WEB集客の委託をしても失敗する3つの典型例

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 マーケティング

ウェブ集客の委託失敗3例
これからの時代はWEBでしょ!
よし当社もWEBにうって出るぞ!
いいじゃないですか。ガンガン集客していきましょう。

外部に委託する場合でも、社内で担当者をつけ挑戦する場合でも集客着手前に、WEB集客に失敗する例として3つをご覧下さい。
もし該当する項目があれば、事前に準備することをおすすめします。

失敗する典型例

長年に渡りWEB集客のご相談を頂いてきました。
幅広い層をターゲットにした商品から、高校生や大学生でガラケー利用者を対象にした集客や、売価数千万円の商品販売まで多くの商材の販売促進を担ってきました。

これらご依頼の全てがクライアント様が望む通りの成功となったわけではありません。
目標達成が困難だと思われるケースでは出来る限り早い段階でその旨をお伝えするようしておりますが、それでも出来る範囲でとのご相談を頂く場合もございます。

今日はここで失敗する典型例をご紹介し、あなたの考えるマーケティングがより成功に近づく助けになればと思います。

例1:商品に魅力がない

WEB集客は、費用対効果に優れたマーケティングが期待できる反面、ニーズのない商品を売ることは非常に難しい面があります。
実店舗で言う「ついで買い」ひとつ取っても、ハードルが非常に高いです。
商品を売るには「理由が必要」です。

  • なぜこれを買うのか
  • なぜ今買うのか
  • なぜここで買うのか

大手のモールでは常にこれら理由付けの補助を行っています。

  • セールだから
  • ポイントが2倍になるから
  • ポイントが貯まるから
  • すでに会員だから
  • 発送までが早いから

しかし、商品の必要性を訴えるのはショップの仕事です。
道に転がっている石であっても、用途を提案したり、粒を揃えて売ったり、重い物を持てない方向けに販売したりすることで売れる場合はあるでしょう。ただしこの方法は独自の販売手法であれば効果的ですが、競合が同じことを行っていれば魅力にはなりません。
(価格や配送で魅力があれば別ですね)

つまり型番商品や商品差が打ち出しにくい商品ほどこの点で失敗する場合が多くなるでしょう。
オンリーワン商材やオーダーメイド商材ほど差別が容易で、魅力を生み出しやすいと言えるでしょう。

例2:ターゲットが曖昧

誰に売ろうとしているのかが分からない商品です。
少し難しい考え方になりますが、WEBでの販売はターゲットをぶらさずに訴求することが大切です。
これは、商品のネーミング・価格・販売コピー・メッセージなど全てにおいて言えることです。

ひとつ分かりやすい例を挙げましょう。
小さな室内犬用のおやつを販売するWEBサイトだとします。
ターゲットは、ペット可のマンションでチワワを飼う20代~40代の男女だとしましょう。

aiken_cac
違和感に気づくでしょうか。

商品名:愛犬ちわわのための美味しいおやつ
価格:400円
コピー:かけ寄る美味しさ!我が家の一番人気
アイキャッチ画像:芝生と犬小屋

ターゲットは屋外の犬小屋でペットを飼うユーザー層ではありませんから、屋外の犬小屋イラストは「私のための商品ではない」と感じさせる要因です。
・激辛のカレーを子供用として売る
・こってりラーメンを糖尿病患者に売る
上記のような極端な誤りはまず起きないかと思いますが、ここで紹介した広告内でのブレは注意が必要です。
(バナー広告からランディングページ、決済完了までを含む)

例3:全てが不足している

実に多いケースですが、あれもないこれもないといったケースです。
・広告予算がない
・最適化予算がない
・作業時間がない
・技術がない

■購入率が極端に低いECサイトなため、UIを見直しましょう
A:社内では出来ない。依頼する予算がない

■では、アクセス総数を増やすために広告を出稿しましょう
A:広告費がない

■では、広告の代わりにコンテンツSEOでトラフィックを増やしましょう
A:良い記事を書ける人がいない。書く時間もない。外注する予算もない

中小企業のWEB集客では大規模な予算が組めないことも多いかと思います。
その分、経営者やプロジェクト管理者が率先して業務を行う他ありません。これらバランスを考えずに見切り発車しますとプロジェクトはピクリとも動かずとなりますから注意しましょう。

まとめ

今回は集客を委託する際の注意点でした。
・ローカルで売れない商材はネットでも売れない
・誰に売るかをじっくり練っておく
・予算を付けるか、時間を用意するか決めておく

この点が明確になり、障害がクリアされた上でWEB集客の相談を行うと良い結果に繋がりやすいですね!

スポンサーリンク

関連記事

SEMコンサルタントってどんな仕事?

SEMコンサルタント・SEMディレクターとはどんな職業?定義と現実の差

名刺に踊る肩書、求人サイトの職種欄。 結局のところどんな仕事をしているのだろうか? ここ

記事を読む

中小企業のためのブランディング戦略

中小企業のブランディング。すぐに始められる5つのこと。

中小企業が取り組むSEM(サーチエンジンマーケティング)は多くの場合で、売上に繋がる戦略が中

記事を読む

満足度がアップする方法

満足度向上とリピート率を上げる【サイボウズ社の施策が素晴らしい】

サイボウズ株式会社といえば、誰もが知るクラウドサービス提供会社の超大手です。 有名なサービ

記事を読む

ネイティブ広告記事を掲載するデメリットは?

ネイティブ広告導入のデメリット。(特に運営側視点でのリスク)

今回はネイティブ広告についてです。 同内容については多くの広告業の方々がコンテンツ発信され

記事を読む

オウンドメディアの意味

【一番簡単な説明】オウンドメディアとは?売上につなげる2つの視点

オウンドメディアマーケティングに取り組む企業が増え、メディアを保有しないことが特殊とさえ言える現

記事を読む

コンテンツ・マーケティングってなに?

コンテンツ マーケティングとは?

コンテンツ・マーケティングはB2Bにおいても、B2Cにおいても有力な販促手法だと考えています

記事を読む

BtoBでありBtoCでもある商売のマーケティング

B2BかつB2Cビジネスのウェブマーケティング手法について

さて、今日2/3は節分です。 ご自宅で豆を食べようとお考えの方もいれば、今日は鬼役かと肩を

記事を読む

B2Bオウンドメディア事例

酒類1位のサントリーから学ぶ!B2B事業をオウンドメディアで成功させる方法

2/12にアサヒHD、キリンHD、サッポロHDが決算発表しました。 詳細については多く報道

記事を読む

会社のホームページは必要ですか?

ホームページの必要性は?ホームページを持っていない会社の割合

最近でこそ起業して直ぐにホームページを作成することが当たり前になりましたが、古い企業の中には

記事を読む

今年凄い検索数が増えたSEM用語は?

2014年に検索の増えたマーケティング用語大賞

なんとも立派な記事タイトルですが、内容は独断と偏見で用語大賞を決めようという身勝手100%で

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

WordPressの一覧ページSEO
WordPressサイトの一覧ページ(アーカイブページ)のSEOについて(noindexの扱いなど)

今回はWordPressのお話です。 オウンドメディア、コンテン

→もっと見る

PAGE TOP ↑