リスティング広告とSEO対策どちらが優れているか?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, リスティング

   
 
   

リスティングとSEOどっちが費用対効果が良い?
リスティング広告とSEOのどちらを採用すべきかについて考えていきましょう。

まず設問を全否定になってしまいますが、かなり比較に無理が生じます。
この点、ご理解頂いた上で読み進めて下さい。

1:各施策を比較した場合、それぞれの費用では見えない優位性を考える

リスティング広告出稿とSEOでの集客(ここでは検索エンジン経由でのアクセス流入を集客と呼んでいます。)にはそれぞれ異なる特徴があります。

■リスティングの場合

リスティングの場合、次のような優位性があります。

  • LP一枚を用意するだけで広告出稿を開始可能(サイト構築の時間、コストが安価となる)
  • 即日集客が開始される(広告出稿を開始するのに要する時間は非常に短く、即日開始が可能です。)
  • 集客したユーザーの属性を見極めつつ、キーワードを変更、ユーザー属性をずらすことが容易
  • 費用を無視すれば集客数をある程度一定に保つことが容易

■SEOの場合

SEOの場合、次のような優位性があります。

  • インハウスでSEOを行えば、ランニングコストが掛からない(自社で全てのSEOを実施しホワイトハットなSEOに限る場合。)
  • ドメインのオーソリティーが上がった状態であれば、スモールキーワードでのロングテール獲得が容易となり、かつコストも掛からない(サイトの信頼度が非常に高い状態までサイトを育てると、集客ターゲットのキーワードを検索数の少ないものであれば順次追加が容易でコストが掛からない。)
  • オーガニックでのブランディング効果や信頼感をユーザーに与えられる。
  • 上位に複数のページを表示させ、検索結果上での表示ウエイトを高めることが出来る。

ここまでを見て頂いて、各手法のメリットは対する手法のデメリットになる点がわかるかと思います。

リスティングであれば、

  • 広告費を払い続けなければならない。またコストが増減するリスクがある。(支払いが不可能なコストに上昇するリスクがある。)
  • 集客数を伸ばすには費用をより多く掛ける必要がある。
  • 広告を避ける検索ユーザーが実在するため、必ずしも全ユーザーにリーチできるわけではない。
  • 1サイトで複数の広告枠を獲得することは出来ない。

SEOであれば、

  • 一定以上の難易度キーワードであれば、ペラサイトでは上位表示が困難であり、制作にコストが掛かる(ペラサイトとは1枚もののサイト等でコンテンツが薄いサイト)
  • 上位表示までに時間が掛かる。
  • キーワードの大幅変更はサイト設計の全面見直しとなり多くの時間とコストを要する。
  • アルゴリズムの変更や更新により順位が大きく変動し集客数が増減するリスクがある。

ここまでの内容を元に、各手法のどちらが優れているかを考えてみましょう
優劣を判断する上で、非常に重要な要素があります。

一つ目はビジネスの継続性です。

あなたのビジネスが実験段階にあり、中長期的なビジネスに成り得るかの経営判断が付いていない場合、優れた集客手法は『リスティング』であると言えるでしょう。
これは、スタート時点においてです。
中長期的な集客戦略を練る上で、SEOを排除することはナンセンスです。

もし、中長期でのビジネス展開が決定している(もしくは予定がある)のであれば、リスティングよるキーワード選定テストを行い、CVRの優れたキーワードでのSEOを開始すべきです。
これは、キーワードテストが容易であるリスティングの強みを効果的に利用し、中期的にはSEOによるオーガニック経由での流入を得る手法です。

二つ目はキーワードの状況分析です。

業種やエリアによってはSEOが極端に難しいキーワードで集客する必要があります。
あなたが上位表示させたいと考えるキーワードの難易度を確認する必要があります。
検索順位は相対評価です。ライバルの対策状況を確認することでどの程度の作業が必要となるのか目星を付ける必要があります。
キーワードによっては、ホワイトハットなSEOだけでは上位表示がほぼ不可能なキーワードもあります。

三つ目は作業時間の確保です。

リスティングとSEOを比較した場合、圧倒的にSEOが時間を要します。
(ミドル以上のキーワードを想定して書かせて頂いております。)

作業を外注化することで作業時間を掛けない方法もありますが、当然コストが掛かります。
リスティングも同様ですが、それ以上に正しいSEO手法を学習する時間が必要となります。これは作業の一部または全てを外注化した場合であっても、効果的な作業を立案する上で、ノウハウを蓄積しておく必要があるためです。

実作業を社内で行う場合には、サイトの設計からリンク構造の確認、追加するコンテンツの作成、ページの作成修正までを全て行う必要があります。
この作業は長期的に継続する必要があり、主業務の片手間で行うには大変な作業です。

四つ目はコスト(費用)についてです。

急成長を達成するために資本があるのか、またはゆっくりとした成長線を目指すのかにより決定方法は異なります。
予算が無制限にある企業は存在しませんが、無制限であるならば両手法を採用することでしょう。
限られた予算とROIを考慮し、いずれが最適かの判断が必要となります。
(予算はその後の売上発生により再予算が組まれる一連の流れを加味し考えるものであるとの意味です。)

追記:上記は、儲かったら儲けの一部を次回の広告費に回すことまで考えているとの意です。

ここまでのメリット、デメリットと考慮すべき4つのポイントをご覧頂き、ご自身のケースではと考えて頂ければ恐らくこちらかな?といった答えは出ようかと思います。

一般論として無理に答えを出すならば、
リスティング広告で魅力的なキーワードを探し、その後SEOを行う。
上位表示を達成するまでの間は、リスティングを併用運用する。
上位表示達成後も、CVRの優れたキーワードにおいてはリスティングの併用や拾いきれないスモールキーワードへの出稿も考える必要があるでしょう。

SEOエンジニアの視点とリスティングディレクターとしての視点で書き進めてきました。戦略立案時のご参考になさってください。

 

関連記事

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

SEOの戦略を事前にねるべき?

戦略的SEOを取り入れないリスク

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでし

記事を読む

SEOエンジニアの業務とは?

SEOエンジニア・SEOスペシャリストとは?仕事内容は?

つい先日もSEOエンジニアという職種について質問を受けました。 やはり、WEBデザイナーや

記事を読む

SEOを頑張るならCMS導入すべき?

SEOのご相談を頂いた際に、CMS導入を薦める訳

もしあなたのサイトは静的なhtmlで制作されており、CMS導入をすべきか悩んでいるならこの記

記事を読む

モバイルフレンドリーで大きな影響は出た?

モバイルフレンドリー要素追加での検索順位変動[現在のSEOへの影響]

4/21の新要素追加から早いもので1週間が経過しました。 リリース直前での案内では数日から1週

記事を読む

コンテンツ設計には、検索意図と本質的な希望の把握が大切

コンテンツ設計におけるサーチインテント(検索意図)と本質的な希望の違い

最近では、ウェブサイトの構築・メディアサイトの構築時に、各キーワードの検索数や難易度、ページ単位

記事を読む

SEOテキスト広告とは?

SEOテキスト広告って?テキストリンク広告の選び方

SEOテキスト広告をご存知ですか? 無理やり広告と付けていますが、これは有料リンクサービスです

記事を読む

良いキーワードを探す

リスティング出稿時のキーワードの選び方

非常に多く寄せられるご相談の一つに"キーワードの選び方"が御座います。 ここでは、有効なキーワ

記事を読む

品質スコアを上げる

リスティングの広告文改善で品質スコア(品質インデックス)を上げるには

リスティング広告の基礎知識を少しおさらいしましょう。 AdWordsの掲載順位は、 入札クリ

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑