SEOのご相談を頂いた際に、CMS導入を薦める訳

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

SEOを頑張るならCMS導入すべき?

もしあなたのサイトは静的なhtmlで制作されており、CMS導入をすべきか悩んでいるならこの記事が参考になります。
ここでは、昨今注目を集めているコンテンツSEOの実施を例に挙げ、なぜCMSであるべきかをまとめています。
想定するサイト像と比較し、自社の場合ではどうすべきかの参考にして下さい。

ウェブサイトの価値は、コンテンツで決まる時代になった

2011年以降、外部リンクからコンテンツにSEOの主戦場は移ってきました。
つまり、価値あるコンテンツをより多く、正しいマークアップでユーザーに届けることが大切になっています。

ここで問題となるのが【ページにして公開する】作業です。
一般にウェブサイトの場合、

  • コンテンツの設計
  • 原稿や写真の準備
  • デザイン
  • コーディング
  • サーバーアップ

このような工程を必要とします。
一人で全てを出来る方がサイト管理者であればいいですが、分業制の場合、他工程の影響を受けコンテンツリリースに至ります。
これではコンテンツのボリュームが増える毎に、工程間の調整役は疲弊します。これは問題です。

コンテンツは新鮮さが重要な時代となった

今、最新の情報が明日には古い情報になる場合もあります。
また誤った情報を掲載し続けることは企業の信頼にも関わりますから、必要なときに、すぐ、更新できる必要性は年々高まっています。
特に、会社概要を掲載するコーポレートサイトと異なり、情報発信型のメディアの場合、更新頻度は比較するまでもなく多くなりますし、公開ページ数が増えるほど各ページの新鮮さや正確性を保つことは難しくなっていきます。

管理が難しい共通部の扱い

グローバルメニューやサイドメニュー、カテゴリ毎の一覧ページなどはページ追加に合わせて更新が必要となります。
しかし、ページ数が増える毎に対象ページ数は膨大となり、個別に手動で対応することは難しくなります。
phpやjsで共通部を作ることも必要ですが、多くの言語を使うことはサイト管理者を限定する行為であり、ひとつの工程が詰まった場合、全てが止まってしまうリスクが伴います。

だからこそCMSを推奨しています。

WordPressを代表とするCMSの多くではこれらの問題は一瞬でクリアされます。

メディア立ち上げ時には通常のサイトと同様に設計者、デザイナー、コーダーを必要としますが、日常の更新業務は簡単なマークアップが分かる担当者でも十分こなすことが可能となります。
つまり、コンテンツの準備が整えば、ドンドン公開できる環境になるということです。

また、新鮮さにおいても同様で管理画面からログインし、該当箇所をWordやExcelで書きなおすように編集することが可能なCMSはこの点もクリアにします。

共通部の扱いについては動的生成を得意とするCMSの専売特許です。
個別の魅力を語るまでもなく、内部リンクの設置ミスなども起きなくなり管理を容易にします。

CMSの導入を薦める最大の理由

誰でもウェブサイトを作れる=情報発信に障害がない
これが最大のポイントです。

・数ヶ月に1度、更新するかしないかのサイトであれば、CMSを導入する価値は薄いです。
・月に2回更新するサイトであればCMSを導入すべきです。
・検索エンジン経由でアクセスを得たいと考えているのであれば、CMSを導入すべきです。ただし、リスティング広告を中心に考え、自然検索経由でのアクセスに期待しない場合にはCMSにする必要性は高くありません。

ここまで見てきて、あなたのサイトではどうすべきかヒントになったでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

コンテンツSEOの本かきました

SEO本かきました!インハウスSEO担当者におすすめの書籍です

自らサイト原稿を書いている経営者さんや、社内のWEB担当者さん、サイト制作者さん向けのコンテ

記事を読む

日本語のURLはSEO効果が高い?

SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?

もしあなたが、新規にホームページやブログを立ち上げるタイミングで、ドメインやファイル名の決定

記事を読む

こんなSEO企業が理想だね

理想のSEO企業とは?見極めるための4つの視点

皆さんはSEO企業と一緒に仕事をする際、どのような点を考慮しているでしょうか。 ミスマッチを避

記事を読む

Googleのガイドラインとは?

Googleガイドラインって何?Googleガイドラインを完結にまとめてみた

この記事はGoogleのガイドラインに違反し、インデックス削除を含むペナルティを受けた人の役

記事を読む

ブログの更新頻度が高いとSEO上いい?

ブログの更新頻度を上げるとSEO対策効果も上がる?トップページの場合には?

あなたがブログを定期更新している場合にはきっと更新頻度で一度は悩んだことでしょう。 また、

記事を読む

優秀なSEOコンサルはこうあるべきだ

SEOコンサルなら強く発信し、意見は断定的であれ!

普段書かないようなポストを。 SEOとは、正解が見えないものです。ブラックボックスのアルゴ

記事を読む

格安料金のSEOを使う前に知っておくべきこと

激安料金のSEOサービスにはリスクが伴う

激安価格のSEOサービスはなぜ超低価格で販売が出来るのか。 このカラクリをご紹介します。

記事を読む

コンテンツ設計には、検索意図と本質的な希望の把握が大切

コンテンツ設計におけるサーチインテント(検索意図)と本質的な希望の違い

最近では、ウェブサイトの構築・メディアサイトの構築時に、各キーワードの検索数や難易度、ページ単位

記事を読む

SEO外部対策の仕方は?

外部SEO対策の方法(ホワイトとブラック)

SEOには、内部と外部がありますね。 内部対策は地道にサイト編集することでより良く最適化さ

記事を読む

2017年のSEOトレンド

2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO要素、SEOの歴史を振り返りな

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑