2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

公開日: : SEO

   
 
   
2019年のSEO

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと思います。
情報を丁寧に書こうとすると億劫で筆が止まるため、SEO初級者への配慮なしでいこうと思います。

指名検索を増やす

この話だけで今年は終わりでも良いかと思うくらい、重要なテーマだと思っています。

SEOのあるべきが、マーケティングの古典に近いづいているように思うこの頃です。指名検索を増やすためのアプローチについて少し。

オフラインからの誘導

屋外看板や雑誌広告など、オフラインの媒体からオンラインへ誘導する際、指名検索を進めるでしょう。サイト全体への波及効果については割愛しますが、オフラインからオンラインへの転換率の高い媒体or訴求についてはもっと学んでいきたいポイント。

想起させる

過去のユーザー体験から、「〇〇といえば▲▲」の想起を得る施策。広告などからの誘導と異なり、体験内容を改善することで継続的な強化ループが作れそう。

ネーミング

ブランド名を冠したツールやオプションを提供するなどで、ブランド認知を高め、ブランド全体で指名検索量を増やす施策。Yahoo!のサービス展開は近いイメージ。

CTR

前項の指名検索を増やすことともつながる要素として、基礎の基礎であるCTRを今年は大事にしたいなと。

指名検索であれば、CTRは八十数%~九十%台が出ます。また、認知したブランド名がタイトルにあることで、CTRが伸びる効果もあるでしょう。(通販系検索で、Amazonの名前が見えたので・アカウントを持っているので、クリックしたといったケース)

CTRを改善するための方法論は他者に任せるとして、騙し打つような方法だけは引き続き取り入れないように注意したい。指名検索を失うことにもつながるから。

Job Posting(Google for Jobs)

例年通り、構造化データをしっかりやっていきましょう。そんな話。

2018年12月ローンチ予定は遅延していますが、間もなくリリースのGoogle for Jobsで人材サービス系のSEOに変化が訪れます。

求人公開日でのソートで悪さをする(日付の空更新とか)人がいるでしょう。派遣会社の求人において、hiringOrganizationがどうなるかもしばらくウォッチしたいところ。掲載落ちした(人材募集が終了した)求人を削除せずに、媒体上に残すサイトも多いので、該当ページの構造化データマークアップを削除するなり、validThroughを正しく設定することが運用に乗るのか(または違反したサイトで溢れかえるのか)注目しています。

イラスト

今年はイラストが重要視される1年になるのかなと思っています。

イラスト業界で働くフリーにとっては、クライアント獲得がはかどりそうです。動画とすべきか悩みましたが、最適化をはかる視点だと動画は改善活動が重いので、ここではイラストとしました。

文章を補助するイラスト・図解、面白さを演出するイラスト、ブランド認知を助けるイラストなんて視点もありそうです。

最後に

読み返してみて、SEOっぽさが薄い記事になりました。当たり前のことを当たり前に実行しているSEO担当者であれば、「たしかに、この辺がんばらないとだよなー」な内容だったのではないでしょうか。

今年は多少なりブログ記事書きたい。書くぞ。書けたらいいな。書けるのかな。

 

関連記事

SSLメールフォームにすると順位は上がる?

SSL導入でSEO効果アップ?順位アップ!?

今回は、はじめにメールフォームや決済情報入力ページをSSL化するとSEO効果があるのかについ

記事を読む

こんなSEO企業が理想だね

理想のSEO企業とは?見極めるための4つの視点

皆さんはSEO企業と一緒に仕事をする際、どのような点を考慮しているでしょうか。 ミスマッチを避

記事を読む

重複コンテンツはSEOスパム?

SEOエンジニア視点でどこからが重複コンテンツ?ペナルティー対象?リライトは?

重複コンテンツは絶対ダメ! ただコピー&ペーストした記事が完全なアウトであることは皆さんご

記事を読む

モバイルフレンドリーで大きな影響は出た?

モバイルフレンドリー要素追加での検索順位変動[現在のSEOへの影響]

4/21の新要素追加から早いもので1週間が経過しました。 リリース直前での案内では数日から1週

記事を読む

9月26日のパンダアップデートで順位が下落した?

2014/09/26のパンダアップデートについて(Googleアップデート)

もう10月ではありますが、僅かながらアップデートの影響を感じる点や、今後のアップデートの方向

記事を読む

サイトの信頼性を高めるページを整備しよう

ウェブサイトの信頼性向上を達成させ、アクセスを増やす方法

Googleの順位決定要素には、ウェブサイトの信頼性やウェブサイト管理者の信頼性を評価する考

記事を読む

Google検索に引っかからない時の対処法

検索に引っかからない時、サイト管理者が確認すべきこと

あなたのサイト(ホームページ)やブログが検索エンジンに引っかからない場合、このポストにそいチ

記事を読む

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

SEOの戦略を事前にねるべき?

戦略的SEOを取り入れないリスク

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでし

記事を読む

リンクネットワークって何?

リンクネットワークとは?SEOスパムに無意識に参加するリスク

知らずにリンクネットワークとつながり、手動スパム判定を受けることのないよう注意が必要です。

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑