SEO対策をかけるキーワード数はページあたり何個まで?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, 内部SEO

   
 
   

1ページで最適化するキーワード数は欲張るとダメ?

あれもこれもと欲張りたくなるターゲットキーワード。
ここでは、1ページに対しいくつのキーワードを最適化すべきか、またどこまで欲張ることが許されるのかを中心にまとめています。
どこまでターゲットキーワードを欲張るかで悩んでいる場合にはこの記事が役立ちます。

1ページ1語まで。これが基本!

まずは大原則です。
キーワードで最適化を行う場合、1ページあたり1キーワードが原則です。
ここでの1キーワードとは、複合でも構いません。

というのも、複数のキーワードを採用すると、同一ページ内で複数のコンテンツが掲載されることとなります。
これは検索経由でアクセスする場合、該当部分が分かりづらくユーザーへの配慮に欠きます。
具体例を挙げてみてみましょう。

・スポーツウエア ナイキ 通販
このキーワードで最適化されたページは、ナイキ社製のスポーツウエアが販売されているページかと思います。

・スニーカー アディダス 送料無料
このキーワードであれば、アディダス社のスニーカーを送料を支払わず購入できるページであるべきです。

・スニーカー ナイキ アディダス 比較
このキーワードであれば、両社の機能や価格、スポンサーとなっているチームや選手情報を比較出来るコンテンツが望まれるでしょう。

では、
・スポーツウエア ナイキ 通販
・スニーカー アディダス 送料無料
この2つのキーワードで最適化したページがあった場合、いくつかの問題が起きます。
一つ目は、ナイキ社のスポーツウエアが先頭に表示されており、アディダス社のスニーカーが見つからないケースです。
二つ目は、予期していない複合キーワードでの流入を得てしまう場合です。「スポーツウエア アディダス 送料無料」で流入を得てしまった場合や、「スポーツウエア ナイキ 送料無料」でアクセスしたらアディダス社商品のみ送料無料だったケース等が挙げられます。

同時に掲載する商品を全て同一条件にすることは現実的には不可能です。

でも凄いスモールなキーワードを狙うから欲張りたい

スモールなキーワードを狙う時こそ、1キーワードで最適化すべきです。
それだけ目的が明確なユーザーな訳ですから、求めるものを素早く返す必要があります。

ただ、キーワードを増やしても1語として扱える優れたキーワードが存在します。
それは、「同義語」です。
“通販”は略称ですから、通信販売は当然のことネット通販も同義でしょう。
「美容室」を「美容院」「ヘアサロン」に置き換えてターゲットとした場合であっても、検索ユーザーの目的はどの単語であっても満たすことが出来ます。

他に幅を広げる方法に、より大きなカテゴリ名称やより絞り込んだ名称を追加する方法があります。
例えば、
洋服 > 女性用洋服 > ワンピース > 花柄ワンピース
これはカテゴリの大小を示したものです。
ターゲットキーワードが「花柄ワンピース 通販」であった場合に、
「ワンピース 通販」や「女性 洋服 通販」や「レディース 洋服 通販」は含めやすいキーワードだと言えます。

実際には、極端に大きなカテゴリ名称をキーワードに採用するとページが合わないケースや難易度が極端に上がるケースも多いため、注意が必要です。

まとめ

1ページで狙うキーワードはひとつにしましょう。
欲張りたい場合で、ロングテールが拾えると嬉しいなといったキーワード難易度であれば、単語の言い換えが出来ないか確認しましょう。

 

関連記事

SEOの要因に直帰率は含まれるの?

SEOとの関係性。直帰率が高い、離脱率が高いと順位は落ちる?

この記事では、一般的なWEBサイトやLPへオーガニック経由でアクセスがあった場合の直帰率や離

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

地域名SEOに再注目!

地域名でSEO!ドアウェイページが一掃されてチャンス到来?

商圏エリアが限られるビジネスをされている方々に朗報です。 地域に根ざした商売をする方にとってプ

記事を読む

プログレッシブ エンハンスメントとは?

プログレッシブ エンハンスメントとは?Googleの推奨するサイト構築法

2014年10月末にGoogleはウェブマスター向けに技術に関するウェブマスター向けガイドラ

記事を読む

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

検索エンジンのユーザーシェアはどこが多い?

検索エンジンシェアをアンケートとって調べてみた

先日検索エンジンの利用調査アンケートを実施しました。 簡単に言えば「どこの検索エンジンを使

記事を読む

エグジフ情報をGoogleは読んでるの?

検索エンジンはExif情報(画像ファイルのプロパティ)を取得しているかの実験

今回は画像ファイルにあるExif情報を検索エンジンは読み込み、検索結果を決定する上で使用して

記事を読む

SEOテキスト広告とは?

SEOテキスト広告って?テキストリンク広告の選び方

SEOテキスト広告をご存知ですか? 無理やり広告と付けていますが、これは有料リンクサービスです

記事を読む

同義語や類語とSEOの関係

同義語や類語や対義語を上手に使うとSEO効果があるのか?

Googleはコンテンツジャンルをアルゴリズムで判別しています。 では、そのアルゴリズムで

記事を読む

ドメイン移転時のリダイレクト設定とは

ドメイン移転の際は、.htaccessファイルでリダイレクト設定を忘れずに【必須手順】

ウェブサイトの運営過程で、サイトドメインを変更するケースもあるでしょう。 中には、あるどメイン

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑