プログレッシブ エンハンスメントとは?Googleの推奨するサイト構築法

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

プログレッシブ エンハンスメントとは?

2014年10月末にGoogleはウェブマスター向けに技術に関するウェブマスター向けガイドラインを更新しましたというアナウンスをしました。

今回はこの公式発表内にもありました『プログレッシブ エンハンスメント』についてです。

プログレッシブ エンハンスメントとは?どんな意味?

プログレッシブ・エンハンスメントとは、言葉を分解すると次のような英語です。
■プログレッシブ・・・進歩的、進行形の、進行性の
■エンハンスメント・・・改良、強化

余計に意味がわからなくなりそうですね。

プログレッシブ・エンハンスメントとは、IE7やIE8で表示した場合も最新のChromeで表示した場合も、同様のテキストコンテンツを確認できるようにしましょう、そんな考え方です。
最新のCSS3を取り入れてビュンビュン動くサイトも良いけれど、IE8から見た時にビュンビュン動かないけど文章や指し示す画像はきちんと確認できるようにしましょうという事で、最新の進化したブラウザ向けにサイト改修を行う際に、旧ブラウザをフォローするべしとなりますね。

Googleが推奨するプログレッシブ エンハンスメントの考え方を実行するには?

重要なポイントをまとめます。

ブラウザ間における
・html
・css
・js
・フラッシュなど
で、一部ブラウザではフォローされていないマークアップを行う場合、非対応ブラウザ用の代替マークアップを用意する、又はマークアップを再構築する

css等の対応状況を確認する

参考にしたいサイトがいくつかあります。
ここでは、サイトの最適化を行う方々に知っておくべき2サイトを掲載しておきます。

ブラウザ別のHTML5 & CSS3 サポート状況一覧(英語)

css3_1
http://fmbip.com/litmus/
動きのあるサイトやcssでリッチなグラデボタン、擬似クラスを用いたマークアップ時にどのブラウザへのフォローが必要かさっと確認できる便利な一覧表です。
現在ドラフト仕様であるcss3。今後のW3Cの発表にあわせ編集が継続されることを願っているページです。

ブラウザ別の対応状況を検索(英語)

css3_2
http://caniuse.com/
先のサイトは一覧でしたが、こちらは検索できることがメインのサイトです。
マークアップ中に気になったらさっと検索できることがこのサイトの魅力です。

誰でも閲覧できることが最重要

以前Googleがレスポンシブデザインを推奨し、日本でもレスポンシブデザインでのサイト構築が増えていると聞きます。
今回のプログレッシブ エンハンスメントと共通して言えることは
『誰でも閲覧できること』

ブラウザやデバイスにとらわれず、同一のコンテンツを正しく見せることがSEOの基本となってきました。
あまりに当たり前といえば当たり前の事ですが、多くのサイト管理者にとってSEOがより分かりやすい存在となってきていることは良いことだと思っています。

ということで、今回はここまで。
読んでおしまいではなく、是非自社サイトをIE7等のブラウザでチェックして下さい。

 

関連記事

格安料金のSEOを使う前に知っておくべきこと

激安料金のSEOサービスにはリスクが伴う

激安価格のSEOサービスはなぜ超低価格で販売が出来るのか。 このカラクリをご紹介します。

記事を読む

キーワードの作り方と選び方

キーワードの作成と選定

今回は、コンテンツを作成する際に『どのキーワードで上位表示を目指すか』のキーワードについてで

記事を読む

SEOの要因に直帰率は含まれるの?

SEOとの関係性。直帰率が高い、離脱率が高いと順位は落ちる?

この記事では、一般的なWEBサイトやLPへオーガニック経由でアクセスがあった場合の直帰率や離

記事を読む

地方都市の店舗ウェブ集客を成功させるには

【SEO対策】札幌・帯広出張で感じた地方のウェブ集客はエリア名SEOの捉え方が難しい

先週、札幌・帯広へお仕事で伺った際に夕方ビジネスホテルで書類整理や荷物整理をしながらテレビを

記事を読む

URLの正規化って何?

URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

今回のテーマは『URLの正規化』です。 運営開始から間もないサイトでも、運用歴の長いサイト

記事を読む

2017年のSEOトレンド

2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO要素、SEOの歴史を振り返りな

記事を読む

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

タイムスタンプのみ更新すれば、新鮮なサイトだと判定されるの?

SEO対策効果を高めるためにサテライトサイトのタイムスタンプを更新するべき?

今回のお話は『タイムスタンプ』です。 先日(といっても、1ヶ月近く経過してしまった)とあるアフ

記事を読む

bとstrongの違い

bタグとstrongタグの違いをSEO観点とhtml(html5)観点で分かりやすく

今回はbタグとstrongタグ、その関連タグについて扱います。今回登場するタグは <

記事を読む

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

 
 
no image
2022年サーチエンジンマーケティングと周辺の話

明けましておめでとうございます。2022年です。前回から2年経過です

2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑