地域名でSEO!ドアウェイページが一掃されてチャンス到来?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

地域名SEOに再注目!
商圏エリアが限られるビジネスをされている方々に朗報です。
地域に根ざした商売をする方にとってプラスに働くアップデートのお話です。

ドアウェイページへの対策が強化されますよ

昨月中旬(2015年3月16日)Googleはドアウェイページを締め出して、検索結果をより良いものに更新するとアナウンスしました。

An update on doorway pages:
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2015/03/an-update-on-doorway-pages.html

ドアウェイページという言葉を初めて知る方のために簡単に説明しますと、
ゴールとなるサイトへユーザーを向かわせる為に通過するページを指します。

ひどい!
絶望した!
我ながら酷い日本語で絶望しました。説明下手すぎ!

ドアウェイページの具体例を挙げます。(再チャレンジ)

キーワード「文京区 サイト制作会社」で検索し上位表示していたページにアクセスします。
文京区とはなんぞや!といった文章(Wikipediaから抜き取ったような文章)が書かれており、サイト制作会社を探している人は、サービス詳細ページを見てくれ!とリンクが設置されたページでした。

サービス詳細を確認し、相談の連絡をしようとしたところ文京区の会社ではありません
しかも文京区に隣接すらしていません。
このページはドアウェイページです。
検索エンジン経由でアクセスを得て、本丸であるサービス詳細ページヘアクセスを流し込むことを目的にしたページです。
文京区にある会社を探しているユーザーの気持ちを無視したページです。

ドアウェイページには大きく分けて4つの特徴があります。

  1. そのページに価値はない
  2. 目的のページヘ移動させたい
  3. 類似するページが多数ある
  4. 検索エンジンから呼び込むことを目的にしている

1.多くの場合で他ページと重複する情報や、他ページとの重複率を下げるための文章が入っています。
2.多くの場合で、サービスの販売ページや問い合わせを促すページに移動させます。
3.先の例であれば、千代田区や世田谷区、新宿区等のページも用意されています。
4.そのサイトのトップページから、地域ごとのページヘ移動し、何かを確認するよう促していません。検索エンジンから入ってくる前提で作られています。
※念の為、説明に用いたキーワードは例示であり、上位表示しているサイトは確認していませんし実在サイトとは無関係です。

アフィリエイターも大ピンチ!

上記の例は地域名キーワードでしたが、

  • ダイエット商品名 痩せる
  • カラコン 度なし 通販
  • 子供 安全 天然水

このようなキーワードで上位表示させたページに、ただアフィリエイトリンクを設置しただけのページもドアウェイページと見なされます。
ドアウェイページっぽいサンプル
今までも、このような無価値なページは上位表示しづらくなっていましたが、これからはよりページの価値に焦点が当たるようになっていきます。

読者にプラスアルファの価値を与えることが出来ない商品紹介ページはいくら量産してもネットの藻屑となるでしょう。

だからこそ、その場所に店舗や事務所があるなら地域名SEO

是非、次の内容を書き出して下さい。あなたが対策すべき地域名がはっきりするでしょう。

  • 八地方区分(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
  • 都道府県名(東京都、大阪府、福岡県など)
  • 市区町村名(新宿区、横浜市、堺市など)
  • 電車線名、駅名(JR線、山手線、東急東横線、秋葉原駅、両国駅など)
  • 有名な施設名(東京タワー、ユニバーサルスタジオジャパン、富岡製糸場など)
  • その他集まりに付く名称(温泉街、商店街など)

あなたが上位表示を目指すべき地域名ははっきりしましたか?
それぞれキーワードには意味があるはずです。

駅から近い店舗を探しているユーザーには、駅からの所要時間と道順を提供することが親切でしょう。
東京スカイツリー見物をした後に食事をしたいユーザーであったり、アミューズメント施設の近くに宿泊したいユーザーかもしれません。施設からの距離や雨が降った日の優位性等を伝えるとユーザーはあなたのウェブサイトをじっくり閲覧するでしょう。
あなたのウェブサイトがその地域の情報発信元となっても良いでしょう。この温泉地に来るなら立ち寄るべきスポットやおさえておきたい郷土料理を紹介しても面白いでしょう。

その地域で商売をしているからこその情報を、きっとユーザーは求めています。
地理的強みをウェブ集客に活かしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

オーサーランクを上げるのが大事なの?

オーサーランクは気にするな!多過ぎる勘違い

Googleがオーサーシッププログラムを終了した現在において、オーサーランクにおける勘違いを

記事を読む

2016年最新SEOトレンドは、この4つをおさえるべし

2016年も始まって2週間。やっと今年1記事目の高橋です。 今年もよろしくお願いします。

記事を読む

URLにwwwはつけるべき?

URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。 この頃はウェブサイトはwww.exam

記事を読む

相互リンク募集とかまだやってるの?

相互リンクを募集しているサイトと相互リンク?絶対ダメ!

もしあなたが、相互リンクを張り合ってくれるサイトを探しているなら、この記事を読んでから本当に

記事を読む

スマホ最適化すると上位表示する?

スマホ最適化がSEO要素(順位決定要素)になる事が決定!

一言で言えば、「スマホ対応していると順位が上がる」というお話。 難しく言えば、モバイルフレ

記事を読む

優秀なSEOコンサルはこうあるべきだ

SEOコンサルなら強く発信し、意見は断定的であれ!

普段書かないようなポストを。 SEOとは、正解が見えないものです。ブラックボックスのアルゴ

記事を読む

タダで使える優良SEOツールはこれ!

無料のSEOツール!プロが使う七つ道具!(順位チェック・被リンクチェック・検索ボリュームの取得・サイト表示速度・他)

インハウスでSEOを進めるなら、活用したいツールを一挙にご紹介。 日頃の作業を効率よく進めるた

記事を読む

コンテンツSEOセミナー開催しました(過去形)

コンテンツSEOセミナーへのご参加ありがとうございました。

昨日(2015年2月24日火曜日)コンテンツSEOセミナーを開催させて頂きました。 急な開

記事を読む

レスポンシブデザインはGoogle推奨なの?

レスポンシブデザインはSEOに有利?WordPress等のCMSでは?

この記事は、既に保有するサイトをレスポンシブ化しようか、または新規作成するサイトをレスポンシ

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑