相互リンクを募集しているサイトと相互リンク?絶対ダメ!

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, スパム, リンク

相互リンク募集とかまだやってるの?

もしあなたが、相互リンクを張り合ってくれるサイトを探しているなら、この記事を読んでから本当に相互リンクをすべきか考えてみて欲しいです。
相互リンクを増やすには膨大な時間を要します。数十時間と何十通ものメール連絡が無駄な時間となる前に、大切なことですから確認して下さい。

そもそも2015年現在で相互リンクは効いているのか?

結論、ある程度効いています
ですからいまだにせっせと相互リンクを構築するユーザーがいます。

しかし、重要な事が3点あります。
この3点を理解していなければ、あなたは効果を得られない側になります。

相互リンクは比率が大事

現在のアルゴリズムでは、相互リンクが被リンク数全体に占める割合を見ていると考えています。
100本のリンクを受けているサイトが10本の相互リンクを行うケースと、
10本のリンクを受けているサイトが5本の相互リンクを行うケースで比較すると、後者は被リンクのうち相互リンクの割合が高いことになります。
この割合が高いほど相互リンクの効果は得られづらく、最悪のケースはペナルティーを受ける場合があります。
(※現在のアルゴリズム=Googleが順位を決定する要素や決定手法、評価採点方法)

発リンクページのリンク密度は非常に重要

グラフあなたと相互リンクをしてくれるサイトが見つかったならば、そのサイトがあなたのサイトへリンクを張ってくれるページを確認しましょう。
効果のある発リンクにはリンク本数とリンク密度が重要です。
1ページに設置されるリンク本数は少ないことが良いです。数十本のリンクが並んだ中へ混ぜられるならば、リンク効果は非常に小さいです。
リンクが設置されるページのナチュラルなテキストとリンク本数を数えてみましょう。
各ページ共通のヘッダーやサイドバー、フッターを除いたそのページの本体ブロック内の
・総文字数
・アンカーテキスト文字数
・リンク本数
この3点を確認します。

次のようなサイトがあったとします。
・総文字数:1000文字
・アンカーテキスト文字数:300文字
・リンク本数:20本
私ならば相互リンクを依頼しません。
このようなページランクを流し合うことだけを目的にしたサイトやページとの相互リンクに魅力が無いためです。

TOPから発リンクページまでの導線

シンプルな話、TOPページからリンクを張ってくれることが望ましいです。
しかし、前2項と合わせて考えれば多くの相互リンクを行いたいサイト管理者であれば不可能な話です。

そこで下層ページからのリンクとなる訳ですが、TOPページからリンクで繋がったページでないならば避けるべきです。
TOPからジャンル一覧ページへリンクが張られ、その先に各相互リンク設置ページがあるといった構成であれば相当に巨大で有名かつ信頼性の高いサイトで無い限り、相互リンクはおすすめしません。

TOPから発リンクページにワンクリックで行けるが、時間経過にともなってページが深くなっていくようなタイプのサイトは最悪です。
ページURLが固定となる前提すらなされていないならば、リスクが高過ぎるでしょう。

初心者にも分かりやすくまとめ

相互リンクはやってはいけない施策です。
相互リンクはリスクが高い(サイトが検索結果から排除されるリスクが高い)ことを理解するべし。
サイトがGoogleから嫌われて、再起不能になった場合を事前に想定しておきましょう。
それでも行う場合には、あなたがどの程度のリンクを受けているのか自分自身をチェックしましょう。自然に受けたリンク総数の数%以内に納めるよう考えましょう。(一つの指標としてです。巨大サイトを想定していません。)
相手にリンクを送るページは少ないリンク本数と多くのコンテンツを用意しましょう。リンクを交換するためのページではなく、コンテンツが中心でついでに相互リンクを設置すると考えましょう。
さらに相互リンク先にもリンクの割合とページあたりのリンク本数とコンテンツとリンクのバランスを求めましょう。

もっと詳しく相互リンクについて勉強したい方は、相互リンクをSEO効果目的でするとペナルティーを受けるのか?2015年現在を読んでみてください。

スポンサーリンク

関連記事

発リンクは多いとダメ?

【SEO要素】発リンクは多すぎるとペナルティーを受けるのか

2009年頃までは発リンクはページあたり100本までと言われていました。というのも、Goog

記事を読む

リスティングとSEOどっちが費用対効果が良い?

リスティング広告とSEO対策どちらが優れているか?

リスティング広告とSEOのどちらを採用すべきかについて考えていきましょう。 まず設問を全否

記事を読む

格安料金のSEOを使う前に知っておくべきこと

激安料金のSEOサービスにはリスクが伴う

激安価格のSEOサービスはなぜ超低価格で販売が出来るのか。 このカラクリをご紹介します。

記事を読む

コンテンツSEOの意味は?

コンテンツSEOとは何か?言葉の意味(定義)や概要

パンダアップデート、ペンギンアップデート、ハミングバードによってブラックハットなSEOを行っ

記事を読む

スマホ最適化すると上位表示する?

スマホ最適化がSEO要素(順位決定要素)になる事が決定!

一言で言えば、「スマホ対応していると順位が上がる」というお話。 難しく言えば、モバイルフレ

記事を読む

SEOの戦略を事前にねるべき?

戦略的SEOを取り入れないリスク

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでし

記事を読む

日本語のURLはSEO効果が高い?

SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?

もしあなたが、新規にホームページやブログを立ち上げるタイミングで、ドメインやファイル名の決定

記事を読む

リンクのアンカーテキストが偏ったら危ない?

リンクのアンカーテキスト分散割合。このラインを超えたら危険

ここ数日、リンクに関する投稿が多めです。 今日は、アンカーテキストの割合についてです。

記事を読む

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

リンクが増える早さと歴史

被リンクはゆっくり時間を掛けて増えるのが良い?リンクの増加速度と時間軸(古い・新しい)

被リンク価値を評価する際に、増加速度と時間軸という考え方があります。 今日はこの2点について掘

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑