ホームページの必要性は?ホームページを持っていない会社の割合

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 マーケティング

会社のホームページは必要ですか?

最近でこそ起業して直ぐにホームページを作成することが当たり前になりましたが、古い企業の中にはいまだサイトを所有していないケースもあります。
要らないと考えることは経営者の自由ですが、面白い数字に触れたのでご紹介します。

どんな数字かというと、「ウェブサイトを持っていない企業の割合と売上高の関係を示す数字」です。
複雑そうに感じるかもしれませんが、非常に簡単なお話です。

中小企業のインターネット活用と売上高

各地域別の中小企業がコーポレートサイトを持っているか調査した結果が発表されました。
その中で、保有率の低い県として

  • 大分県
  • 福島県
  • 愛媛県

がワースト3でした。
どこも保有率2割を切る数字となっています。

対する、コーポレートサイト保有率の高い県として

  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県

等が挙げられていました。
割合は40~45%ほどです。低い県とは約2倍の違いがあります。

これに対して、それぞれの県内企業の従業員一人あたり売上平均がグラフになっています。
先出の県で言えば、

  • 大分県(保有率約19%・売上高約1700万)
  • 福島県(保有率約19%・売上高約1900万)
  • 愛媛県(保有率約19%・売上高約2200万)
  • 滋賀県(保有率約45%・売上高約2800万)
  • 京都府(保有率約42%・売上高約3400万)
  • 大阪府(保有率約45%・売上高約3400万)
  • 兵庫県(保有率約41%・売上高約3600万)

このような結果となります。
全体を通して言えることは、
ウェブサイトの保有率が上がると従業員一人あたり売上平均は上がる傾向にあります。

地方行政がサイト保有に対し積極的に補助金等を付ける理由はこの辺りにもあるのかもしれません。
引用データ:インターネット経済調査報告書内 図2.1.1より

でもうちは関係ないよというB2B企業達

前出の数字からも分かる通り、ウェブサイトを保有しないことは企業にとって売上を押し下げる(または上がらない)要因になるといえます。
しかし、これらを理解した上でも作成しない企業があります。それは大きく分けて3つです。

  1. 廃業に向かっており、新規顧客を求めていない下請け企業
  2. うちの商品はネットでは売れないと考えている企業
  3. コストが見合わないと考えている企業

1は売上が増えることを望んでいない為、作る必要はないでしょう。現在の売上が下がっても気にしない、既存顧客からの印象も考慮する必要がケースです。

2はウェブサイトに過度な期待をしており、制作していないケースとも言えます。アナログに名刺交換をした相手企業があなたの会社のウェブサイトを検索した時、サイトがないために契約を保留するなどのリスクに気付いていないケースです。最近では取引先情報をデータベース化する際に、ウェブサイト項目が必須になっているケースがあるそうです。(固定電話や資本金の額と同列で扱われている)ウェブサイトがないために社内ルールで取引が出来ないと思われている可能性があります。

3はウェブサイト作成には数十万円のコストが掛かると考えているためです。素晴らしいデザインと使いやすくマーケティングを展開するために必要な機能を網羅していればウェブサイトが50万、100万することもあるでしょう。しかし会社情報を公開し、ウェブ上に問い合わせ窓口を設けることが目的であれば数万円でも十分制作することが出来ます。ランニングコストも年に1~2万円でまかなえるサービスも多数あります。本当に予算がなければwordpress.comjimdo等でお金を掛けずに手作りすることも出来ます。

結局のところ、ウェブサイトを作らない理由はないはずです。
あるならばそれは、「作らずにやり過ごす言い訳」でしょう。

まとめ

2015年にウェブサイトを持たないB2C事業者はかなり減ったかと思いますが、それでもまだ半数以上の企業がサイトを持っていないとの結果が出ています。
日本中の企業がウェブサイトを立ち上げることで10兆円の経済効果があるとも言われますが、特に地方ほど自社の強みや魅力を積極的に発信する方法を考え、ウェブを活用できると良いと思います。

・サイトを持っていないと売上は小さくなる傾向あり
・B2B企業でもサイトを作らない理由はない

スポンサーリンク

関連記事

BtoBでありBtoCでもある商売のマーケティング

B2BかつB2Cビジネスのウェブマーケティング手法について

さて、今日2/3は節分です。 ご自宅で豆を食べようとお考えの方もいれば、今日は鬼役かと肩を

記事を読む

イベントジャパン2015行ってみた

イベントJAPAN2015行ってきたよレポート

2015年1月27日と1月28日に開催されたイベントJAPAN(会場:東京ビッグサイト西展示

記事を読む

オウンドメディアを作成する理由は?

オウンドメディアとは?メディアを構築する意味は?

2014年から活気づいているオウンドメディア業界。 やれコンテンツマーケティングだ、インバウン

記事を読む

コンテンツ・マーケティングってなに?

コンテンツ マーケティングとは?

コンテンツ・マーケティングはB2Bにおいても、B2Cにおいても有力な販促手法だと考えています

記事を読む

SEO会社を比較する時のポイント

SEO対策会社を比較する際に知っておくべき3つの視点

あなたがこれから、SEOを外注しようと考えているなら次の3つのことを知っておくと良いでしょう

記事を読む

SEMって何?

SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、「SEM」という単語について確

記事を読む

SEMコンサルタントってどんな仕事?

SEMコンサルタント・SEMディレクターとはどんな職業?定義と現実の差

名刺に踊る肩書、求人サイトの職種欄。 結局のところどんな仕事をしているのだろうか? ここ

記事を読む

満足度がアップする方法

満足度向上とリピート率を上げる【サイボウズ社の施策が素晴らしい】

サイボウズ株式会社といえば、誰もが知るクラウドサービス提供会社の超大手です。 有名なサービ

記事を読む

今年凄い検索数が増えたSEM用語は?

2014年に検索の増えたマーケティング用語大賞

なんとも立派な記事タイトルですが、内容は独断と偏見で用語大賞を決めようという身勝手100%で

記事を読む

オウンドメディアの意味

【一番簡単な説明】オウンドメディアとは?売上につなげる2つの視点

オウンドメディアマーケティングに取り組む企業が増え、メディアを保有しないことが特殊とさえ言える現

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑