SEMコンサルタント・SEMディレクターとはどんな職業?定義と現実の差

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 マーケティング

SEMコンサルタントってどんな仕事?

名刺に踊る肩書、求人サイトの職種欄。
結局のところどんな仕事をしているのだろうか?
ここでは、SEMコンサルタント・SEMディレクターの言葉の定義と実際の現場ではどんな仕事をしているのか書き進めたいと思います。

SEMコンサルタント言葉の定義(意味)

SEMとはサーチエンジンマーケティングの略称ですから、
検索エンジンを用いたマーケティングのコンサルとなります。
多くの場合でウェブを使った販促の計画や実行における問題の解決や指南役といったところでしょう。

SEMディレクター言葉の定義(意味)

サーチエンジンマーケティングのチームリーダーといったところでしょう。
マーケティングの企画から参加するチームの一員といった意味の場合もあります。

SEMコンサルタント職の実態

元々WEBデザインやコーダー、エンジニア職からマーケティングの分野(リスティング運用やSEO)へ移り、経験を重ねた上での叩き上げ的なコンサルタントはひとつのスタイルです。
一般にリスティング運用やSEOの現場にいた人や、CVRO(コンバージョンレートの最適化)やアクセス解析の現場から総合的なSEMコンサルになるのもひとつのスタイルです。
ウェブ系コンサルの場合、突如コンサルになったケースがあります。デザインもコーディングもSEOもリスティングもアクセス解析も実務者ではなかったコンサルです。
求人などで検索エンジンを用いたマーケティングの分野での経験を活かし、コンサルへといったものはよく見かけますが、未経験歓迎といったものはみかけません。もし業界未経験歓迎のコンサル会社であれば相当の教育コストをかけている会社かコンサルという名の営業専門職であると言えるでしょう。

SEMディレクター職の実態

WEBデザイナーがSEと名乗る風潮に似たものを感じます。
本来は、SEM全般を把握した、つまり全般の能力を有しかつ顧客とのディレクションまで行える人材がSEMディレクターであるべきですが、多くの会社において現実はことなります。
求人で見かけるSEMディレクター(未経験歓迎)はその最たる例です。
多くの場合でその求人はSEMディレクターではなく、広告オペレーターです。
インターネット広告の運用を行うオペレーター職はSEM全体のごく一部ですが、彼らもディレクターと名乗ります。

本物のスーパーマンはどれだけいるのだろうか

WEB業界には、すごい肩書の方が相当数いらっしゃいます。
アクセス解析のプロであり、導線設計と購買心理のスペシャリストで、長年のSEOとリスティング経験があり、twitterとfacebookとLinkedIn等の運用に長けた方がいたりします。
同じ業界で働くものとして「この人、界王拳使えるのかな?」と本気で思うほど凄い肩書の方がいます。
総合的な知識を有することは顧客にとって総合的な指南役となれる重要な能力だと思います。
ただ、上記のようなあれもこれもを謳っているWEBデザイナーなど、実際のところ眉唾ものです。

依頼する側もその現実を理解した上で、相談先を探してもらえると業界の者として嬉しいなと思っています。

スポンサーリンク

関連記事

会社のホームページは必要ですか?

ホームページの必要性は?ホームページを持っていない会社の割合

最近でこそ起業して直ぐにホームページを作成することが当たり前になりましたが、古い企業の中には

記事を読む

集客方法でネットを使った手法は?

ネットでの集客方法(手法)を8分類にし簡単解説!

インターネット上での集客手法は様々です。 個々の手法によりリーチ出来るユーザー層にも違いがあり

記事を読む

SEO会社を比較する時のポイント

SEO対策会社を比較する際に知っておくべき3つの視点

あなたがこれから、SEOを外注しようと考えているなら次の3つのことを知っておくと良いでしょう

記事を読む

ブログのアクセス数を増やすには?

ブログのアクセスが増えない方必見【地味にトラフィックを増やす方法】

今日はブログのアクセス数が伸び悩んでいる方へ贈る、堅実な手法紹介記事です。 魔法のようなテクニ

記事を読む

オウンドメディアの意味

【一番簡単な説明】オウンドメディアとは?売上につなげる2つの視点

オウンドメディアマーケティングに取り組む企業が増え、メディアを保有しないことが特殊とさえ言える現

記事を読む

ウェブ集客の委託失敗3例

WEB集客の委託をしても失敗する3つの典型例

これからの時代はWEBでしょ! よし当社もWEBにうって出るぞ! いいじゃないですか。ガンガ

記事を読む

ネイティブ広告記事を掲載するデメリットは?

ネイティブ広告導入のデメリット。(特に運営側視点でのリスク)

今回はネイティブ広告についてです。 同内容については多くの広告業の方々がコンテンツ発信され

記事を読む

B2Bオウンドメディア事例

酒類1位のサントリーから学ぶ!B2B事業をオウンドメディアで成功させる方法

2/12にアサヒHD、キリンHD、サッポロHDが決算発表しました。 詳細については多く報道

記事を読む

今年凄い検索数が増えたSEM用語は?

2014年に検索の増えたマーケティング用語大賞

なんとも立派な記事タイトルですが、内容は独断と偏見で用語大賞を決めようという身勝手100%で

記事を読む

コンテンツ・マーケティングってなに?

コンテンツ マーケティングとは?

コンテンツ・マーケティングはB2Bにおいても、B2Cにおいても有力な販促手法だと考えています

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑