URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

URLにwwwはつけるべき?
一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。
この頃はウェブサイトはwww.example.comといった『www.の付いた』URLが多くありました。

皆つけているから自社でもwwwを付けよう!といった大企業にならえで多くのサイトがwwwありでの運用をしてきました。
今回はこの『www』のお話。

wwwが付くのと付かないの、どちらが有利?

簡潔に答えるならば、wwwなしが有利です。
本質として差はありません。

wwwなしが有利となる根拠

wwwが付くことによるプラス要因が存在しません。
つまり、wwwを付けることを誰も推奨していませんし、付くことによりサイトに権威が与えられるわけでもありません。ですから、wwwが付こうと付かまいとウェブサイトの評価そのものには何の影響もありません。

ではなぜwww無しを有利としたかの本題です。
これは、2つの理由から考えられます。

URLが省略されにくく、言及を得やすい

twitterなどでURLをつけてつぶやくと、長いURLの場合には短縮URLに差し替わったり、後半が『…』と省略される場合があります。
省略されることで、被リンクのアンカーテキストは本来のURLではなくなります。
ですから、重要なキーワードを含んだURLであっても、省略によりその効果が半減しますし、URLがウェブサイト上(ネット上)で話題になっているという『言及』要素において、得られるはずの価値を一部失う可能性があります。

絶対パスでのソースが重くなる

WordPressサイトでもそうですが、内部リンクや画像へのパスは絶対パスで記述されます。

上記がこのブログでの例ですが、wwwが付くことで内部リンクや画像へのパスは半角で4文字多くなります。
巨大なサイトになり、内部リンク本数も増えてくればその差は大きなものになります。
ファイルが不要に重くなることは、速度低下やリソースの消費に繋がります。
このことから、wwwはないことが有利となります。

ほぼ差はない。だからこそ無しを選ぶ

いかがだったでしょうか。
そもそも、ありなしに違いはありません。
短いことが有利であり、長くなることが不利である僅かな差を気にするのであればwwwなしでサイトを立ち上げましょう。

ドメインの決定、URLの決め方あたりはこのブログ内でも人気コンテンツです。
SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?
これが推奨ドメインだ!日本語ドメイン非推奨のわけ

wwwありなしに関わらず、正規化の設定も忘れずに行いましょう。wwwありから、なしに移行する場合には必須です。
URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

スポンサーリンク

関連記事

SEOの要因に直帰率は含まれるの?

SEOとの関係性。直帰率が高い、離脱率が高いと順位は落ちる?

この記事では、一般的なWEBサイトやLPへオーガニック経由でアクセスがあった場合の直帰率や離

記事を読む

2017年のSEOトレンド

2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO要素、SEOの歴史を振り返りな

記事を読む

検索エンジンのユーザーシェアはどこが多い?

検索エンジンシェアをアンケートとって調べてみた

先日検索エンジンの利用調査アンケートを実施しました。 簡単に言えば「どこの検索エンジンを使

記事を読む

オーサーランクを上げるのが大事なの?

オーサーランクは気にするな!多過ぎる勘違い

Googleがオーサーシッププログラムを終了した現在において、オーサーランクにおける勘違いを

記事を読む

上位表示されない!困った!

サイトやブログが上位表示されない時、初めに確認すべき5つのこと

あなたのサイトやブログは上位表示していますか? サイト全体で狙っているキーワード、ページ単

記事を読む

改善方法【続編】

ページ表示速度の改善方法【続編】

前回(SEO効果あり!ページ表示速度の改善方法)に引き続き、ページの表示速度改善を実例を含め

記事を読む

モバイルフレンドリーで大きな影響は出た?

モバイルフレンドリー要素追加での検索順位変動[現在のSEOへの影響]

4/21の新要素追加から早いもので1週間が経過しました。 リリース直前での案内では数日から1週

記事を読む

ブラックハットSEOってどんな意味?

ブラックハットSEOの手法を正しく理解して欲しい(切実に)

当ブログでは、内部ソースの最適化やコンテンツの最適化をテーマにした記事や、サイトの表示速度に関す

記事を読む

SEO外部対策の仕方は?

外部SEO対策の方法(ホワイトとブラック)

SEOには、内部と外部がありますね。 内部対策は地道にサイト編集することでより良く最適化さ

記事を読む

2016年最新SEOトレンドは、この4つをおさえるべし

2016年も始まって2週間。やっと今年1記事目の高橋です。 今年もよろしくお願いします。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑