Googleガイドラインって何?Googleガイドラインを完結にまとめてみた

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, スパム

   
 
   

Googleのガイドラインとは?

この記事はGoogleのガイドラインに違反し、インデックス削除を含むペナルティを受けた人の役立つ内容を中心としています。
サイト管理者で日頃からスパムリスクの排除を心掛けている方々にも是非この機会に確認して頂きたい内容です。

Googleからこんなメッセージが

※ウェブマスターツールを活用している前提でこの記事は書かれています。
次のようなメッセージを受け取った方、つまり既にガイドライン違反をおかし、困っているケースを想定しています。

このサイトは、Google のウェブマスター向けガイドラインに違反している可能性があるため、Google 検索に表示されない可能性があります。
悪質なスパム
このサイトのページは、自動的に意味不明な内容を生成したり、クローキングや他のウェブサイトからコンテンツを無断でコピーするといった悪質なスパム テクニックを使用したりしているか、その他の Google のウェブマスター向けガイドラインに大きく違反しているようです。

これはガイドライン違反へ対する代表的なメッセージです。
この違反箇所を取り除き、再審査をリクエストする必要があります。

Googleガイドラインをまとめてみました

どうしても長文となりがちなGoogleガイドラインの詳細。ここでは多少の語弊を恐れず、兎に角簡易に分かりやすくまとめてみたいと思います。

小規模ECサイト特有のペナルティ

サイト管理者に悪意はないにも関わらず、ペナルティ判定を受けサイトがインデックス削除となってしまうケースがあります。
弊社でもペナルティ解除のご相談を頂き、解除作業を請け負うことが御座いますが特に小規模ECにおけるペナルティには特有のものがあると感じます。
共通点をいくつか挙げてみます。

独自ドメインサイト

まずはじめに、モールではなく独自ドメインでの運営サイトであることが特徴です。

取り扱い商品が型番系商材

パソコンや電化製品、有名ブランドのスニーカー等で競合が多いジャンルに集中します。

掲載商品数が数十から百点ほど

サイト立ち上げから間もなく、商品点数も追加を繰り返している段階でのペナルティが多いと感じます。

この問題の解決策

小規模ECサイト特有のペナルティ解除は大きく分け3つの作業が必要です。

・1つ目は、商品詳細ページにオリジナルコンテンツを追加することです。
公式サイトからスペック表をコピペしたページではないですか?よりユーザーにとって価値ある情報を追記する必要があるでしょう。

・2つ目は、送料や決済に関するページを分かりやすくすることです。
どこの運送業者を使っており、エリア別の送料表も大切です。利用できる決済サービスのロゴ表示も大切です。
しかしありふれた情報のみの掲載で終わらず、ユーザーの不安や懸案事項が発生した場合のショップ対応を追記するといいでしょう。
より具体的な問題発生時の対応詳細はユーザーに安心感を与えるだけでなく、コンテンツとしても評価されます。

・3つ目は一覧ページの扱いを確認することです。
もし、カテゴリ一覧ページをindex、followとしている場合、注意が必要です。商品詳細ページにも記載のある商品名と価格の列挙は、無価値なコンテンツページです。魅力的な一覧ページとなるよう構成から改めるべきです。
最近のCMSやASPを利用であれば無いとは思いますが、ソート時のページもGoogle botがクロール、インデックスしていないか確認すると良いでしょう。

補足:Google該当ページ

ウェブマスター向けガイドライン

 

関連記事

重複コンテンツはSEOスパム?

SEOエンジニア視点でどこからが重複コンテンツ?ペナルティー対象?リライトは?

重複コンテンツは絶対ダメ! ただコピー&ペーストした記事が完全なアウトであることは皆さんご

記事を読む

サイトの信頼性を高めるページを整備しよう

ウェブサイトの信頼性向上を達成させ、アクセスを増やす方法

Googleの順位決定要素には、ウェブサイトの信頼性やウェブサイト管理者の信頼性を評価する考

記事を読む

SEOエンジニアの業務とは?

SEOエンジニア・SEOスペシャリストとは?仕事内容は?

つい先日もSEOエンジニアという職種について質問を受けました。 やはり、WEBデザイナーや

記事を読む

SEOとキーワード数

SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。 htmlタグのお話が登場します

記事を読む

SEO対策の設計で重要な点

SEO施策の設計でもっとも大切な事とは?

新規にサイトを作ろうというタイミング、今までほったらかしだったウェブサイトをSEOを意識し、強く

記事を読む

ブラックハットSEOってどんな意味?

ブラックハットSEOの手法を正しく理解して欲しい(切実に)

当ブログでは、内部ソースの最適化やコンテンツの最適化をテーマにした記事や、サイトの表示速度に関す

記事を読む

モバイルフレンドリーで大きな影響は出た?

モバイルフレンドリー要素追加での検索順位変動[現在のSEOへの影響]

4/21の新要素追加から早いもので1週間が経過しました。 リリース直前での案内では数日から1週

記事を読む

SEOの要因に直帰率は含まれるの?

SEOとの関係性。直帰率が高い、離脱率が高いと順位は落ちる?

この記事では、一般的なWEBサイトやLPへオーガニック経由でアクセスがあった場合の直帰率や離

記事を読む

上位表示されない!困った!

サイトやブログが上位表示されない時、初めに確認すべき5つのこと

あなたのサイトやブログは上位表示していますか? サイト全体で狙っているキーワード、ページ単

記事を読む

SEO会社を比較する時のポイント

SEO対策会社を比較する際に知っておくべき3つの視点

あなたがこれから、SEOを外注しようと考えているなら次の3つのことを知っておくと良いでしょう

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑