戦略的SEOを取り入れないリスク

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, 戦略

SEOの戦略を事前にねるべき?

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでした。
しかしパンダアップデート以降、SEOの目標の中心は「どれだけトラフィックを増やすか」「どれだけ売上を上げるか」にシフトしています。

この状況変化の最たる例は成果報酬型SEOの依頼に比べ、サイト単位でのSEOプロジェクトの依頼が増えている点に現れていると思います。

SEOエンジニアに相談すべき最適なタイミングは?

最適な時期はサイトの立ち上げ計画段階です。
ご相談の多くはサイトが完成し、しばらく経った頃に持ち込まれます。

「集客用ホームページ制作だと言われて作ってが、全然アクセスがない」
「SEOに詳しいデザイナーだと言っていたが、上位表示してこない」
これらはご相談者から毎度聞く理由です。
サイトの内部を覗けば、タイトルタグとメタタグを教科書通り書いてある程度で穴だらけの内部対策状況だったり、
コンテンツの拡充を一切考慮されていないサイト構造であったり、ツリー構造の概念すらないサイト構造だったり。

何を持って集客用であったり、SEOに強いのか私には分かりませんが、これが現実です。
(上記のような世の全てのサービスを非難するつもりはありません。僅かな割合で価値あるサービスを提供している会社さんがあることも事実です。)

私がその都度思うことは、「どうしてサイト立ち上げ時に相談してくれなかったのか」という点。
サイト立ち上げました⇒失敗しました⇒改善しましょう
も結構ですが、サイト作り直す無駄なコストが発生します。
多くの場合、ゼロから作り直すことが必要です。そうゼロからです。

10ページ程のサービスサイトであれば作り直すコストも大金とはならず良いかもしれません。
独自の機能を盛り込んだ多額の開発費がかかったECサイト等では、その再構築予算が捻出できないケースも見てきました。

SEOエンジニア「ここと、ここの動的に生成するページですが、このDB情報以外から吐き出しましょう。」
技術者「作りなおしたほうが早いですね」
クライアント「えっ?」

こういった事態に陥らないためにも、早い段階でSEOエンジニアを開発チームに招き入れることが望まれます。
実際のところ海外に目を向けると多くのウェブサービス開発会社でそうであるように、国内でもウェブサービスの立ち上げやウェブマーケティングプロジェクトの企画会議からSEOエンジニアが参加することが増えてきました。

特に役員やプロジェクトの立ち上げ責任者がSEM、SEOに詳しいほど早い段階からSEOエンジニアの意見を取り入れる傾向にあると感じています。
詳しい方ほど検索エンジンに好まれるサイト設計の重要性と、後手に回った場合の不要な費用や時間を考えているためだと思います。

付け加えたい点。数年後の姿を想像する

SEOとは内部ソースを編集することだけではありません。
サイト立ち上げ時のもっとも重要なポイントはサイトの成長過程をいかにリアルに描けているかです。

子どもの成長に例えるならば、乳児はよだれかけが必要であり、小学校入学前後では衣類を汚すことも多く、制服は3年間での成長を考えなければいけなかったりと、
「起きるであろう問題予測」と「予防と起きた後の対処」をセットで考える必要があります。

SEOに強いウェブサイトを作る業者であれば、成長速度の予測や起きるであろう問題をすんなり説明してくれるはずです。
半年後、1年後、3年後と予測が出来ており問題が起きる前提でサイト設計をしていれば、頻繁なリニューアルは不要となります。
リニューアルに無駄なコストを掛けないことはROIの向上は当然ですし、SEOを継続する上で足踏み停止がなくなることはサイトの成長を早めますから一石二鳥と言えるでしょう。

もしこのポストをご覧の方がマーケティング戦略を描く中で検索されたのであれば、有能なSEOエンジニアに一度相談すると良いでしょう。
リスクの芽を摘むことができると思いますよ。

スポンサーリンク

関連記事

タダで使える優良SEOツールはこれ!

無料のSEOツール!プロが使う七つ道具!(順位チェック・被リンクチェック・検索ボリュームの取得・サイト表示速度・他)

インハウスでSEOを進めるなら、活用したいツールを一挙にご紹介。 日頃の作業を効率よく進めるた

記事を読む

地方都市の店舗ウェブ集客を成功させるには

【SEO対策】札幌・帯広出張で感じた地方のウェブ集客はエリア名SEOの捉え方が難しい

先週、札幌・帯広へお仕事で伺った際に夕方ビジネスホテルで書類整理や荷物整理をしながらテレビを

記事を読む

レスポンシブデザインはGoogle推奨なの?

レスポンシブデザインはSEOに有利?WordPress等のCMSでは?

この記事は、既に保有するサイトをレスポンシブ化しようか、または新規作成するサイトをレスポンシ

記事を読む

コンテンツSEOの意味は?

コンテンツSEOとは何か?言葉の意味(定義)や概要

パンダアップデート、ペンギンアップデート、ハミングバードによってブラックハットなSEOを行っ

記事を読む

コンテンツ設計には、検索意図と本質的な希望の把握が大切

コンテンツ設計におけるサーチインテント(検索意図)と本質的な希望の違い

最近では、ウェブサイトの構築・メディアサイトの構築時に、各キーワードの検索数や難易度、ページ単位

記事を読む

リスティングとSEOどっちが費用対効果が良い?

リスティング広告とSEO対策どちらが優れているか?

リスティング広告とSEOのどちらを採用すべきかについて考えていきましょう。 まず設問を全否

記事を読む

失敗したSEO例

過去に失敗したSEO施策を7例あげます

弘法にも筆の誤りと言いますが、私のようなひよっこであれば、それはもう多くの失敗をする訳です。

記事を読む

2019年のSEO

2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと思います。情報を丁寧に書こうと

記事を読む

SEOを頑張るならCMS導入すべき?

SEOのご相談を頂いた際に、CMS導入を薦める訳

もしあなたのサイトは静的なhtmlで制作されており、CMS導入をすべきか悩んでいるならこの記

記事を読む

ヤフー虫眼鏡の仕組みは?

ヤフー検索の虫眼鏡はどんな仕組み?

新年明けましておめでとうございます。 今年も検索エンジンマーケティングに関するポストを様々

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑