フッターからのテキストリンクはSEO効果がある?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 内部SEO

フッターからの内部リンクはSEO対策になるの?

多くのサイト管理者さんも4月末からスマホ対応やサイト表示速度への関心が強く、他の要素への興味関心が薄れているタイミングだからこそ、ここらで再度重要度の高い内部リンクについて記事を書こうと思います。
おしゃれは足元から。リンクはフッターから?だと効果がある?

フッターリンクとは

一般にdiv id=”fotter” や div class=”fotter”で囲われたブロック内からのリンクを指します。
(html5であれば<footer>を含む)
メガメニューのような巨大なサイトマップ型のリンクを配置するサイトもあれば、グローバルメニューと同一の重要度の高いリンクを配置するケース、メニュー等は配置せずにコピーライト内のサイトタイトルや社名をリンクにしているケース、コピーライト横に、サイト制作会社のリンクが入るケースなどが典型でしょうか。
いずれの場合も原則SEO効果はあります。

本数とSEO効果

本数が増えると、1本あたりのリンクに渡るリンクジュースは少なくなりますから、SEO効果は減少します
闇雲に巨大なメニューを構築することは得策ではありません。
ひとつのベースとなる考え方として、サイトの規模とサイトTOPのオーソリティーから発リンク数を限定する方法があります。
非常に有名でページ数が1万ページあるサイトであれば、フッターメニューからのリンク数が多くとも、一定の価値あるリンクを各リンク先へ渡すことが出来るでしょう。
無名でトラフィックのない30ページのサイトが30ページ全てへのリンクをフッターに設置することは、不向きな施策でしょう。

ユーザーの利便性を考えた上で必要なリンクを設置する考えに加え、リンクジュースを渡す必要のないリンクにはnofollowを追記し、コントロールすると良いでしょう。

アンカーテキストはキーワードだけにすべきか

上位表示させたいキーワードを含んだアンカーテキストリンクにすることで、該当のページは順位アップするでしょう。
しかし、次の2点はおさえておく必要があります。

  • 不自然なキーワードだけのリンク
  • ページと無関係のアンカーテキスト

共に当たり前過ぎる内容ですが、念の為におさらいです。
TOPページを『千代田区 賃貸』で上位表示させたいからといって、TOPページヘの内部リンクのアンカーテキストを全て『千代田区 賃貸』とすることは不自然です
また不動産サイトの賃貸物件ページヘの内部リンクが『アイスクリームとシャーベットの違い』となっていればこれも危険です。

後者はまずないと思いますが、TOPページヘの内部リンクをキーワードだけに最適化しているケースはよく見かけます。
一般ユーザーにしてみると使いにくいメニューとなりますから『賃貸TOP』など、使いやすさを意識し改善しましょう。

フッターリンクはどのくらい効果がある?

非常に簡単な考え方があります。これを覚えておけばもう悩むことはありません。
『ユーザーが辿るリンクは効果が高い』
これです。

要するに、クリックされるリンクは効果が高く、クリックされないリンクは価値が低いと考えましょう。
ページの長さによりフッターリンクのクリック率は大きく変わるでしょうし、リンクの数が増えれば1リンクあたりのクリック率は当然下がります。
一度この視点でフッターリンクを再構築してみると良いでしょう。

ヒント:本文を読み終わったユーザーがサイト内を移動する上で便利で、利用したい(クリックする)と感じるメニューを作ってみましょう。きっと改良されたフッターリンクのリンク効果は高まっているでしょう。

スパムリスクについて

内部リンクでスパム判定を受ける可能性は低いですが存在します。
先にご紹介の過剰なアンカーテキストになった例ではリスクはあるでしょう。

内部要素はサイト管理者がいつでも変更できるからこそ
極端な最適化や頻繁な変更によるリスク
をしっかりと認識する必要があります。
過剰なSEOや頻繁なテスト(アンカーテキストを毎週変更するなど)はリスクとなります。

フッターリンクのまとめ

SEO効果はある。
ユーザーが実際に使う便利なフッターメニューほどSEO効果が期待できる。
アンカーテキストを過剰に最適化し過ぎないよう、ユーザー利便性と天秤にかけてほどほども大切。
事前に全体的な変更計画を立て、スケジュールにそって修正を実行しましょう。頻繁な変更はリスク増大となります。

スポンサーリンク

関連記事

bとstrongの違い

bタグとstrongタグの違いをSEO観点とhtml(html5)観点で分かりやすく

今回はbタグとstrongタグ、その関連タグについて扱います。今回登場するタグは これ

記事を読む

改善方法【続編】

ページ表示速度の改善方法【続編】

前回(SEO効果あり!ページ表示速度の改善方法)に引き続き、ページの表示速度改善を実例を含め

記事を読む

alt属性の最適化でSEO効果は?

alt属性にSEO効果を期待するなかれ

alt属性について誤った理解をされているケースが散見されますが、alt属性は写真や画像が表示

記事を読む

同義語や類語とSEOの関係

同義語や類語や対義語を上手に使うとSEO効果があるのか?

Googleはコンテンツジャンルをアルゴリズムで判別しています。 では、そのアルゴリズムで

記事を読む

発リンクは多いとダメ?

【SEO要素】発リンクは多すぎるとペナルティーを受けるのか

2009年頃までは発リンクはページあたり100本までと言われていました。というのも、Goog

記事を読む

1ページで最適化するキーワード数は欲張るとダメ?

SEO対策をかけるキーワード数はページあたり何個まで?

あれもこれもと欲張りたくなるターゲットキーワード。 ここでは、1ページに対しいくつのキーワ

記事を読む

リンクした相手の品質と関連性

リンク先ページの品質と関連性【SEO対策要素】

今回は内部SEO要素の1つである、発リンク要素の一部分についてです。 あなたのサイトからリ

記事を読む

画像を軽くしてページの表示を早くしよう

画像を最適化して軽くしよう!サイト表示速度改善策

梅雨の季節、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 天気が悪いと室内でネットな時間が増えるのも自

記事を読む

h1タグにキーワード入れるとSEO効果あるの?

h1タグのSEO効果。実験してみたらこうだったな話

タイトルタグの重要性は調査するまでもなく超重要ですが、見出しタグの効果はどうも実感できないと

記事を読む

サイトの表示速度を早くするには?

SEO効果あり!ページ表示速度の改善方法

サイトやブログの表示速度が遅い場合、大きなトラフィックの損失となっているかもしれません。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑