戦略的SEOを取り入れないリスク

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, 戦略

   
 
   

SEOの戦略を事前にねるべき?

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでした。
しかしパンダアップデート以降、SEOの目標の中心は「どれだけトラフィックを増やすか」「どれだけ売上を上げるか」にシフトしています。

この状況変化の最たる例は成果報酬型SEOの依頼に比べ、サイト単位でのSEOプロジェクトの依頼が増えている点に現れていると思います。

SEOエンジニアに相談すべき最適なタイミングは?

最適な時期はサイトの立ち上げ計画段階です。
ご相談の多くはサイトが完成し、しばらく経った頃に持ち込まれます。

「集客用ホームページ制作だと言われて作ってが、全然アクセスがない」
「SEOに詳しいデザイナーだと言っていたが、上位表示してこない」
これらはご相談者から毎度聞く理由です。
サイトの内部を覗けば、タイトルタグとメタタグを教科書通り書いてある程度で穴だらけの内部対策状況だったり、
コンテンツの拡充を一切考慮されていないサイト構造であったり、ツリー構造の概念すらないサイト構造だったり。

何を持って集客用であったり、SEOに強いのか私には分かりませんが、これが現実です。
(上記のような世の全てのサービスを非難するつもりはありません。僅かな割合で価値あるサービスを提供している会社さんがあることも事実です。)

私がその都度思うことは、「どうしてサイト立ち上げ時に相談してくれなかったのか」という点。
サイト立ち上げました⇒失敗しました⇒改善しましょう
も結構ですが、サイト作り直す無駄なコストが発生します。
多くの場合、ゼロから作り直すことが必要です。そうゼロからです。

10ページ程のサービスサイトであれば作り直すコストも大金とはならず良いかもしれません。
独自の機能を盛り込んだ多額の開発費がかかったECサイト等では、その再構築予算が捻出できないケースも見てきました。

SEOエンジニア「ここと、ここの動的に生成するページですが、このDB情報以外から吐き出しましょう。」
技術者「作りなおしたほうが早いですね」
クライアント「えっ?」

こういった事態に陥らないためにも、早い段階でSEOエンジニアを開発チームに招き入れることが望まれます。
実際のところ海外に目を向けると多くのウェブサービス開発会社でそうであるように、国内でもウェブサービスの立ち上げやウェブマーケティングプロジェクトの企画会議からSEOエンジニアが参加することが増えてきました。

特に役員やプロジェクトの立ち上げ責任者がSEM、SEOに詳しいほど早い段階からSEOエンジニアの意見を取り入れる傾向にあると感じています。
詳しい方ほど検索エンジンに好まれるサイト設計の重要性と、後手に回った場合の不要な費用や時間を考えているためだと思います。

付け加えたい点。数年後の姿を想像する

SEOとは内部ソースを編集することだけではありません。
サイト立ち上げ時のもっとも重要なポイントはサイトの成長過程をいかにリアルに描けているかです。

子どもの成長に例えるならば、乳児はよだれかけが必要であり、小学校入学前後では衣類を汚すことも多く、制服は3年間での成長を考えなければいけなかったりと、
「起きるであろう問題予測」と「予防と起きた後の対処」をセットで考える必要があります。

SEOに強いウェブサイトを作る業者であれば、成長速度の予測や起きるであろう問題をすんなり説明してくれるはずです。
半年後、1年後、3年後と予測が出来ており問題が起きる前提でサイト設計をしていれば、頻繁なリニューアルは不要となります。
リニューアルに無駄なコストを掛けないことはROIの向上は当然ですし、SEOを継続する上で足踏み停止がなくなることはサイトの成長を早めますから一石二鳥と言えるでしょう。

もしこのポストをご覧の方がマーケティング戦略を描く中で検索されたのであれば、有能なSEOエンジニアに一度相談すると良いでしょう。
リスクの芽を摘むことができると思いますよ。

 

関連記事

メタディスクリプションのSEO効果って?

SEO目的のmeta description(メタ ディスクリプション)はやめにしないか?

この記事は、meta descriptionタグのSEO効果とアクセスアップについて記述して

記事を読む

重複コンテンツはSEOスパム?

SEOエンジニア視点でどこからが重複コンテンツ?ペナルティー対象?リライトは?

重複コンテンツは絶対ダメ! ただコピー&ペーストした記事が完全なアウトであることは皆さんご

記事を読む

ブラックハットSEOってどんな意味?

ブラックハットSEOの手法を正しく理解して欲しい(切実に)

当ブログでは、内部ソースの最適化やコンテンツの最適化をテーマにした記事や、サイトの表示速度に関す

記事を読む

地域名SEOに再注目!

地域名でSEO!ドアウェイページが一掃されてチャンス到来?

商圏エリアが限られるビジネスをされている方々に朗報です。 地域に根ざした商売をする方にとってプ

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

ping送信でSEO効果はあるの?

【SEO効果】日に数回更新するブログにping送信は必要か?

あなたの運営されているブログは日に0回~5回/日程度の更新頻度ですか? であれば、ping

記事を読む

SEO案件のご相談を頂くために大切なこと

多くのSEO案件をご相談・ご依頼頂けるようになった理由

私のようなSEO屋でも、ご相談・ご依頼くださるクライアント様がいらっしゃいます。 有難い事に、

記事を読む

2016年最新SEOトレンドは、この4つをおさえるべし

2016年も始まって2週間。やっと今年1記事目の高橋です。 今年もよろしくお願いします。

記事を読む

検索エンジンに評価される良い記事とは?

SEO効果の高い【良い記事】と【悪い記事】

どうも。忙しぶって記事更新をしない高橋です。 約1ヶ月ぶりです。 今回は、記事(≒コンテ

記事を読む

日本語ドメインはSEO効果あるの?

これが推奨ドメインだ!日本語ドメイン非推奨のわけ

数千の種類があるドメイン。 ここでは、これから新規にドメインを取得しサイトを立ち上げようと

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑