bタグとstrongタグの違いをSEO観点とhtml(html5)観点で分かりやすく

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 SEO, マークアップ, 内部SEO

bとstrongの違い

今回はbタグとstrongタグ、その関連タグについて扱います。今回登場するタグは

これらです。ウェブ担当者であれば何気なく使っているタグですが、検索エンジンはどのように認識しているのか、html5では取り扱いがどのように変わるのか(変わりそうなのか)を分かりやすくお伝えします。

それぞれのタグの意味

各タグの意味を、おさらいしましょう。html4.01では次のような意味合いです。

では、html5ではどう変わったか見てみましょう。

となります。
正直なところこれは正しい説明ですが、strongの使い方あたりはSEO担当者であれば違和感が残ると思います。
過去の昔よりbタグは太字にする装飾タグで、strongタグは重要な箇所を囲み太字にもなるタグと認識していたかと思います。
ですから、既に広く一般に理解されていた(検索エンジンも意識していた)通りにマークアップルールが追いついたといった印象です。

検索エンジンに重要性を伝えるにはどうすべき?

あなたのサイトの中心的な話題や重要度の高いポイントを検索エンジンに正しく伝える為のマークアップはどうあるべきでしょうか?
非常に簡単に表すことが出来ます。

通常のいずれのタグでも囲わない状態に対し、strongで囲うことで重要度をあげます。
さらにstrongタグを重ねて使うことで、より重要度を上げることが出来ます。
実際の使用例です。

この投稿記事は、SEO要素(strong)の中のタグ(strong strong)についてを扱っています。

教科書に書かれている内容と、実際に利用方法はどこかずれがあるように感じます。
実際には、次のような曖昧な相関図に乗っかるような気がします。
各タグの相関図

結論、上位表示させたいキーワードはどのタグで囲う?

だらだらと書いてきましたが、このサイトは、このページは『このキーワードで上位させたい』という思いがあるでしょう。
その際に、本文で登場するそのキーワードはどのタグで囲うべきでしょうか。

正解は、ありません。

現在のアルゴリズムでは、キーワードをstrongタグで囲うことで順位アップすることはありません。
しかし、strongタグやiタグは正しく使うことでページの内容やジャンルを誤りなく検索エンジンに伝えることが期待出来ます。
当ポストで言えば、htmlseo・タグ・強調といった単語を囲うことで、『B STRONG』はメジャーリーグのボストンを指す内容ではなく、htmlタグのbを扱っていると伝えることが出来ます。
また、一定程度の強調や太字タグが入っているページはユーザーも読みやすく、キーワードに対してではなく、ページに対して加点が期待できるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

背景色と文字色の推奨される明度差は?

SEOスパム?守るべき背景色と文字色の明度差

先日、googleガイドラインって何?Googleガイドラインを完結にまとめてみたにおいて、

記事を読む

画像を軽くしてページの表示を早くしよう

画像を最適化して軽くしよう!サイト表示速度改善策

梅雨の季節、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 天気が悪いと室内でネットな時間が増えるのも自

記事を読む

SEOの要因に直帰率は含まれるの?

SEOとの関係性。直帰率が高い、離脱率が高いと順位は落ちる?

この記事では、一般的なWEBサイトやLPへオーガニック経由でアクセスがあった場合の直帰率や離

記事を読む

地方都市の店舗ウェブ集客を成功させるには

【SEO対策】札幌・帯広出張で感じた地方のウェブ集客はエリア名SEOの捉え方が難しい

先週、札幌・帯広へお仕事で伺った際に夕方ビジネスホテルで書類整理や荷物整理をしながらテレビを

記事を読む

URLの正規化って何?

URLの正規化はSEOの基本(wwwありなし・index.htmlありなしの統一)

今回のテーマは『URLの正規化』です。 運営開始から間もないサイトでも、運用歴の長いサイト

記事を読む

SSLメールフォームにすると順位は上がる?

SSL導入でSEO効果アップ?順位アップ!?

今回は、はじめにメールフォームや決済情報入力ページをSSL化するとSEO効果があるのかについ

記事を読む

フッターからの内部リンクはSEO対策になるの?

フッターからのテキストリンクはSEO効果がある?

多くのサイト管理者さんも4月末からスマホ対応やサイト表示速度への関心が強く、他の要素への興味

記事を読む

フラッシュサイトは検索結果から外される?

フラッシュ利用サイトは順位が落ちる?スマホ検索で【Flashを使用。お使いの端末で動作しない場合があります。】

今回のテーマは『フラッシュ(Flash)』です。 リッチなコンテンツを用意する上で重要

記事を読む

スマホページ作ったらcanonicalタグを忘れずに

SEOの基礎!canonical(カノニカルタグ)を正しく使おう

4/21に向けてスマホ対応に忙しいサイトオーナーの皆さん。 もしもレスポンシブデザインでの再構

記事を読む

相互リンクはペナルティーを受ける?

相互リンクをSEO効果目的でするとペナルティーを受けるのか?2015年現在

サイトを立ち上げて間もない頃、少しでも効果があればと相互リンク獲得に躍起になるサイトオーナー

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2017年のSEOトレンド
2017年のSEOトレンド予測と重点対策ポイント

2017年に注力すべきSEO領域、新たにキャッチアップすべきSEO

SEOとキーワード数
SEOとキーワード数(メタタグ・タイトル・1ページ内)の正しい設計

この記事は、ご自身でサイト上位表示に取り組む方向けの内容です。

SEMって何?
SEMとは?SEOとの違い

ネット界隈はカタカナや3文字略称が頻繁に出てきます。 ここでは、

キーワードプランナーに仕様変更?
キーワードプランナーの不具合?稼働キャンペーンのないアカウントで検索数が正常に取得できない

今月の上旬に、キーワードプランナーに少し変更があったようです。

WordPressの一覧ページSEO
WordPressサイトの一覧ページ(アーカイブページ)のSEOについて(noindexの扱いなど)

今回はWordPressのお話です。 オウンドメディア、コンテン

→もっと見る

PAGE TOP ↑