2014年に検索の増えたマーケティング用語大賞

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 マーケティング

   
 
   

今年凄い検索数が増えたSEM用語は?

なんとも立派な記事タイトルですが、内容は独断と偏見で用語大賞を決めようという身勝手100%です。

さて、今日12/1は流行語大賞の発表がありました。
政治、芸人、映画などなどから多彩な選出があったようですが、本記事ではマーケティング用語に絞って、今年注目されたものを挙げたいと思います。

大賞:オウンドメディア

いきなり何の前触れもなく大賞の発表でした。
昨年の月間予測検索数は1900件程度でしたが、今年では4400件と大きく数値が伸びました。
オウンドメディアのグラフ
図は、2012年11月~2013年10月と2013年11月~2014年10月の検索数推移を比較したものです。
青いグラフ(今年の)の後半でグンと伸びていることがひと目でわかると思います。

下へ記します他の2用語においても言えることですが、今年のマーケティング業界はいかにユーザーへリーチするかではなく、「何をぶつけるか」に注目された一年だったと感じます。
自社メディアを持ち、積極的に潜在顧客や見込顧客と情報を共有することの重要性が叫ばれましたが、この流れは来年も続くものと思います。

検索エンジン経由での顧客獲得(リスト獲得)やSNS経由、アプリ経由での接触からメディアに感心が傾いた一年であったと言えるでしょう。

副賞:コンテンツ SEO

副賞:コンテンツ マーケティング

ドドンと副賞として2用語を。
次のグラフを見てください。
コンテンツSEOのグラフ
コンテンツSEOのグラフ
コンテンツマーケティングのグラフ
コンテンツ マーケティングのグラフ
コンテンツSEOは月間260から880へ。
コンテンツマーケティングは月間1600から3600へ。

大賞と似通ったキーワードを敢えて選定してみました。
メディアはコンテンツの集合体です。自社メディアを集客に活用するには、コンテンツマーケティングを理解する必要があり、マーケティング手法として検索エンジン経由でのトラフィックを獲得する狙いであればコンテンツSEOが大切となります。

2014年は小中規模やジャンル特化のキュレーションサービスがポコポコと生まれは消えを繰り返した年でもありましたが、やはりここでは中心には情報があり、その情報をどのように収集・整理するかがポイントでした。

ということで、独断と偏見で用語大賞を決めてみました。
クラウドファンディングやクラウドソーシングが今年伸びましたが「クラウド」は去年だよね?なんて思い、今回の形に。
尚、本投稿内数値はAdWordsキーワードツールが出典元です。

 

関連記事

満足度がアップする方法

満足度向上とリピート率を上げる【サイボウズ社の施策が素晴らしい】

サイボウズ株式会社といえば、誰もが知るクラウドサービス提供会社の超大手です。 有名なサービ

記事を読む

ブログのアクセス数を増やすには?

ブログのアクセスが増えない方必見【地味にトラフィックを増やす方法】

今日はブログのアクセス数が伸び悩んでいる方へ贈る、堅実な手法紹介記事です。 魔法のようなテクニ

記事を読む

SEO会社を比較する時のポイント

SEO対策会社を比較する際に知っておくべき3つの視点

あなたがこれから、SEOを外注しようと考えているなら次の3つのことを知っておくと良いでしょう

記事を読む

SEMって何?

SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、「SEM」という単語について確

記事を読む

中小企業のためのブランディング戦略

中小企業のブランディング。すぐに始められる5つのこと。

中小企業が取り組むSEM(サーチエンジンマーケティング)は多くの場合で、売上に繋がる戦略が中

記事を読む

イベントジャパン2015行ってみた

イベントJAPAN2015行ってきたよレポート

2015年1月27日と1月28日に開催されたイベントJAPAN(会場:東京ビッグサイト西展示

記事を読む

会社のホームページは必要ですか?

ホームページの必要性は?ホームページを持っていない会社の割合

最近でこそ起業して直ぐにホームページを作成することが当たり前になりましたが、古い企業の中には

記事を読む

ウェブ集客の委託失敗3例

WEB集客の委託をしても失敗する3つの典型例

これからの時代はWEBでしょ! よし当社もWEBにうって出るぞ! いいじゃないですか。ガンガ

記事を読む

ネイティブ広告記事を掲載するデメリットは?

ネイティブ広告導入のデメリット。(特に運営側視点でのリスク)

今回はネイティブ広告についてです。 同内容については多くの広告業の方々がコンテンツ発信され

記事を読む

BtoBでありBtoCでもある商売のマーケティング

B2BかつB2Cビジネスのウェブマーケティング手法について

さて、今日2/3は節分です。 ご自宅で豆を食べようとお考えの方もいれば、今日は鬼役かと肩を

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑