SEO研修で学ぶべき技術

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

SEO社内研修を選ぶなら

今回は、SEO研修を導入する際に知っておくと良い点を分かりやすく説明したいと思います。
その研修を行った結果、何を得たいのかによって含めるべき内容は変わってきます。この辺りのお話。

まずはSEOの全容をリストアップ

必要、不要考えずに、SEOの全てを学ぼうとした場合、どういったラインナップになるのか書き出してみます。

  1. 内部(マークアップ)最適化
  2. サイト規模別内部リンク構造の最適化
  3. 最適化が出来ない順位決定要素とは
  4. Googleアルゴリズムの歴史
  5. キーワードの選定
  6. 評価されるコンテンツ
  7. ナチュラルリンクの獲得法
  8. やってはいけないけど効果がある対策手法
  9. アクセス解析データを最適化にいかす方法

歴史については学んだ所でどうなんだ?と思いますが、過去に流行ったスパムとそのスパムへGoogleが下した処置あたりは知っておくと為になると思います。

では、これを全部学ぶべきなのか?

時間もお金も無限にあるのなら、是非全項目学んでみるのも良いでしょう。
SEOエンジニアになって、企業サイトの改善を行うことを仕事とするなら、全て学ぶのもひとつでしょう。

実際には全て学ぶ必要はないかと思います。
というのも、ここでお話の中心にいる方々はインハウスでSEOを行いたいと思っている経営者や社内WEB担当者であるためです。
(この記事は、SEO会社の社内研修やサイト制作会社の社内研修を想定していません。)

大切なことは、外注化した場合にコストが膨らむことを避けるためであったり、外注化するために知っておくべき知識の習得(発注スキル)であったり、自社サイトの改善ノウハウを社内に蓄積させることなどにあるかと思います。

つまり、外注コストが安価な作業や外注スキルが不要な内容や、スキルの蓄積がなされない内容については学ぶメリットが大きくありません。
ですから、研修メニューを考える際には、この点から見て不要なスキルを学ぶことにならないかのチェックが大切です。

学ぶ必要性が低いスキルとは?

まず挙げられるのは、

  • 最適化が出来ない順位決定要素とは
  • Googleアルゴリズムの歴史

この2つです。
多くのSEOセミナーやSEO研修で必ずと言っていいほど登場する項目ですが、学ぶ価値はさほどありません。

例えば、ドメインは『年齢』という概念があります。
『ドメインエイジ』とも呼びます。
ドメイン年齢が上がるほど、SEO効果が期待できると言われています。

が、
実際には1年経過したドメインと3年経過したドメインと5年経過したドメインを比べた場合、SEO効果の差は確認できないほど僅かです。
と言うより、数年後しでいくつかの実験をしましたが、SEO効果は確認できませんでした。

しかも、時の流れを早めることも、過去に戻ることも出来ませんからドメインの年齢をどうこうすることは出来ません。
つまり、最適化出来ません。

厳密には、長期運用をしているドメインは時間軸が大きくなる分、多種多様なリンクが付きます。
リンクエイジもバラバラになる分、ナチュラルリンクとしてのSEO効果が期待出来ます。
ですから、最適化出来ないドメインエイジの学習をするよりも、被リンク効果について学ぶことが重要な訳です。
折角とったドメインは年齢という概念があるから毎年取り直したりしないようにしましょうとの説明が必要なレベルであれば、学習項目に含めましょう。
(ドメインを毎年取り直すことによるサイト移管作業のコストを考えると、この方法を選択する理由が見つかりません。)

歴史についても、過去を知ることで今後を想像できるとも言えますが、より実践的なスパム手法について学ぶことが代替にもなり、価値も高いと思います。
実際の講師の立場で言えば、スパム手法について学びましょうとは言いづらいですから、歴史と称してその中で説明することが自然であることは理解できます。

学ぶべきだ!とまでは言えない内容

これは内部要素、内部リンクだと思います。

マークアップの最適化や、リンク構造の最適化は一度正しく行えば、頻繁な修正はいらない作業です。
また、リンク構造はサイトの成長に伴い正解が変わってきますので、今必要な知識と数年先に必要な知識が変わってきます。
(数年で、自社サイトの規模が大きくなる前提で書いています。)

つまり、数年に一度のペースで専門家のアドバイスを求めることが最適な場合もあると言えます。
経営者自らが学び、最新の情報にアンテナを張り続けるのであれば良いですが、スタッフに学習させる場合であれば離職時の想定を、自社サイトが1サイトや2サイトしかないのであればその為に継続に掛かる学習時間を勘案すると勿体ないと感じます。

それよりは、数年に一度のペースで専門家の意見を仰ぎ、社内のリソースは他の最適化項目に向けることがサイトの発展、会社の利益になると思います。

まとめ:学ぶべき技術

日常業務として、サイトのブラッシュアップやページの追加更新を行うと思います。
その際、

  • 『誰に』ページを見せるのかを意識すること
  • Googleが『価値あり』と判断するコンテンツを作成
  • 結果を検証し、改善にいかすこと

が大切です。
このことから、学ぶべきポイントは、

  • キーワードの選定
  • 評価されるコンテンツ
  • アクセス解析データを最適化にいかす方法

であると言えます。

『ナチュラルリンクの獲得法』や『スパム手法』についても学ぶに越したことはありませんが、正解を知っていて邪道に走らなければ、不正解を学ぶ必要性は薄いかもしれません。

重要度の高い3点を順に学ぶか、同時に学ぶかはカリキュラムによるでしょう。
このブログ内でもキーワード選定やコンテンツについて触れています。まずはお金を掛けずに独学でとお考えであれば、キーワードの作成と選定コンテンツ マーケティングとは?といった過去記事がおすすめです。共に5分程度で読める記事です、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連記事

Google検索に引っかからない時の対処法

検索に引っかからない時、サイト管理者が確認すべきこと

あなたのサイト(ホームページ)やブログが検索エンジンに引っかからない場合、このポストにそいチ

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

SEO対策の設計で重要な点

SEO施策の設計でもっとも大切な事とは?

新規にサイトを作ろうというタイミング、今までほったらかしだったウェブサイトをSEOを意識し、強く

記事を読む

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

日本語のURLはSEO効果が高い?

SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?

もしあなたが、新規にホームページやブログを立ち上げるタイミングで、ドメインやファイル名の決定

記事を読む

URLの正規化って何?

URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

今回のテーマは『URLの正規化』です。 運営開始から間もないサイトでも、運用歴の長いサイト

記事を読む

改善方法【続編】

ページ表示速度の改善方法【続編】

前回(SEO効果あり!ページ表示速度の改善方法)に引き続き、ページの表示速度改善を実例を含め

記事を読む

SEOの戦略を事前にねるべき?

戦略的SEOを取り入れないリスク

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでし

記事を読む

SEO会社を比較する時のポイント

SEO対策会社を比較する際に知っておくべき3つの視点

あなたがこれから、SEOを外注しようと考えているなら次の3つのことを知っておくと良いでしょう

記事を読む

サイトの表示スピードを早くしたい!

サイトの表示スピードを上げるぞ!CSS・js圧縮、画像最適化でどの位早くなるかな?

ブラウザからサイトを閲覧する際には、CSS(カスケーディング・スタイル・シート)やjs(ジャバス

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

WordPressの一覧ページSEO
WordPressサイトの一覧ページ(アーカイブページ)のSEOについて(noindexの扱いなど)

今回はWordPressのお話です。 オウンドメディア、コンテン

→もっと見る

PAGE TOP ↑