SEO本かきました!インハウスSEO担当者におすすめの書籍です

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, コンテンツ

   
 
   

コンテンツSEOの本かきました

自らサイト原稿を書いている経営者さんや、社内のWEB担当者さん、サイト制作者さん向けのコンテンツSEOに関する書籍を書かせて頂きました。

こんな方々に

  • コンテンツSEOのコンテンツってなんだろう?
  • ライターに書かせる際、キーワードを何回使えとか指示してる
  • お客さんからコンテンツSEOに挑戦したいと言われてCMS導入を薦めるしか出来なかった
  • どんな記事を書けば検索エンジンから評価されるか知りたい
  • 社内で記事を内製する上で、社員教育用の教科書が欲しい

きっと価値ある一冊だと感じて頂けると思います。
ご注意頂きたいのは、普段からサイト原稿を書いている方やご自身でSEOにトライした経験のある方を対象に書かせて頂きました都合、中級~上級者向けの内容となっています。
マーケティング系の業種の方でもローカルな広告業の方であったりすると、難しい箇所があろうかと思います。

正解が分かれば後はコンテンツを生産するだけです

本書では、コンテンツSEOの魅力とコンテンツの定義から始まり、記事を作成する為の設計図作りを解説していきます。
検索ユーザーを3タイプに分け、それぞれの設計シートも合わせて公開しております。是非シートをご活用頂き、コンテンツの生産にお役立て下さい。

また、本書をご覧頂く前に、
コンテンツSEOとは何か?言葉の意味(定義)や概要
コンテンツ マーケティングとは?
最近投稿しましたコンテンツSEOやコンテンツマーケティングに関するポストもどうぞ。

コンテンツSEO2015-誰でもできる!集客させる良質コンテンツの作り方

私は物書きではありませんので、文章として素晴らしいものは書けませんが、内容(ノウハウ)については非常にご活用頂ける一冊になったと思っております。

2015年はコンテンツマーケティング・コンテンツSEOに取り組まない者が取り残される一年になるでしょう。
そのコンテンツSEOのノウハウがギュギュっと詰まった一冊。

良い本みたいだけど、お高いんでしょ?

そうなんです。
これだけ、煽りにあおった訳ですから、それはもう超高額….ではなく

Kindle版 299円。

もう一度。
299円。

冗談はさておき、ご興味があれば是非

コンテンツSEO2015
コンテンツSEO2015
誰でもできる!集客させる良質コンテンツの作り方
キニナルブックス
Amazon-Kindle版

299円
http://www.amazon.co.jp/dp/B00SUSODD4

 

関連記事

ブラックハットSEOってどんな意味?

ブラックハットSEOの手法を正しく理解して欲しい(切実に)

当ブログでは、内部ソースの最適化やコンテンツの最適化をテーマにした記事や、サイトの表示速度に関す

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

2019年のSEO

2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと思います。情報を丁寧に書こうと

記事を読む

日本語のURLはSEO効果が高い?

SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?

もしあなたが、新規にホームページやブログを立ち上げるタイミングで、ドメインやファイル名の決定

記事を読む

Google検索に引っかからない時の対処法

検索に引っかからない時、サイト管理者が確認すべきこと

あなたのサイト(ホームページ)やブログが検索エンジンに引っかからない場合、このポストにそいチ

記事を読む

地方都市の店舗ウェブ集客を成功させるには

【SEO対策】札幌・帯広出張で感じた地方のウェブ集客はエリア名SEOの捉え方が難しい

先週、札幌・帯広へお仕事で伺った際に夕方ビジネスホテルで書類整理や荷物整理をしながらテレビを

記事を読む

リスティングとSEOどっちが費用対効果が良い?

リスティング広告とSEO対策どちらが優れているか?

リスティング広告とSEOのどちらを採用すべきかについて考えていきましょう。 まず設問を全否

記事を読む

SEO会社を比較する時のポイント

SEO対策会社を比較する際に知っておくべき3つの視点

あなたがこれから、SEOを外注しようと考えているなら次の3つのことを知っておくと良いでしょう

記事を読む

検索エンジンのユーザーシェアはどこが多い?

検索エンジンシェアをアンケートとって調べてみた

先日検索エンジンの利用調査アンケートを実施しました。 簡単に言えば「どこの検索エンジンを使

記事を読む

2017年のSEOトレンド

2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO要素、SEOの歴史を振り返りな

記事を読む

 
 
no image
2022年サーチエンジンマーケティングと周辺の話

明けましておめでとうございます。2022年です。前回から2年経過です

2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑