サイトの表示スピードを上げるぞ!CSS・js圧縮、画像最適化でどの位早くなるかな?

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

サイトの表示スピードを早くしたい!
ブラウザからサイトを閲覧する際には、CSS(カスケーディング・スタイル・シート)やjs(ジャバスクリプト)ファイルを読み込む場合が多いです。
レイアウトを担当するcssと、動きなどを担当するjs。
それぞれのファイルを軽量化することで、どこまでサイトの表示スピードは改善されるか、テストをしてみます。

軽量化ってどういうこと?

ここではcssを例にあげて確認します。
まずは説明よりも実例を見てもらいましょう。

このブログのCSS圧縮前
このブログのCSS圧縮後

なんとなく違いが分かりましたか?
改行などがなくなり、ぎゅぎゅぎゅっとなったのが「圧縮後」です。

js(JavaScript)で多くのサイトが採用しているライブラリーとしてjqueryがあります。
こちらも、圧縮版と非圧縮版が公式で用意されています。
jquery公式サイト
圧縮前後ではファイルサイズが、277KB(前)・93.6KB(後)と大きく差があります。(ver1.11.2の場合)

画像の最適化ってどういうこと?

ここでいう画像の最適化とは、ブラウザでの表示完了速度を早める目的で画像のファイルサイズを小さくすることを指します。

画像のファイルサイズを軽くするということは画像が荒くなると考えるのが通常ですが、人の目では違いが分からない範囲で出来る限り軽くします。
このため、人の目で見てもほとんど近いが分からない画像の質を保ったまま、数十%のサイズ圧縮を行います。

CSSの圧縮用ツール

CSSやjsファイルを圧縮するには、http://refresh-sf.com/などが便利です。

このWEBツールは、説明が要らないほど簡単です。
ボックス内に現在の(圧縮前の)cssファイル内全文を貼り付けます。
ボックス右上にある、「CSS」ボタンをクリックしましょう。
これで、圧縮後データが表示されました。

あとは、最適な名前で保存しましょう。

画像の圧縮用ツール

こちらも便利なツールが有ります。
https://tinypng.com/が簡単で圧縮効果も優れています。
「Drop your .png or .jpg files here!」と書かれた枠内に画像をドラッグ&ドロップしましょう。
数秒で完成です。圧縮された画像をダウンロードしましょう。

ここまでの圧縮をこのブログに行ってみました。

どの程度効果が出たでしょうか。
今回はPingdomのスピードテストで測ってみました。
http://tools.pingdom.com/fpt/

最適化前

ブログTOP
Pingdom ブログTOP最適化前
記事ページ
Pingdom 記事ページ最適化前

最適化後

ブログTOP
Pingdom ブログTOP最適化後
記事ページ
Pingdom 記事ページ最適化後

分かりづらいので、対比表

最適化前
読込時間/ファイルサイズ
最適化後
読込時間/ファイルサイズ
ブログTOP 6.91/675.2KB 6.82/671.9KB
記事ページ 4.96/885.2KB 3.76/876.5KB

地味すぎる改善結果となりました。

まとめ

ページのサイズを軽量化すると表示スピードは改善されるという当たり前すぎる超王道的な改善作業です。
ここでは、cssやjsの圧縮と画像の圧縮をご紹介しました。
画像が多いサイトでは是非トライして頂きたい内容でした。

 

関連記事

上位表示されない!困った!

サイトやブログが上位表示されない時、初めに確認すべき5つのこと

あなたのサイトやブログは上位表示していますか? サイト全体で狙っているキーワード、ページ単

記事を読む

alt属性の最適化でSEO効果は?

alt属性にSEO効果を期待するなかれ

alt属性について誤った理解をされているケースが散見されますが、alt属性は写真や画像が表示

記事を読む

優秀なSEOコンサルはこうあるべきだ

SEOコンサルなら強く発信し、意見は断定的であれ!

普段書かないようなポストを。 SEOとは、正解が見えないものです。ブラックボックスのアルゴ

記事を読む

SEOを頑張るならCMS導入すべき?

SEOのご相談を頂いた際に、CMS導入を薦める訳

もしあなたのサイトは静的なhtmlで制作されており、CMS導入をすべきか悩んでいるならこの記

記事を読む

エグジフ情報をGoogleは読んでるの?

検索エンジンはExif情報(画像ファイルのプロパティ)を取得しているかの実験

今回は画像ファイルにあるExif情報を検索エンジンは読み込み、検索結果を決定する上で使用して

記事を読む

URLにwwwはつけるべき?

URLはwww.があったほうがSEO効果が高い?

一昔前、ウェブサイトは大企業しか作っていない頃のお話。 この頃はウェブサイトはwww.exam

記事を読む

相互リンク募集とかまだやってるの?

相互リンクを募集しているサイトと相互リンク?絶対ダメ!

もしあなたが、相互リンクを張り合ってくれるサイトを探しているなら、この記事を読んでから本当に

記事を読む

モバイルフレンドリーで大きな影響は出た?

モバイルフレンドリー要素追加での検索順位変動[現在のSEOへの影響]

4/21の新要素追加から早いもので1週間が経過しました。 リリース直前での案内では数日から1週

記事を読む

ファイルの転送速度を上げるgzip圧縮

Page Speed Insightsの点数を上げる「圧縮を有効にする」の方法説明

昨年末に投稿したページ表示速度の改善方法【続編】内にて、gzip圧縮や画像の最適化について触れて

記事を読む

スマホ検索の順位変動はまだ?

モバイルフレンドリー要素が組み込まれる日時について

今日という日。4/21はGoogleが宣言したXデーです。(Xデーという言葉が合っているかは別と

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑