bタグとstrongタグの違いをSEO観点とhtml(html5)観点で分かりやすく

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, マークアップ, 内部SEO

   
 
   

bとstrongの違い

今回はbタグとstrongタグ、その関連タグについて扱います。今回登場するタグは

これらです。ウェブ担当者であれば何気なく使っているタグですが、検索エンジンはどのように認識しているのか、html5では取り扱いがどのように変わるのか(変わりそうなのか)を分かりやすくお伝えします。

それぞれのタグの意味

各タグの意味を、おさらいしましょう。html4.01では次のような意味合いです。

では、html5ではどう変わったか見てみましょう。

となります。
正直なところこれは正しい説明ですが、strongの使い方あたりはSEO担当者であれば違和感が残ると思います。
過去の昔よりbタグは太字にする装飾タグで、strongタグは重要な箇所を囲み太字にもなるタグと認識していたかと思います。
ですから、既に広く一般に理解されていた(検索エンジンも意識していた)通りにマークアップルールが追いついたといった印象です。

検索エンジンに重要性を伝えるにはどうすべき?

あなたのサイトの中心的な話題や重要度の高いポイントを検索エンジンに正しく伝える為のマークアップはどうあるべきでしょうか?
非常に簡単に表すことが出来ます。

通常のいずれのタグでも囲わない状態に対し、strongで囲うことで重要度をあげます。
さらにstrongタグを重ねて使うことで、より重要度を上げることが出来ます。
実際の使用例です。

この投稿記事は、SEO要素(strong)の中のタグ(strong strong)についてを扱っています。

教科書に書かれている内容と、実際に利用方法はどこかずれがあるように感じます。
実際には、次のような曖昧な相関図に乗っかるような気がします。
各タグの相関図

結論、上位表示させたいキーワードはどのタグで囲う?

だらだらと書いてきましたが、このサイトは、このページは『このキーワードで上位させたい』という思いがあるでしょう。
その際に、本文で登場するそのキーワードはどのタグで囲うべきでしょうか。

正解は、ありません。

現在のアルゴリズムでは、キーワードをstrongタグで囲うことで順位アップすることはありません。
しかし、strongタグやiタグは正しく使うことでページの内容やジャンルを誤りなく検索エンジンに伝えることが期待出来ます。
当ポストで言えば、htmlseo・タグ・強調といった単語を囲うことで、『B STRONG』はメジャーリーグのボストンを指す内容ではなく、htmlタグのbを扱っていると伝えることが出来ます。
また、一定程度の強調や太字タグが入っているページはユーザーも読みやすく、キーワードに対してではなく、ページに対して加点が期待できるでしょう。

 

関連記事

404ページ設定は必要ですか?

SEOに効く404エラーページを作成しよう!WordPress設定の仕方も

古いページを削除したため404エラーが発生している場合や、誰かが張ってくれたリンクのパスが誤

記事を読む

発リンクは多いとダメ?

【SEO要素】発リンクは多すぎるとペナルティーを受けるのか

2009年頃までは発リンクはページあたり100本までと言われていました。というのも、Goog

記事を読む

インハウスSEOのチェックシート

インハウスSEO用に84項目のチェックリスト(内部SEO中心)を公開しました

新年度も始まったということで、内部SEOを中心とした対策箇所のチェックリストを公開しました。

記事を読む

SEO案件のご相談を頂くために大切なこと

多くのSEO案件をご相談・ご依頼頂けるようになった理由

私のようなSEO屋でも、ご相談・ご依頼くださるクライアント様がいらっしゃいます。 有難い事に、

記事を読む

コンテンツの文字数とSEO効果

コンテンツSEOには文字数は重要?

さあ!頑張ってコンテンツを自社で作ろう! となった際、多くの方が一番初めに疑問思うのが文字

記事を読む

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

alt属性の最適化でSEO効果は?

alt属性にSEO効果を期待するなかれ

alt属性について誤った理解をされているケースが散見されますが、alt属性は写真や画像が表示

記事を読む

1ページで最適化するキーワード数は欲張るとダメ?

SEO対策をかけるキーワード数はページあたり何個まで?

あれもこれもと欲張りたくなるターゲットキーワード。 ここでは、1ページに対しいくつのキーワ

記事を読む

直帰率とSEO

直帰率とはSEOとほぼ無関係の数値である

直帰率とは、1ページのみ閲覧し、同一ドメイン内の他ページヘ移動せずブラウザを閉じたり、検索結

記事を読む

コンテンツSEOの本かきました

SEO本かきました!インハウスSEO担当者におすすめの書籍です

自らサイト原稿を書いている経営者さんや、社内のWEB担当者さん、サイト制作者さん向けのコンテ

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑