ページ表示速度の改善方法【続編】

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 SEO, 内部SEO

改善方法【続編】

前回(SEO効果あり!ページ表示速度の改善方法)に引き続き、ページの表示速度改善を実例を含め紹介していきたいと思います。

GTmetrixを使って問題点を洗い出そう

http://gtmetrix.com/ を利用し、チェック結果を元に最適化を進めていこうと思います。

URLを入力し、GOボタンで結果を表示します。このブログで確認したところ・・・・・
gtmetrix調査結果
ひどい!
Googleで【C】、Yahoo!で【D】です。もう少し上を目指してみようと思います。

Leverage browser cachingってのを改善しよう

これ、何が問題だと言っているかというと、キャッシュの保存期間が短いまたは設定されていないから、設定しようぜってことです。
このブログはWordPressのため、W3 Total Cacheプラグインが有名ですね。とりあえず入れてみます。
結果:F(22)からB(86)に改善しました。

WordPressではない場合、htaccessファイルでファイル名毎に指定するのがスマートです。
この記事が参考になります。
たった数分!ページ高速化のためhtaccessでキャッシュ設定は絶対やっておこう!
マークアップ例があるので、コピペだけでもいけますね!

Defer parsing of JavaScriptってのを改善するために、jsを後で読ませよう

この項目は、ジャバスクリプトをhtmlファイルや画像と一緒に読み込みさせる必要あるの?本当に?という項目です。

ページの要素に影響を与えるjsは読み込んでもらわないと困りますし、Analyticsのような滞在時間や離脱を測るjsは早めに読み込ませたいところ。
そこで、ここではtwitterとGoogle+のjsを後で読み込ませるよう設定してみました。
具体的には、

そうです、【async】を追加しただけですね。
asyncとdeferの違い云々はここでは割愛します。

で結果は、F(48)からD(69)へ少し改善

Minify CSS、CSSの無駄な改行などを無くしスッキリ

個人的には日常的に追加編集を行うcssを最適化すべきとまでは思いません。
一応、このポストの趣旨にそい最適化を行いました。
と言ってもoptimized versionとして示された凝縮ソースに差し替えるだけの簡単なお仕事です。
結果、E(55)からA(95)へ改善です。

ここまでの改善結果を見てみよう

gtmetrix_kekka2
共に約10%の改善です。ここまでで紹介した内容は1時間もあれば実践できる内容です。定期的な見直しにいかがでしょう。

今回は触れなかったこの2点

Optimize imagesの画像を軽くしましょうと、
Enable gzip compressionの圧縮転送あたりは機会があれば紹介したいと思います。

追記 2015/05/25:gzip圧縮転送の記事をあげました。Page Speed Insightsの点数を上げる「圧縮を有効にする」の方法説明
追記 2015/06/21:画像の最適化記事あげました。画像を最適化して軽くしよう!サイト表示速度改善策

スポンサーリンク

関連記事

フラッシュサイトは検索結果から外される?

フラッシュ利用サイトは順位が落ちる?スマホ検索で【Flashを使用。お使いの端末で動作しない場合があります。】

今回のテーマは『フラッシュ(Flash)』です。 リッチなコンテンツを用意する上で重要

記事を読む

SEOテキスト広告とは?

SEOテキスト広告って?テキストリンク広告の選び方

SEOテキスト広告をご存知ですか? 無理やり広告と付けていますが、これは有料リンクサービスです

記事を読む

2019年のSEO

2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと思います。情報を丁寧に書こうと

記事を読む

ファイルの転送速度を上げるgzip圧縮

Page Speed Insightsの点数を上げる「圧縮を有効にする」の方法説明

昨年末に投稿したページ表示速度の改善方法【続編】内にて、gzip圧縮や画像の最適化について触れて

記事を読む

背景色と文字色の推奨される明度差は?

SEOスパム?守るべき背景色と文字色の明度差

先日、googleガイドラインって何?Googleガイドラインを完結にまとめてみたにおいて、

記事を読む

フッターからの内部リンクはSEO対策になるの?

フッターからのテキストリンクはSEO効果がある?

多くのサイト管理者さんも4月末からスマホ対応やサイト表示速度への関心が強く、他の要素への興味

記事を読む

重複コンテンツはSEOスパム?

SEOエンジニア視点でどこからが重複コンテンツ?ペナルティー対象?リライトは?

重複コンテンツは絶対ダメ! ただコピー&ペーストした記事が完全なアウトであることは皆さんご

記事を読む

スマホ最適化すると上位表示する?

スマホ最適化がSEO要素(順位決定要素)になる事が決定!

一言で言えば、「スマホ対応していると順位が上がる」というお話。 難しく言えば、モバイルフレ

記事を読む

発リンクは多いとダメ?

【SEO要素】発リンクは多すぎるとペナルティーを受けるのか

2009年頃までは発リンクはページあたり100本までと言われていました。というのも、Goog

記事を読む

ブログの更新頻度が高いとSEO上いい?

ブログの更新頻度を上げるとSEO対策効果も上がる?トップページの場合には?

あなたがブログを定期更新している場合にはきっと更新頻度で一度は悩んだことでしょう。 また、

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑