Googleガイドラインって何?Googleガイドラインを完結にまとめてみた

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, スパム

Googleのガイドラインとは?

この記事はGoogleのガイドラインに違反し、インデックス削除を含むペナルティを受けた人の役立つ内容を中心としています。
サイト管理者で日頃からスパムリスクの排除を心掛けている方々にも是非この機会に確認して頂きたい内容です。

Googleからこんなメッセージが

※ウェブマスターツールを活用している前提でこの記事は書かれています。
次のようなメッセージを受け取った方、つまり既にガイドライン違反をおかし、困っているケースを想定しています。

このサイトは、Google のウェブマスター向けガイドラインに違反している可能性があるため、Google 検索に表示されない可能性があります。
悪質なスパム
このサイトのページは、自動的に意味不明な内容を生成したり、クローキングや他のウェブサイトからコンテンツを無断でコピーするといった悪質なスパム テクニックを使用したりしているか、その他の Google のウェブマスター向けガイドラインに大きく違反しているようです。

これはガイドライン違反へ対する代表的なメッセージです。
この違反箇所を取り除き、再審査をリクエストする必要があります。

Googleガイドラインをまとめてみました

どうしても長文となりがちなGoogleガイドラインの詳細。ここでは多少の語弊を恐れず、兎に角簡易に分かりやすくまとめてみたいと思います。

小規模ECサイト特有のペナルティ

サイト管理者に悪意はないにも関わらず、ペナルティ判定を受けサイトがインデックス削除となってしまうケースがあります。
弊社でもペナルティ解除のご相談を頂き、解除作業を請け負うことが御座いますが特に小規模ECにおけるペナルティには特有のものがあると感じます。
共通点をいくつか挙げてみます。

独自ドメインサイト

まずはじめに、モールではなく独自ドメインでの運営サイトであることが特徴です。

取り扱い商品が型番系商材

パソコンや電化製品、有名ブランドのスニーカー等で競合が多いジャンルに集中します。

掲載商品数が数十から百点ほど

サイト立ち上げから間もなく、商品点数も追加を繰り返している段階でのペナルティが多いと感じます。

この問題の解決策

小規模ECサイト特有のペナルティ解除は大きく分け3つの作業が必要です。

・1つ目は、商品詳細ページにオリジナルコンテンツを追加することです。
公式サイトからスペック表をコピペしたページではないですか?よりユーザーにとって価値ある情報を追記する必要があるでしょう。

・2つ目は、送料や決済に関するページを分かりやすくすることです。
どこの運送業者を使っており、エリア別の送料表も大切です。利用できる決済サービスのロゴ表示も大切です。
しかしありふれた情報のみの掲載で終わらず、ユーザーの不安や懸案事項が発生した場合のショップ対応を追記するといいでしょう。
より具体的な問題発生時の対応詳細はユーザーに安心感を与えるだけでなく、コンテンツとしても評価されます。

・3つ目は一覧ページの扱いを確認することです。
もし、カテゴリ一覧ページをindex、followとしている場合、注意が必要です。商品詳細ページにも記載のある商品名と価格の列挙は、無価値なコンテンツページです。魅力的な一覧ページとなるよう構成から改めるべきです。
最近のCMSやASPを利用であれば無いとは思いますが、ソート時のページもGoogle botがクロール、インデックスしていないか確認すると良いでしょう。

補足:Google該当ページ

ウェブマスター向けガイドライン

スポンサーリンク

関連記事

サイトの表示スピードを早くしたい!

サイトの表示スピードを上げるぞ!CSS・js圧縮、画像最適化でどの位早くなるかな?

ブラウザからサイトを閲覧する際には、CSS(カスケーディング・スタイル・シート)やjs(ジャバス

記事を読む

発リンクは多いとダメ?

【SEO要素】発リンクは多すぎるとペナルティーを受けるのか

2009年頃までは発リンクはページあたり100本までと言われていました。というのも、Goog

記事を読む

検索エンジンのユーザーシェアはどこが多い?

検索エンジンシェアをアンケートとって調べてみた

先日検索エンジンの利用調査アンケートを実施しました。 簡単に言えば「どこの検索エンジンを使

記事を読む

失敗したSEO例

過去に失敗したSEO施策を7例あげます

弘法にも筆の誤りと言いますが、私のようなひよっこであれば、それはもう多くの失敗をする訳です。

記事を読む

内部リンクの最適化方法は?

内部リンクを最適化しよう(実務者用ハイレベル)

今回は前回の2014/09/26のパンダアップデートについて(Googleアップデート)の最

記事を読む

格安料金のSEOを使う前に知っておくべきこと

激安料金のSEOサービスにはリスクが伴う

激安価格のSEOサービスはなぜ超低価格で販売が出来るのか。 このカラクリをご紹介します。

記事を読む

メタディスクリプションのSEO効果って?

SEO目的のmeta description(メタ ディスクリプション)はやめにしないか?

この記事は、meta descriptionタグのSEO効果とアクセスアップについて記述して

記事を読む

ping送信でSEO効果はあるの?

【SEO効果】日に数回更新するブログにping送信は必要か?

あなたの運営されているブログは日に0回~5回/日程度の更新頻度ですか? であれば、ping

記事を読む

レスポンシブデザインはGoogle推奨なの?

レスポンシブデザインはSEOに有利?WordPress等のCMSでは?

この記事は、既に保有するサイトをレスポンシブ化しようか、または新規作成するサイトをレスポンシ

記事を読む

職種SEOコンサルタントって?

SEOコンサルタントとはどんな仕事?なるには要件や資格が必要?

SEOコンサルタントになろうか考えている方、SEOコンサルタントを雇うべきか考えている方のご参考

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑