SEOに効く404エラーページを作成しよう!WordPress設定の仕方も

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, WordPress

   
 
   

404ページ設定は必要ですか?

古いページを削除したため404エラーが発生している場合や、誰かが張ってくれたリンクのパスが誤っておりエラーを返している場合などなど404エラー(Not Found)が発生する理由は様々です。
そもそも404エラーページがないとユーザビリティー目線でどうなの?といったお話ではありますが、SEO視点でも整備が望まれます。今日はこの辺りのお話を。

当然このブログは整備されてるんだろうな?

ビクッ!!?

お、おう。そりゃ当然ですよ。
・・・・・(カタカタカタ カタターーン)
どうぞ。
意図的に存在しないURLをどうぞ。404ページ

ここでは、カテゴリリストを返しています。
このブログではこのページが特別重要といったこともないため、探していたであろうページを再度探してもらう上で、カテゴリリストを提示しています。

一応ソースの例を

このブログはWordPressのため、カテゴリリストを吐き出すだけです。
テンプレートファイルを作成して追加しましょう。適当なファイルを作って404.phpとファイル名にし、アップします。
もっと優しい説明
404.phpというファイルを作成しましょう。
難しいでしょうから、404.phpファイルを作っておきました。
ダウンロードし、解凍して下さい。
このファイルを、functions.php等と同一の階層にアップします。
ffftpなり、filezillaなりでサーバーでアクセスすると、
/あなたのドメイン/public_html/wp-content/themes/あなたのテーマ名/
この階層に入れます。テーマフォルダの中にfunctions.phpやsingle.phpが見つかりましたか?同じ階層に先の404.phpも並べましょう。
※サーバーのパスはサーバーにより若干異なります。

ここまで丁寧な説明をしたので好感度もアップしたところで、実際のソース例がこちら。

見出しなり、サイドバーの呼び出しなりは個々に修正して下さい。

SEO視点での効果

404エラーページの整備は、SEO効果があります。
と言うのも、多くの場合でリンクを辿ってきたが該当ページがなかった為の404が大半です。
つまり、ページを削除した為にリンク効果を失うこととなります。

そこで、404ページを整備することでリンク効果を再度存在するページヘ渡し直すことが出来るわけです。
これは非常に大きな差ですから、やらない手はない!

リダイレクトではダメなの?

404エラーはサイトのTOPにリダイレクトをかけているサイトをたまに見かけます。
決してダメだとまでは言いませんが、次の点を考慮すべきです。

  • ユーザーに該当ページはなくなっていることを伝えるべき
  • リダイレクトの多用はサーバー負荷、ページ表示速度、スパムとの誤認を生み望ましくない

このことから、私は404エラーページを整備すべきだと考えています。
極端に多くのアクセスがあるページを削除する場合においては、慎重であるべきでかつ、ファイル削除ではなくページを残し情報を削除した旨をアナウンスするのも1つだと思います。
リンク元ページのマークアップミスが原因であれば、リンクページの管理者へ連絡するか、誤ったリンクを301リダイレクトにて正常なページヘ移すことが望ましいです。

404エラーの監視

503エラーの頻発はサイトの信頼性を失う行為だと考えています。
404エラーについては、サイト順位への影響はなしと公式に発表されていますが、(404に関するページで言及されています。)被リンク効果やトラフィックの観点で言えば、マイナスであることは確実です。
このことから、エラー発生理由やエラー発生回数などを把握できていない状態は望ましくない(SEO上)と言えます。

まずはウェブマスターツール上での404の監視を、可能であればAnalyticsにて404や503のトラッキングを行うと良いでしょう。

 

関連記事

メタディスクリプションのSEO効果って?

SEO目的のmeta description(メタ ディスクリプション)はやめにしないか?

この記事は、meta descriptionタグのSEO効果とアクセスアップについて記述して

記事を読む

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

レスポンシブデザインはGoogle推奨なの?

レスポンシブデザインはSEOに有利?WordPress等のCMSでは?

この記事は、既に保有するサイトをレスポンシブ化しようか、または新規作成するサイトをレスポンシ

記事を読む

検索エンジンのユーザーシェアはどこが多い?

検索エンジンシェアをアンケートとって調べてみた

先日検索エンジンの利用調査アンケートを実施しました。 簡単に言えば「どこの検索エンジンを使

記事を読む

上位表示されない!困った!

サイトやブログが上位表示されない時、初めに確認すべき5つのこと

あなたのサイトやブログは上位表示していますか? サイト全体で狙っているキーワード、ページ単

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

9月26日のパンダアップデートで順位が下落した?

2014/09/26のパンダアップデートについて(Googleアップデート)

もう10月ではありますが、僅かながらアップデートの影響を感じる点や、今後のアップデートの方向

記事を読む

h1タグにキーワード入れるとSEO効果あるの?

h1タグのSEO効果。実験してみたらこうだったな話

タイトルタグの重要性は調査するまでもなく超重要ですが、見出しタグの効果はどうも実感できないと

記事を読む

改善方法【続編】

ページ表示速度の改善方法【続編】

前回(SEO効果あり!ページ表示速度の改善方法)に引き続き、ページの表示速度改善を実例を含め

記事を読む

alt属性の最適化でSEO効果は?

alt属性にSEO効果を期待するなかれ

alt属性について誤った理解をされているケースが散見されますが、alt属性は写真や画像が表示

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑