SEOとサーバーの関係性。SEOに強いサーバーはあるのか?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

サーバー変えるだけで順位が上がる?

SEO知識を高めることに多くの時間や費用を掛けているサイト管理者であるにも関わらず、そのサイトを支えるサーバーには無頓着な場合がある。
このポストでは、SEOに強いサーバーとは?を考える上で重要な比較すべきポイントを記載しています。
SEOエンジニアであれば当たり前の内容ですが、SEOエンジニアを雇わず出来ることから始めようというタイミングであれば、この記事を参考にしサーバーについて考える事を強く薦めます。

SEOに強いサーバー、比較すべきポイント。

サーバーには安価な共用サーバーからVPS、専用サーバーと多種多様なサービスが存在します。
原則、費用が高価なサービスほどサーバーのスペックが良好なため、サイト運営を行う上で快適であることは当然でしょう。
また、多くのウェブサイト上でスペックの比較やコスパ比較がなされている現状、有名サービスの比較は彼らに任せ、「この点が優れているとこのような理由でSEO効果がある」点に絞って解説を進めたいと思います。

最低限として

コンテンツ追加や更新の重要性がさけばれる中、順次増え続けるコンテンツのリストページは動的生成に頼りざるを得ないかと思います。
またURLの正規化を行う事なども含めると、CGI、データベースが利用できることに加え、htaccessファイルの設置が許可されたサーバーであることは最低限として確認する必要があるでしょう。
SEO視点でのURL正規化が重要であることは、別ポストを参照下さい。URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

表示速度

サイトの表示速度は、順位を決定する要素のひとつです。
当然、かぎりなく0秒に近いことが望まれます。
表示速度そのものも順位決定要素ですが、表示速度が遅いサイトにおいては、表示が完了せず直帰するユーザーが増えることでしょう。直帰率が極端に上がる(サイト滞在時間が極端に短くなる)とコンテンツがマッチしていないことを検索エンジンは疑います。
サイト滞在時間が短くなったり、表示速度にストレスを感じる場合ユーザーの満足度は下がります。これはコンテンツが優れていても、サイト(ページ)全体での総合評価点を押し下げ、シェアや被リンクの期待を奪います。

負荷で落ちないこと

月間数万程度のトラフィックで落ちるサーバーでは、一時的なアクセスの集中においてもサーバーダウンは免れません。
503エラーで見込顧客との接点を失うことは想像以上の損失ですからSEO以前に留意すべきですが、「サイトが正常に表示されない」ことはSEO視点でマイナスです。
内部リンク、外部リンクにおいてNot Found(404エラー)を返すページヘのリンクを定期的に削除することの重要性はご存じの方も多いかと思います。
ユーザー視点では該当ファイルが見つからない404エラーも、サーバー過負荷による503エラーも同様の状態です。
リンクを貼ってくれている他サイトの管理者にとっても困りもののリンク先だと感じるでしょう。

1台への収容サイト数が少ないこと

サイトの信頼性(一般にサイト・オーソリティーと呼ばれますね)を向上させることがSEOの本質ですが、そのサイトを支える「サーバーの信頼性」も重要です。

ではサーバーの信頼性とはサーバー管理会社の社会的信用度でしょうか?
答えは否。
このサーバーの信頼性は、同一サーバーを利用したサイトの信頼性に影響を受けます。

つまり、100のサイトが収容されたサイトであれば100のサイト内にアダルトサイトやスパムサイトがいくつ含まれるか等も見られます。
専用サーバーへ自社管理する1サイトのみ収容している場合では、同一サーバー上の他サイトはありませんので、サーバーの信頼性をマイナスにする要素はないことになります。
※ここでいう同一サーバー内のサイトとは、同一IPアドレスを持つサイトを指します。

セキュリティー

サイトが悪意の第三者により改ざんされた場合、サイトの信頼性が大きく落ちることは想像に易しいかと思います。
DoS攻撃を受けた場合やDDoS攻撃に利用されてしまった場合への備えが重要です。被害を受けないことも重要ながら攻撃を受けた場合にいかに速やかな対処がなされるかも重要です。
CMSを導入予定であれば、より慎重になるべき点です。サイトやサーバーがGoogle Safe Browsing等のブラックリストへ登録されることはトラフィックを失うことと同義と言って良いでしょう。

サイトのHTTPS化が容易であること

先日、Googleがセキュアな接続を推奨すると発表したことはご存知でしょうか?
当ブログでも、SSL導入でのSEO効果についてポストを書きました。
SSL導入でSEO効果アップ?順位アップ!?
独自SSLの導入が容易であることはサーバーサービス選択時に意識すべき点となりました。

スタートアップ企業でも利用できる価格帯のサービス

職業柄、サーバーについての相談は非常に多く頂きます。
SEOエンジニアの視点で、どこのサーバーがおすすめか?または法人が利用するサーバーとしてどこがおすすめかといった内容が中心です。

そこで私が答えるサーバーは2社あります。
ひとつはエックスサーバー(月1000円~)、もうひとつはCPIサーバー(月3800円~)です。

※どちらのサーバーを利用しても、2社以外のサービスを利用しても私に利益がある訳ではないので、素直な意見として書かせて頂きます。

まず両者とも達成すべき点はすべてクリアしていると言えます。
さらにCPIサーバーは高い水準でクリアしていると言えます。
月1000円も3800円も差は気にならないから、より良いものをと考える経営者はCPIサーバーが良いと思います。
3800円は高い!と感じる方はエックスサーバーが良いと思います。

他社の安価なサービスで有名なものに、さくらレンタルサーバーやロリポップサーバー、ギガサーバー、クイッカサーバー等が挙げられますが、これらはビジネス用途に耐えません。
「名刺にURLを書いているから、1ヶ月に数十UU程度のアクセスがあってね」といったサイト管理者であれば良いかもしれませんが、ウェブマーケティングを行う企業が利用するサーバーとしては不適当です。

SEOを強化する上で、サーバーの見直しも検討中であれば2社のサーバーを比較してみると良いでしょう。
・エックスサーバー(http://www.xserver.ne.jp/price/price_x10.php
・CPIサーバー(http://www.cpi.ad.jp/shared/

 

関連記事

SEOテキスト広告とは?

SEOテキスト広告って?テキストリンク広告の選び方

SEOテキスト広告をご存知ですか? 無理やり広告と付けていますが、これは有料リンクサービスです

記事を読む

リスティングとSEOどっちが費用対効果が良い?

リスティング広告とSEO対策どちらが優れているか?

リスティング広告とSEOのどちらを採用すべきかについて考えていきましょう。 まず設問を全否

記事を読む

URLにwwwはつけるべき?

URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。 この頃はウェブサイトはwww.exam

記事を読む

キーワードの作り方と選び方

キーワードの作成と選定

今回は、コンテンツを作成する際に『どのキーワードで上位表示を目指すか』のキーワードについてで

記事を読む

地域名SEOに再注目!

地域名でSEO!ドアウェイページが一掃されてチャンス到来?

商圏エリアが限られるビジネスをされている方々に朗報です。 地域に根ざした商売をする方にとってプ

記事を読む

1ページで最適化するキーワード数は欲張るとダメ?

SEO対策をかけるキーワード数はページあたり何個まで?

あれもこれもと欲張りたくなるターゲットキーワード。 ここでは、1ページに対しいくつのキーワ

記事を読む

リンクネットワークって何?

リンクネットワークとは?SEOスパムに無意識に参加するリスク

知らずにリンクネットワークとつながり、手動スパム判定を受けることのないよう注意が必要です。

記事を読む

ヤフー虫眼鏡の仕組みは?

ヤフー検索の虫眼鏡はどんな仕組み?

新年明けましておめでとうございます。 今年も検索エンジンマーケティングに関するポストを様々

記事を読む

背景色と文字色の推奨される明度差は?

SEOスパム?守るべき背景色と文字色の明度差

先日、googleガイドラインって何?Googleガイドラインを完結にまとめてみたにおいて、

記事を読む

日本語ドメインはSEO効果あるの?

これが推奨ドメインだ!日本語ドメイン非推奨のわけ

数千の種類があるドメイン。 ここでは、これから新規にドメインを取得しサイトを立ち上げようと

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑