これが推奨ドメインだ!日本語ドメイン非推奨のわけ

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO

日本語ドメインはSEO効果あるの?

数千の種類があるドメイン。
ここでは、これから新規にドメインを取得しサイトを立ち上げようとする方に有益な情報しぼって掲載していきましょう。

gTLD、ccTLD、sTLD、日本語ドメインの説明を少し

簡単に言えばドメインには

  • こんなサイトジャンルに最適!なドメイン
  • この国のサイトに最適!なドメイン

と2種類あります。
さらに日本であれば英数字ではなく日本語での利用が可能な『日本語ドメイン』という特殊なものがあります。

どのドメインを選ぶと良いの?

ここからは日本国内で商売をする前提で書いていますため、異なる方は一部置き換えてご確認下さい。

まず結論ですが、
法人ならば『.co.jp』
個人事業主ならば『.jp』

※日本だからjpです。海外で事業をされる場合や海外を拠点とする場合、海外の方に見てもらうサイトの場合にはこの限りではありません。

なぜjpドメインを選ぶのか

簡単な理由で、Googleはそのサイトが属する国を判断する際に
・言語
・サーバーのIPから見た地理
・ドメイン(国別トップレベルドメインの場合)
をチェックしています。

日本人を対象にした日本語サイトであれば
・言語は日本語
・サーバーは日本国内に設置
となります。さらに
・ドメインは.jp
であると尚良い為です。

特に『.co.jp』や『.ne.jp』は法人格をもつ国内企業が一つだけ保有できるとなっていますから、企業の存在証明効果がありサイト利用者にすると企業認証SSLと似通った効果を得られると考えられます。

.comや.netはだめ?.jpn.comは?

comやnetの利用を否定しません。
何よりこのブログも.netドメインで運用しています。

前述の通り、国別ドメインを用いるプラスαがjpにはありますから、netやcomがベストにはなりません。

ただ、年間のドメイン費を含めて考えた場合については費用に対する考え方が企業により異なりますし、弊社等WEBビジネスを行う企業の場合、相当数のドメインを保有しているため1個の価格差は2000円や3000円であっても1000個や2000個といったまとまった数になった場合を考慮し安価なドメインを選択する場合もあろうかと思います。

ただし、.jp.netと.jpn.comはおすすめしません。
悪意のあるサイトに多用されている為か、一部ブラウザやSNSでフィルターにかかる場合があるようです。
ドメイン選択にリスクをとることは不要ですから、上記2種は排除すべきです。

また、新設されたgTLD(ここでは新gTLDと呼んでいます。)については新gTLDのドメインレジストリが事業継続を断念した場合を考慮する必要があります。
.comには.comを管理するレジストリという団体があります。
.clothingにも.clothing管理するレジストリがあります。

当然、人気となったドメインと人気の出なかったドメインとに分かれます。
人気が出ることでポピュラーなドメインとなればより一層普及します。

その時、人気の出なかったドメイン管理団体は・・・。

こういった僅かなリスクをどう見るか、もしくは無駄なリスクを取りたくないと考えるかといったお話。

日本語.jpはどう?

現状のアルゴリズムでは、日本語ドメインによるドメイン名一致によるSEO効果は極端に低いと言えます。
かなり意図的な抑制がなされていると言えるでしょう。

過去にあった日本語ドメインを用いたSEO手法が再度注目されることはまずないでしょう。
日本語ドメインを用いた手法で超ビックキーワードでも大量上位表示が可能だった奇跡の1週間が再度訪れることはないでしょう。
(Yahoo!のバグで日本語ドメインが簡単に1位表示してしまう嘘のような本当の話が過去に起きました。)

何よりも現在のリンクを受ける際のアンカーテキストに対するアルゴリズムを見ていて、日本語ドメインの場合でアンカーテキストがドメイン名となる場合に非常に高いリスクを感じます。
何を言ってるんだ?って文章ですねw 次に例示します。
href=”http://日本語.jp”>日本語.jp</a
このようなリンクを大量に受けた場合、スパム判定を受けるでしょうから、英数字ドメインに比べて自然にスパム判定されやすいと言えます。

こういった理由から、今後は日本語ドメインを選択する理由は少なくなるでしょう。
何よりも日本語ドメインだと長いですし。SEO効果の高いURLの決め方。日本語?英語?数字?長さは?で長さについては言及しています。よろしければご参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連記事

SEOエンジニアの業務とは?

SEOエンジニア・SEOスペシャリストとは?仕事内容は?

つい先日もSEOエンジニアという職種について質問を受けました。 やはり、WEBデザイナーや

記事を読む

サイトを多言語化する際の注意点

多言語化は気をつけないとコンテンツスパム?翻訳記事の扱いについて

2020年開催の東京オリンピックを控え、日本を訪れる観光客向けのサイト準備も重要度が増してき

記事を読む

コンテンツ設計には、検索意図と本質的な希望の把握が大切

コンテンツ設計におけるサーチインテント(検索意図)と本質的な希望の違い

最近では、ウェブサイトの構築・メディアサイトの構築時に、各キーワードの検索数や難易度、ページ単位

記事を読む

SEO会社を比較する時のポイント

SEO対策会社を比較する際に知っておくべき3つの視点

あなたがこれから、SEOを外注しようと考えているなら次の3つのことを知っておくと良いでしょう

記事を読む

9月26日のパンダアップデートで順位が下落した?

2014/09/26のパンダアップデートについて(Googleアップデート)

もう10月ではありますが、僅かながらアップデートの影響を感じる点や、今後のアップデートの方向

記事を読む

SEOの戦略を事前にねるべき?

戦略的SEOを取り入れないリスク

2011年頃までのSEO依頼の大半は、「このサイトの順位を1ページ目にして」といったものでし

記事を読む

ブログの更新頻度が高いとSEO上いい?

ブログの更新頻度を上げるとSEO対策効果も上がる?トップページの場合には?

あなたがブログを定期更新している場合にはきっと更新頻度で一度は悩んだことでしょう。 また、

記事を読む

2016年最新SEOトレンドは、この4つをおさえるべし

2016年も始まって2週間。やっと今年1記事目の高橋です。 今年もよろしくお願いします。

記事を読む

タイムスタンプのみ更新すれば、新鮮なサイトだと判定されるの?

SEO対策効果を高めるためにサテライトサイトのタイムスタンプを更新するべき?

今回のお話は『タイムスタンプ』です。 先日(といっても、1ヶ月近く経過してしまった)とあるアフ

記事を読む

職種SEOコンサルタントって?

SEOコンサルタントとはどんな仕事?なるには要件や資格が必要?

SEOコンサルタントになろうか考えている方、SEOコンサルタントを雇うべきか考えている方のご参考

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019年のSEO
2019年のSEO。私が頑張りたい4要素。

昨年(2018年)は書くのを忘れました。今年は書いておこうと

Googleの個人名「ナレッジパネルの認証を受ける」の申請方法・編集

Googleで個人名検索をした際に表示される「ナレッジパネル

検索意図ドリル
コンテンツマーケティング関連本「検索意図ドリル」書きました。

ドリルを書きました。 「は?ドリル?あの漢字とかの?」 こ

2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑