モバイルフレンドリー要素追加での検索順位変動[現在のSEOへの影響]

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

   
 
   

モバイルフレンドリーで大きな影響は出た?
4/21の新要素追加から早いもので1週間が経過しました。
リリース直前での案内では数日から1週間で概ねアップデートがなされるとのニュアンスでアナウンスされておりましたので、1週間経過の今日時点で影響を簡単にまとめたいと思っております。

更新の影響

他の小規模なアルゴリズムアップデートやテストの影響と判別の付かない順位差を除けば、弊社内にてスマホ検索順位との明確な差を実感出来たのは26日~27日にかけてでした。

24日頃から、スマホ対応していないサイト順位が僅かに下がるサンプルが複数発生。(PC検索順位と比較して下がる)
27日日中にはスマホ未対応サンプルの多くで順位差を確認。
順位差が生まれたサンプルは、ミドルキーワードクラスであれば2ページ目内での1~2位順位ダウン、スモールキーワードでは2ページ目以内で3~5位順位ダウンといった印象。
スモールキーワードでも順位が動かなかったサンプルも複数ありました。(本記事投稿時点)

順位差から見る新要素のウエイト

無風とまでは言いませんが、大変動とは程遠い印象です。
当ドメイン内にもスマホ未対応のページが複数あり、順位経過を見守りました。
スマホ未対応サイトのPC検索結果との比較で、

  • 順位がアップしたサンプルが確認出来ています。(最大順位2アップ)
  • 順位がダウンしたサンプルが確認出来ています。(最大順位9ダウン)
  • PC検索とは異なるページが検索結果に表示されるようになった。(スマホ検索ではスマホ対応ページが上位表示)

このような状況です。
※ここでの未対応サイトとは、モバイルフレンドリーテストで不合格を指します。

要素としてのウエイトを考えますと、影響が大きいキーワードでは月間で数十程度のトラフィックを失う場合があるでしょう。
(これは1ページ、1キーワードの影響についてです。)
影響の小さなキーワードでは、0~数件のトラフィック差程度だと感じています。

今後はスマホ対応にした際、順位が戻るかをチェック

公式のアナウンスではモバイルフレンドリーは対応か非対応かの判別であり、非対応サイトも対応することで順位が戻るとなっています。
しばらく順位が落ち着くのを待ち、順次モバイルフレンドリー化を行い、順位の推移を見守りたいと思っています。

順次当要素についてはこのブログ内でも続報をご報告出来ればと思っています。

 

関連記事

タイピングミスを放置すると順位が落ちる?

コンテンツ内に入力ミス(誤字脱字)があるとSEO視点で減点になるの?

ブログやサイトへコンテンツの追加を行う。作業内でタイピングミスが発生し、そのまま放置されてい

記事を読む

URLの正規化って何?

URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

今回のテーマは『URLの正規化』です。 運営開始から間もないサイトでも、運用歴の長いサイト

記事を読む

オーサーランクを上げるのが大事なの?

オーサーランクは気にするな!多過ぎる勘違い

Googleがオーサーシッププログラムを終了した現在において、オーサーランクにおける勘違いを

記事を読む

職種SEOコンサルタントって?

SEOコンサルタントとはどんな仕事?なるには要件や資格が必要?

SEOコンサルタントになろうか考えている方、SEOコンサルタントを雇うべきか考えている方のご参考

記事を読む

格安料金のSEOを使う前に知っておくべきこと

激安料金のSEOサービスにはリスクが伴う

激安価格のSEOサービスはなぜ超低価格で販売が出来るのか。 このカラクリをご紹介します。

記事を読む

良いSEO会社の選定方法

目的にあったSEO業者の選び方

社内で実施せず外部に委託しようとなった際、どのように業者選定をすると良いのでしょうか。 SEO

記事を読む

1ページで最適化するキーワード数は欲張るとダメ?

SEO対策をかけるキーワード数はページあたり何個まで?

あれもこれもと欲張りたくなるターゲットキーワード。 ここでは、1ページに対しいくつのキーワ

記事を読む

レスポンシブデザインはGoogle推奨なの?

レスポンシブデザインはSEOに有利?WordPress等のCMSでは?

この記事は、既に保有するサイトをレスポンシブ化しようか、または新規作成するサイトをレスポンシ

記事を読む

SEOを頑張るならCMS導入すべき?

SEOのご相談を頂いた際に、CMS導入を薦める訳

もしあなたのサイトは静的なhtmlで制作されており、CMS導入をすべきか悩んでいるならこの記

記事を読む

コンテンツSEOの意味は?

コンテンツSEOとは何か?言葉の意味(定義)や概要

パンダアップデート、ペンギンアップデート、ハミングバードによってブラックハットなSEOを行っ

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑