URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

URLにwwwはつけるべき?
一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。
この頃はウェブサイトはwww.example.comといった『www.の付いた』URLが多くありました。

皆つけているから自社でもwwwを付けよう!といった大企業にならえで多くのサイトがwwwありでの運用をしてきました。
今回はこの『www』のお話。

wwwが付くのと付かないの、どちらが有利?

簡潔に答えるならば、wwwなしが有利です。
本質として差はありません。

wwwなしが有利となる根拠

wwwが付くことによるプラス要因が存在しません。
つまり、wwwを付けることを誰も推奨していませんし、付くことによりサイトに権威が与えられるわけでもありません。ですから、wwwが付こうと付かまいとウェブサイトの評価そのものには何の影響もありません。

ではなぜwww無しを有利としたかの本題です。
これは、2つの理由から考えられます。

URLが省略されにくく、言及を得やすい

twitterなどでURLをつけてつぶやくと、長いURLの場合には短縮URLに差し替わったり、後半が『…』と省略される場合があります。
省略されることで、被リンクのアンカーテキストは本来のURLではなくなります。
ですから、重要なキーワードを含んだURLであっても、省略によりその効果が半減しますし、URLがウェブサイト上(ネット上)で話題になっているという『言及』要素において、得られるはずの価値を一部失う可能性があります。

絶対パスでのソースが重くなる

WordPressサイトでもそうですが、内部リンクや画像へのパスは絶対パスで記述されます。

■画像へのパスの例
<img src="https://j-sem.net/wp-content/themes/don2sem/images/new_logo.png" alt="ロゴ" />

■内部リンクの例
<a href="https://j-sem.net/">Topページ</a>

上記がこのブログでの例ですが、wwwが付くことで内部リンクや画像へのパスは半角で4文字多くなります。
巨大なサイトになり、内部リンク本数も増えてくればその差は大きなものになります。
ファイルが不要に重くなることは、速度低下やリソースの消費に繋がります。
このことから、wwwはないことが有利となります。

ほぼ差はない。だからこそ無しを選ぶ

いかがだったでしょうか。
そもそも、ありなしに違いはありません。
短いことが有利であり、長くなることが不利である僅かな差を気にするのであればwwwなしでサイトを立ち上げましょう。

ドメインの決定、URLの決め方あたりはこのブログ内でも人気コンテンツです。
SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?
これが推奨ドメインだ!日本語ドメイン非推奨のわけ

wwwありなしに関わらず、正規化の設定も忘れずに行いましょう。wwwありから、なしに移行する場合には必須です。
URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

 

関連記事

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

コンテンツの文字数とSEO効果

コンテンツSEOには文字数は重要?

さあ!頑張ってコンテンツを自社で作ろう! となった際、多くの方が一番初めに疑問思うのが文字

記事を読む

キーワードの作り方と選び方

キーワードの作成と選定

今回は、コンテンツを作成する際に『どのキーワードで上位表示を目指すか』のキーワードについてで

記事を読む

コンテンツSEOの本かきました

SEO本かきました!インハウスSEO担当者におすすめの書籍です

自らサイト原稿を書いている経営者さんや、社内のWEB担当者さん、サイト制作者さん向けのコンテ

記事を読む

SEO対策の設計で重要な点

SEO施策の設計でもっとも大切な事とは?

新規にサイトを作ろうというタイミング、今までほったらかしだったウェブサイトをSEOを意識し、強く

記事を読む

SEOテキスト広告とは?

SEOテキスト広告って?テキストリンク広告の選び方

SEOテキスト広告をご存知ですか? 無理やり広告と付けていますが、これは有料リンクサービスです

記事を読む

重複コンテンツはSEOスパム?

SEOエンジニア視点でどこからが重複コンテンツ?ペナルティー対象?リライトは?

重複コンテンツは絶対ダメ! ただコピー&ペーストした記事が完全なアウトであることは皆さんご

記事を読む

タダで使える優良SEOツールはこれ!

無料のSEOツール!プロが使う七つ道具!(順位チェック・被リンクチェック・検索ボリュームの取得・サイト表示速度・他)

インハウスでSEOを進めるなら、活用したいツールを一挙にご紹介。 日頃の作業を効率よく進めるた

記事を読む

エグジフ情報をGoogleは読んでるの?

検索エンジンはExif情報(画像ファイルのプロパティ)を取得しているかの実験

今回は画像ファイルにあるExif情報を検索エンジンは読み込み、検索結果を決定する上で使用して

記事を読む

相互リンクはペナルティーを受ける?

相互リンクをSEO効果目的でするとペナルティーを受けるのか?2015年現在

サイトを立ち上げて間もない頃、少しでも効果があればと相互リンク獲得に躍起になるサイトオーナー

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑