スマホ最適化がSEO要素(順位決定要素)になる事が決定!

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, 内部SEO

   
 
   

スマホ最適化すると上位表示する?

一言で言えば、「スマホ対応していると順位が上がる」というお話。
難しく言えば、モバイルフレンドリーか否かが順位決定要素の1つとなったというお話。

新要素の追加は2015年4月21日(火曜)スタートです。
約2ヶ月間で何をすべきか見ていきましょう!

これが4/21までにすべきリスト

順を追って見ていきましょう。

まずは現状をチェックします

あなたのサイトの現状を確認します。
ここではGoogleのモバイルフレンドリーテストを利用します。
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/
mbtest
URLを入れて分析してみましょう。

問題があった場合には、
モバイル フレンドリーではありません
「モバイル フレンドリーではありません」と表示されます。

モバイル対応ではない理由を潰していこう

多くの場合で、問題の主原因は

  • モバイル用viewportの設定
  • テキストサイズ
  • 幅の指定

この辺りになるかと思います。

モバイル用viewportの設定

横幅は端末の画面幅に合わせるよという場合:

<meta content="width=device-width" name="viewport">

初期のズーム倍率だけを指定する場合:

<meta content="initial-scale=1.0" name="viewport">

両方を指定する場合はカンマで加える:

<meta content="width=device-width, initial-scale=1" name="viewport" />

開いた端末がスマホならばスマホの画面横幅に合わせて表示させる(320pxとか)ことで見やすいよねというお話。

テキストサイズ

これはズーム倍率が1.0倍であれば通常問題は出ないと思います。
ページを開いた状態で、文字サイズが10px以上であることが望まれます。これよりも小さい場合、読めるサイズに変更します。
常識で考えると10pxは小さすぎると思います。モバイルユーザーは外出先での利用など、環境はデスクトップに比べ良くないでしょうから、ある程度余裕を持ったフォントサイズを設定しましょう。

幅の指定

先のviewport指定に誤りがなければ、モニタサイズにぴったり(または320px等指定のサイズ)となりますから幅が超えていることは起きません。
もしこの問題が起きるならば横幅を小さくする又はモニタサイズピッタリになる可変幅を採用しましょう。

モバイルSEOガイドをチェックする

Googleはモバイル用に設定すべき点や、理解しておくべきポイントをまとめたモバイルSEOガイドを準備しています。
https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/mobile-seo/
モバイルフレンドリーの理解と、PCとのコンテンツ重複(URLが異なる場合の)を回避する基本設定、クローラー制御で注意すべき点、ガラケーとタブレット(ファブレット)への最適化についてが触れられています。

特別な内容ではなく、以前より言われている基本的な内容です。

CMSを使っている場合

GoogleではWordPressを利用している場合の対応策として、モバイルフレンドリーなテーマを選ぶとなっています。

実際には、多くのコストを掛けて作成したデザインがベースにあり、これをいかにスマホ最適化させるかが実際の作業だと思います。
WordPressサイトであれば、レスポンシブデザインとなるようコーディングを編集するかスマホ最適化用のプラグインを用いる方法があります。(スマホであれば異なるcssを読ませる方法等あげればいろいろありますね。)

端末や回線、ブラウザを問わないコンテンツ提供

正にこれです。
プログレッシブ エンハンスメントの考え方はIE6やIE7を意識するものだけではなく、最新のスマホから化石ブラウザまでを考える事です。
最近のSEOはユーザビリティーを考えることやユーザー満足度を考えることにかなり接近しており楽しいですね。
プログレッシブエンハンスメントとコンテンツ提供については今後も話題にしていきたいと思っています。

プログレッシブ エンハンスメントとは何?という方は、プログレッシブ エンハンスメントとは?Googleの推奨するサイト構築法をどうぞ。

 

関連記事

ヤフー虫眼鏡の仕組みは?

ヤフー検索の虫眼鏡はどんな仕組み?

新年明けましておめでとうございます。 今年も検索エンジンマーケティングに関するポストを様々

記事を読む

SEO社内研修を選ぶなら

SEO研修で学ぶべき技術

今回は、SEO研修を導入する際に知っておくと良い点を分かりやすく説明したいと思います。 そ

記事を読む

2020年トレンド

2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始めのトレンド予測、1月も下旬です

記事を読む

URLにwwwはつけるべき?

URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。 この頃はウェブサイトはwww.exam

記事を読む

Google検索に引っかからない時の対処法

検索に引っかからない時、サイト管理者が確認すべきこと

あなたのサイト(ホームページ)やブログが検索エンジンに引っかからない場合、このポストにそいチ

記事を読む

2019年のSEO

2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと思います。情報を丁寧に書こうと

記事を読む

h1タグにキーワード入れるとSEO効果あるの?

h1タグのSEO効果。実験してみたらこうだったな話

タイトルタグの重要性は調査するまでもなく超重要ですが、見出しタグの効果はどうも実感できないと

記事を読む

背景色と文字色の推奨される明度差は?

SEOスパム?守るべき背景色と文字色の明度差

先日、googleガイドラインって何?Googleガイドラインを完結にまとめてみたにおいて、

記事を読む

ドアページでの集客はだめ?

ドアページとはスパム行為なの?

ドアページを大量に生成し検索エンジン経由でのアクセスを得ようとするサイト管理者は今でこそほと

記事を読む

フラッシュサイトは検索結果から外される?

フラッシュ利用サイトは順位が落ちる?スマホ検索で【Flashを使用。お使いの端末で動作しない場合があります。】

今回のテーマは『フラッシュ(Flash)』です。 リッチなコンテンツを用意する上で重要

記事を読む

 
 
2020年トレンド
2020年のSEOトレンド

明けましておめでとうございます。(いまさら!)毎年書いていた年始め

2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

→もっと見る

PAGE TOP ↑