが、alt属性は写真や画像が表示

記事を読む

レスポンシブデザインはGoogle推奨なの?

レスポンシブデザインはSEOに有利?WordPress等のCMSでは?

この記事は、既に保有するサイトをレスポンシブ化しようか、または新規作成するサイトをレスポンシ

記事を読む

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

コンテンツSEOの意味は?

コンテンツSEOとは何か?言葉の意味(定義)や概要

パンダアップデート、ペンギンアップデート、ハミングバードによってブラックハットなSEOを行っ

記事を読む

インハウスSEOのチェックシート

インハウスSEO用に84項目のチェックリスト(内部SEO中心)を公開しました

新年度も始まったということで、内部SEOを中心とした対策箇所のチェックリストを公開しました。

記事を読む

サイトの信頼性を高めるページを整備しよう

ウェブサイトの信頼性向上を達成させ、アクセスを増やす方法

Googleの順位決定要素には、ウェブサイトの信頼性やウェブサイト管理者の信頼性を評価する考

記事を読む

SEO対策について実りある相談をするには

SEO対策の何を相談したら良いかが分からないあなたへ。

10年ほどSEOエンジニアをしていますので、それはもう数百件(1000件を超えている?)のS

記事を読む

エグジフ情報をGoogleは読んでるの?

検索エンジンはExif情報(画像ファイルのプロパティ)を取得しているかの実験

今回は画像ファイルにあるExif情報を検索エンジンは読み込み、検索結果を決定する上で使用して

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑