検索ユーザーの地理的条件で最適化される

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 検索エンジン

どこから調べているかを検索結果に反映

複数の国をまたいで展開する企業のウェブサイトの場合、自然と日本語ページ(日本国内用ページ)が検索結果に表示されているケースが多いかと思います。
今後は、大阪から検索すると大阪支社ページが表示される?そんな未来が待っているかもしれません。

地域情報が重要なビジネスとは

多くの場合で、地域情報が重要なビジネスは訪問型や来店型、対面ミーティングを必要とするビジネスに分類されます。

分かりやすく例を挙げて考えてみましょう。

近くのハンバーガー屋で食事をしたい

マックなのか、モスなのかフレッシュネスなのか希望を検索窓に打ち込みます。
検索ユーザーの必要としている情報は、
『今現在の立地から近い店舗の所在地と営業時間とメニュー』です。
ユーザーによっては、駐車場やドライブスルーの可否、禁煙喫煙やコンセントが使えるかに興味があります。

この情報はサービスTOPページでは叶いません。
各店舗情報ページやエリア別メニューページが有効です。

つまり、検索結果には

  • 近所のお店リスト
  • メニュー表

が表示されることが望ましいでしょう。

FPのコンサルを受けたい

コンサル会社や保険会社のFP資格保有者からコンサルを受けたいと考えた時、あなたが福岡に住んでいるならば福岡周辺の企業やコンサルを求めると思います。
検索ユーザーの希望は、
『福岡周辺のFPやコンサル会社が提供するサービス詳細』を知りたい状態です。

検索結果に、東京や大阪や札幌にしか事務所を構えない企業サイトが出てきては、希望のサイトに巡りあうまでに時間が掛かります。
ですから多くのユーザーは『+福岡』で検索をしています。

地域情報でどこまで変わるのか

Googleは検索ユーザーのIPアドレスから位置情報を取得しています。
スマホであれば、GPS、wifi、どこの基地局を使っているかを取得します。(または何れかを取得します。)

過去の検索内容や設定にもよる機能ですが、Googleはユーザーの地理条件を検索結果に反映させることに必死になっています。

というのも、ここ最近 rel=”alternate” hreflang=”ja” の追加を度々アナウンスしています。
多言語展開されているサイトは少ない為、設定を薦めることも少ないタグですが、英文ページ追加時には忘れず設定しましょう。

今後変わるであろう点

エリア別ページの受ける待遇は大きく変化すると考えています。
過去に多くのウェブマスターが行ってきたタイトルにエリア名を入れるだけのスパムは許されませんが、地域により異なるサービスや価格帯での販売を行うケースにおいて、検索エンジンが最適なページを返してくれる未来です。

地域名をマークアップする方法は提供されていませんが、
jp-jpは日本語コンテンツであり、日本国内向けコンテンツを示しますので、

jp-osaka
jp-hukuoka
jp-sapporo
jp-nagoya

このようなマークアップ(日本語で名古屋向けページを示すマークアップ)が増えても面白そうです。

未来予測的な記事になってしまいましたが、東京オリンピックに向けて多言語化を計画中のサイトマスターは言語アノテーションを正しく設定するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

Google検索に引っかからない時の対処法

検索に引っかからない時、サイト管理者が確認すべきこと

あなたのサイト(ホームページ)やブログが検索エンジンに引っかからない場合、このポストにそいチ

記事を読む

人工知能で検索エンジンは変わる?

人工知能(AI)でGoogle検索はどう変わるのだろう

昨年2014年の1月にGoogleが買収したディープマインド・テクノロジーズ(現在はGoog

記事を読む

Rank Brainってなに?

ランクブレイン(Rank Brain)とは?今後のSEO対策に変化はあるのか?

Rank Brainとは? Rank Brainとは、人工知能を活用した新しい検索アルゴリ

記事を読む

GoogleとBingの検索結果

Google・Bing共に検索結果が悲惨なことに

皆さんはAndroid派ですか?iOS派ですか? 私はガラケー派です。 さて、今回は

記事を読む

検索エンジンシェアに変化?

米国検索エンジンシェア2014年12月に変化

先日StatCounter社が発表したアメリカ国内おける検索エンジンシェアに大きな変動があり

記事を読む

指定単語を含まない検索方法は?

●●を含まない検索結果を得るには?コマンドで一発解決!

ゲームの攻略情報を検索していたが、他ゲーム機版の情報ばかりで求める情報が見つからない。 そ

記事を読む

スパルタンってブラウザでるの?

Spartan(スパルタン)?MSの新ブラウザはどうなるのか

マイクロソフトが次期OS『Windows 10』の詳細を発表しました。 偶数のつくWind

記事を読む

検索結果で上位を決める仕組みは?

検索エンジンの仕組み。上位表示するサイト、しないサイト。

今回は検索エンジンはどうやって検索順位を決定しているのか、その仕組みについて見て行きたいと思

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑