【SEO要素】発リンクは多すぎるとペナルティーを受けるのか

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 スパム, 内部SEO

発リンクは多いとダメ?

2009年頃までは発リンクはページあたり100本までと言われていました。というのも、Googleが100本以内に抑えるようにオフィシャルに公開していました。
これはGoogleのクローラーが回りきれないといったシステムサイドを原因とした数字であって、現在のクローラーでは数百本のリンクであっても正常にクロールされます。

結果として、現在のGoogle公式ページでは、

1 ページのリンクを妥当な数に抑えます。
※引用:ウェブマスター向けガイドライン

という表現に差し替わっています。

では、無制限に増やしてもペナルティーを受けることは無いのでしょうか?
そもそも妥当な数とは、何を持って妥当なのでしょうか?

ペナルティーを受けた例

まずはじめに、極端に多い発リンクと言われて200本とか300本(または1000本とか1万本とか)を想像するかと思います。

実際には、1ページから30本の発リンクでペナルティー判定を受けた事例があります。
分かりやすく事例のサイトデータを紹介します。
ペナルティー事例1:

  • 中古ドメイン
  • ドメイン取得後6ヶ月
  • 10ページ構成
  • WordPressサイト
  • ページあたり文字数1000文字~1200文字
  • TOPページ発リンク数30本
  • 下層発リンクなし

ペナルティー事例2:

  • 新規ドメイン
  • ドメイン取得後1年6ヶ月
  • 10ページ構成
  • 静的htmlサイト
  • ページあたり文字数1000文字~1200文字
  • TOPページ発リンク数30本
  • 下層発リンクあり(数本/ページあたり)

状況として、インデックス削除を受け、一切のページが検索結果には表示されなくなりました。
共通して言えることは、サイトジャンルと発リンク先サイトジャンルがバラバラであることです。
また人間による目視が入れば、リンクジュースを渡す目的の人口リンクであることが明らかなサイトです。

つまり、サイトのドメインや構造などには引っ張られず、リンクの本数という指標も曖昧であると言えます。
異常な数値を示すページであった場合に、該当ページからのリンク効果を弱めたり、無効化する可能性は否定しません。
しかし、多くの場合で発リンク数が多い場合のペナルティーは自動ペナルティーではなく、手動である点です。
※発リンク数が極端に多くなると、1本のリンク効果は分散され、そもそもほぼ無価値に近いリンクとなります。

ガイドライン違反であるかどうか

結局のところ、ペナルティーを受けた理由が発リンク本数が多いからとなるケースは相当稀だと思います。
大切なことはリンクの関係とリンク先の評価です。

  • リンクジュースを渡すことが目的である
  • リンク先ページがマルウェア感染している
  • リンク先ページがリンクファームに参加している

上記に該当するサイトやページヘのリンクはリスクになるでしょう。
または一つでも該当することで目視チェックのフラグが立つ場合もあると思います。

発リンクはコントロールできるからこそ責任も重い

リンクを設置するのは【あなた】です。
ですから、リンク切れが起きた場合も、リンク先ページの品質が低下した場合も、リンク先ページと自ページの関係性に問題が起きた場合も、全てあなたに責任があります。

特に相互リンクやリンクファームへの参加で手動ペナルティーが与えられる場合のチェックフラグは一定量以上の発リンクと被リンクの組み合わせで起きると考えています。ですから、無差別な発リンクは非常にリスクが高いと言えます。

まとめ

発リンクは本数が多いから危ない訳ではない。
ガイドラインに違反した行為であったり、違反サイトへのリンクが危ない
目視されて問題のないページであれば、何本でも構わない
妥当とは、常識の範囲を指すものであり、具体的な指標はない

スポンサーリンク

関連記事

1ページで最適化するキーワード数は欲張るとダメ?

SEO対策をかけるキーワード数はページあたり何個まで?

あれもこれもと欲張りたくなるターゲットキーワード。 ここでは、1ページに対しいくつのキーワ

記事を読む

リンクの色や下線は必要?

リンクの文字色や下線はあったほうがSEO効果が高い?

今回はSEO視点でリンクのマークアップについて迫りたいと思います。 かなり初心者向けの基礎

記事を読む

トップレベルドメインってなに?

被リンク元サイトのトップレベルドメイン名が偏るとSEO対策スパム?ドメインの一覧付き

皆さんが普段見かけるドメインはどういったものですか? .comや.netはよく見かけますね

記事を読む

同義語や類語とSEOの関係

同義語や類語や対義語を上手に使うとSEO効果があるのか?

Googleはコンテンツジャンルをアルゴリズムで判別しています。 では、そのアルゴリズムで

記事を読む

内部リンクの最適化方法は?

内部リンクを最適化しよう(実務者用ハイレベル)

今回は前回の2014/09/26のパンダアップデートについて(Googleアップデート)の最

記事を読む

直帰率とSEO

直帰率とはSEOとほぼ無関係の数値である

直帰率とは、1ページのみ閲覧し、同一ドメイン内の他ページヘ移動せずブラウザを閉じたり、検索結

記事を読む

URLの正規化って何?

URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

今回のテーマは『URLの正規化』です。 運営開始から間もないサイトでも、運用歴の長いサイト

記事を読む

フッターからの内部リンクはSEO対策になるの?

フッターからのテキストリンクはSEO効果がある?

多くのサイト管理者さんも4月末からスマホ対応やサイト表示速度への関心が強く、他の要素への興味

記事を読む

ブラックハットSEOってどんな意味?

ブラックハットSEOの手法を正しく理解して欲しい(切実に)

当ブログでは、内部ソースの最適化やコンテンツの最適化をテーマにした記事や、サイトの表示速度に関す

記事を読む

bとstrongの違い

bタグとstrongタグの違いをSEO観点とhtml(html5)観点で分かりやすく

今回はbタグとstrongタグ、その関連タグについて扱います。今回登場するタグは これ

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑