無料のSEOツール!プロが使う七つ道具!(順位チェック・被リンクチェック・検索ボリュームの取得・サイト表示速度・他)

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

タダで使える優良SEOツールはこれ!
インハウスでSEOを進めるなら、活用したいツールを一挙にご紹介。
日頃の作業を効率よく進めるために活用しましょう。
七つ道具のつもりが10個になりました!すみませんでした!

順位チェック系ツール

メインキーワードの順位チェックしてますか?
最低でも3日に1回は順位を記録すべきでしょう。(推奨は1日1回)
記事別のロングテールまで順位を取り、日々の改善に活かせているならパーフェクト!

GRC

GRCのキャプチャー順位取得ツールで最もポピュラーなソフトです。
無料版でも3URL、20キーワードまで順位取得が出来ます。
通常考える使い方であれば、必要な機能は全て揃っています。安定感はピカイチです。

Yahoo!、Google、Bingの測定のほか、モバイル版でGoogleモバイルの順位取得もできます。
http://seopro.jp/grc/

ランキングチェッカー

のキャプチャーこちらはインストールが不要なため、どこでもささっと順位測定が出来るウェブサービス。
一度に5キーワードで順位取得が出来る点が魅力です。
取得エラーとなっていることも少なく、Yahoo!、Google、Bingの順位が取れます。
過去データを蓄積することやグラフで出力するといったGRCと同等の機能はないため、1回きりの順位取得には良いサービスです。
http://broadentry.com/rankingchecker/

被リンクチェックツール

Yahoo!の「link:」コマンドが使えなくなって以降、競合の被リンク調査や自サイトの状態把握には被リンクチェックツールの活用が必須です。

ここでも無料で利用可能な被リンクチェックツールをご紹介します。

Moz(旧SEO Moz)

のキャプチャー英語サイトですが、世界的に見て最も有名な被リンクチェックツールでしょう。
日に3URLまでと制限付きですが、自サイトの調査や競合の調査程度であれば無料版で十分だと思います。
利用方法は簡単で、URL窓に調べたいサイトURLを打ち込み、「search」ボタンを押すだけです。

被リンク元サイトのリストに加えて、一部サイトでのアンカーテキストまで確認できます。
有料版も月99ドルからと導入しやすい為、チェックする競合サイト数が多い場合には有料版も検討すると良いと思います。
※私も有料版を使っています。代わりのないツールだと思います。
https://moz.com/researchtools/ose/

Majestic

のキャプチャーこちらは日本語でも利用できるサイトです。
MozかMajesticかと言われる2大サイトのもう一方です。
Mozに比べ、ナチュラルリンクとはなんぞや?という視点でサービス設計がなされています。競合が不自然なリンクビルディングを行っていないか、自サイトへの被リンク状況の評価を見たいといった場合にはMajesticでしょう。
こちらも無料版で大体の機能を利用できます。
有料版は49.99ドルから。
https://ja.majestic.com/

検索ボリュームの取得ツール

検索がないキーワードで対策をしても、それは無人島で商売をする行為と同義です。
SEOの基本中の基本である検索ニーズを探るための有効ツールをご紹介します。

フェレット・キーワードアドバイスツール

のキャプチャーあなたのビジネスの中心的なキーワードを入れることで、複合語の検索ボリュームまで一気に取得できる優れたツールです。
会員登録が必要ですが、無料で利用できます。
http://tool.ferret-plus.com/tkwsearch

Google AdWords キーワード プランナー

のキャプチャー紹介する必要があるのか考えましたが、念の為。
Google AdWordsアカウントがないと利用できませんが、キーワードボリュームを見る上でもっとも重要なツールです。
この記事内で紹介するツールで、もっとも使っているサービスだと断言できます。
オプションは「キーワードの検索ボリュームを取得、またはキーワードを広告グループに分類」が使い勝手が良いと思います。
https://adwords.google.co.jp/keywordplanner

サイト表示速度ツール

サイトの表示速度は順位決定要素の一つです。
ご自身のウェブサイトの表示速度を知ること、そして課題点を見つけること、改善効果を測定することが重要です。

SRC速度測定

のキャプチャー以前、当ブログでも紹介したサイトの表示スピードを測るツールサービスもSEOツールの一つといえるでしょう。
SEO効果あり!ページ表示速度の改善方法
上記記事で紹介した表示速度が遅い原因を探るツールです。
http://sp.longseller.org/

GTmetrix

のキャプチャー
Google、Yahoo!での表示速度を分かりやすいスコアにして示してくれるサービスです。
ランクの低い箇所を重点的に見直すことで、効率よくスコアを伸ばすことが出来ます。
http://gtmetrix.com/

その他ツール

類語辞典

のキャプチャーキーワードを膨らませる際のヒントに。
類語、同義語等は考え悩むよりも辞書ツールが便利です。
http://thesaurus.weblio.jp/

ubersuggest

のキャプチャーキーワードのサジェスト候補や虫眼鏡候補をリスト化するサービス。
ビッグキーワードで対策せずに、ミドルやスモールなキーワードを拾いに行く際には大変重宝するツールです。
http://ubersuggest.org/

ツールは日々の業務を手助けするもの

いかがでしたか?日々の繰り返し業務や地味な作業を代わりにツールに任せることが出来そうでしょうか。
ツールは人間がする必要のない作業や、人力では到底出来ない作業を代わって行うものです。
間違っても、
・被リンクを増やす
・コンテンツを生成する
といった使ってはいけないツールと区別して考えるようにしましょう。

 

関連記事

地方都市の店舗ウェブ集客を成功させるには

【SEO対策】札幌・帯広出張で感じた地方のウェブ集客はエリア名SEOの捉え方が難しい

先週、札幌・帯広へお仕事で伺った際に夕方ビジネスホテルで書類整理や荷物整理をしながらテレビを

記事を読む

コンテンツの文字数とSEO効果

コンテンツSEOには文字数は重要?

さあ!頑張ってコンテンツを自社で作ろう! となった際、多くの方が一番初めに疑問思うのが文字

記事を読む

タイムスタンプのみ更新すれば、新鮮なサイトだと判定されるの?

SEO対策効果を高めるためにサテライトサイトのタイムスタンプを更新するべき?

今回のお話は『タイムスタンプ』です。 先日(といっても、1ヶ月近く経過してしまった)とあるアフ

記事を読む

SEO対策について実りある相談をするには

SEO対策の何を相談したら良いかが分からないあなたへ。

10年ほどSEOエンジニアをしていますので、それはもう数百件(1000件を超えている?)のS

記事を読む

bとstrongの違い

bタグとstrongタグの違いをSEO観点とhtml(html5)観点で分かりやすく

今回はbタグとstrongタグ、その関連タグについて扱います。今回登場するタグは <

記事を読む

サーバー変えるだけで順位が上がる?

SEOとサーバーの関係性。SEOに強いサーバーはあるのか?

SEO知識を高めることに多くの時間や費用を掛けているサイト管理者であるにも関わらず、そのサイ

記事を読む

職種SEOコンサルタントって?

SEOコンサルタントとはどんな仕事?(弊社サービス紹介も少し)なるには要件や資格が必要?

SEOコンサルタントになろうか考えている方、SEOコンサルタントを雇うべきか考えている方のご参考に

記事を読む

404ページ設定は必要ですか?

SEOに効く404エラーページを作成しよう!WordPress設定の仕方も

古いページを削除したため404エラーが発生している場合や、誰かが張ってくれたリンクのパスが誤

記事を読む

格安料金のSEOを使う前に知っておくべきこと

激安料金のSEOサービスにはリスクが伴う

激安価格のSEOサービスはなぜ超低価格で販売が出来るのか。 このカラクリをご紹介します。

記事を読む

上位表示されない!困った!

サイトやブログが上位表示されない時、初めに確認すべき5つのこと

あなたのサイトやブログは上位表示していますか? サイト全体で狙っているキーワード、ページ単

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑