SEOに効く404エラーページを作成しよう!WordPress設定の仕方も

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, WordPress

   
 
   

404ページ設定は必要ですか?

古いページを削除したため404エラーが発生している場合や、誰かが張ってくれたリンクのパスが誤っておりエラーを返している場合などなど404エラー(Not Found)が発生する理由は様々です。
そもそも404エラーページがないとユーザビリティー目線でどうなの?といったお話ではありますが、SEO視点でも整備が望まれます。今日はこの辺りのお話を。

当然このブログは整備されてるんだろうな?

ビクッ!!?

お、おう。そりゃ当然ですよ。
・・・・・(カタカタカタ カタターーン)
どうぞ。
意図的に存在しないURLをどうぞ。404ページ

ここでは、カテゴリリストを返しています。
このブログではこのページが特別重要といったこともないため、探していたであろうページを再度探してもらう上で、カテゴリリストを提示しています。

一応ソースの例を

このブログはWordPressのため、カテゴリリストを吐き出すだけです。
テンプレートファイルを作成して追加しましょう。適当なファイルを作って404.phpとファイル名にし、アップします。
もっと優しい説明
404.phpというファイルを作成しましょう。
難しいでしょうから、404.phpファイルを作っておきました。
ダウンロードし、解凍して下さい。
このファイルを、functions.php等と同一の階層にアップします。
ffftpなり、filezillaなりでサーバーでアクセスすると、
/あなたのドメイン/public_html/wp-content/themes/あなたのテーマ名/
この階層に入れます。テーマフォルダの中にfunctions.phpやsingle.phpが見つかりましたか?同じ階層に先の404.phpも並べましょう。
※サーバーのパスはサーバーにより若干異なります。

ここまで丁寧な説明をしたので好感度もアップしたところで、実際のソース例がこちら。

見出しなり、サイドバーの呼び出しなりは個々に修正して下さい。

SEO視点での効果

404エラーページの整備は、SEO効果があります。
と言うのも、多くの場合でリンクを辿ってきたが該当ページがなかった為の404が大半です。
つまり、ページを削除した為にリンク効果を失うこととなります。

そこで、404ページを整備することでリンク効果を再度存在するページヘ渡し直すことが出来るわけです。
これは非常に大きな差ですから、やらない手はない!

リダイレクトではダメなの?

404エラーはサイトのTOPにリダイレクトをかけているサイトをたまに見かけます。
決してダメだとまでは言いませんが、次の点を考慮すべきです。

  • ユーザーに該当ページはなくなっていることを伝えるべき
  • リダイレクトの多用はサーバー負荷、ページ表示速度、スパムとの誤認を生み望ましくない

このことから、私は404エラーページを整備すべきだと考えています。
極端に多くのアクセスがあるページを削除する場合においては、慎重であるべきでかつ、ファイル削除ではなくページを残し情報を削除した旨をアナウンスするのも1つだと思います。
リンク元ページのマークアップミスが原因であれば、リンクページの管理者へ連絡するか、誤ったリンクを301リダイレクトにて正常なページヘ移すことが望ましいです。

404エラーの監視

503エラーの頻発はサイトの信頼性を失う行為だと考えています。
404エラーについては、サイト順位への影響はなしと公式に発表されていますが、(404に関するページで言及されています。)被リンク効果やトラフィックの観点で言えば、マイナスであることは確実です。
このことから、エラー発生理由やエラー発生回数などを把握できていない状態は望ましくない(SEO上)と言えます。

まずはウェブマスターツール上での404の監視を、可能であればAnalyticsにて404や503のトラッキングを行うと良いでしょう。

 

関連記事

URLの正規化って何?

URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

今回のテーマは『URLの正規化』です。 運営開始から間もないサイトでも、運用歴の長いサイト

記事を読む

地方都市の店舗ウェブ集客を成功させるには

【SEO対策】札幌・帯広出張で感じた地方のウェブ集客はエリア名SEOの捉え方が難しい

先週、札幌・帯広へお仕事で伺った際に夕方ビジネスホテルで書類整理や荷物整理をしながらテレビを

記事を読む

コンテンツSEOの意味は?

コンテンツSEOとは何か?言葉の意味(定義)や概要

パンダアップデート、ペンギンアップデート、ハミングバードによってブラックハットなSEOを行っ

記事を読む

2016年最新SEOトレンドは、この4つをおさえるべし

2016年も始まって2週間。やっと今年1記事目の高橋です。 今年もよろしくお願いします。

記事を読む

サイトの信頼性を高めるページを整備しよう

ウェブサイトの信頼性向上を達成させ、アクセスを増やす方法

Googleの順位決定要素には、ウェブサイトの信頼性やウェブサイト管理者の信頼性を評価する考

記事を読む

コンテンツ最適化シートってなに?

コンテンツ最適化シートとは?(COS:Content Optimization Sheet)

オウンドメディアを立ちあげたい場合、自社サービスサイトのトラフィックを増やしたい場合、コンテ

記事を読む

メタディスクリプションのSEO効果って?

SEO目的のmeta description(メタ ディスクリプション)はやめにしないか?

この記事は、meta descriptionタグのSEO効果とアクセスアップについて記述して

記事を読む

良いSEO会社の選定方法

目的にあったSEO業者の選び方

社内で実施せず外部に委託しようとなった際、どのように業者選定をすると良いのでしょうか。 SEO

記事を読む

相互リンク募集とかまだやってるの?

相互リンクを募集しているサイトと相互リンク?絶対ダメ!

もしあなたが、相互リンクを張り合ってくれるサイトを探しているなら、この記事を読んでから本当に

記事を読む

トップページが検索結果に出てこない場合の解決方法

トップダウンペナルティー(TDP)とトップページが上位表示しない場合の対処法

YSTのトップダウンペナルティー、Googleのトップダウンペナルティーで大慌てなサイト管理

記事を読む

 
 
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑